研究者
J-GLOBAL ID:201101003780231675   更新日: 2019年12月24日

星野 仏方

ホシノ ブホウ | Buho Hoshino
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • al-Farabi Kazakh National University  客員教授
ホームページURL (2件): http://souran.rakuno.ac.jp/profile/ja.c1bee8b021263bed5dff28b94f0bdb1e.htmlhttp://rgufd.rakuno.ac.jp/profile/ja.7B5YWKaL1en6xuWwT2eh4g==.html
研究分野 (4件): 生物資源保全学 ,  地理学 ,  自然共生システム ,  地域研究
研究キーワード (35件): チベット高原 ,  生息地モデル ,  野生動物の保護管理 ,  モンゴルハタネズミ ,  地理的変異 ,  大型哺乳類 ,  青海・チベット横段鉄道(青蔵鉄路) ,  季節移動 ,  野生動物 ,  衛星追跡 ,  ココシリ保護区 ,  チベット横断鉄道 ,  チベットカモシカ ,  チルー(Pantholops hodgsonii) ,  青海-チベット鉄道 ,  アルゴスシステム(Argos System) ,  チルー ,  ARGOS追跡 ,  哺乳類 ,  生息地の分断 ,  ARGOS衛星追跡 ,  乾燥地 ,  生態学 ,  植物 ,  国際情報交換 ,  環境分析 ,  クチジロジカ ,  アフリカ ,  資源保全 ,  リモートセンシング ,  土地利用・土地被覆 ,  変化の抽出 ,  砂漠化 ,  植林 ,  動物追跡
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2023 中国「一帯一路」(OBOR)プロジェクトの地域社会への影響のリスク評価
  • 2018 - 2021 農薬・肥料を長時間自動散布可能なドローンシステムの開発
  • 2015 - 2018 気候変動による急速な高山植生変化の検出とそのメカニズム解明のモデル構築・データ解析
  • 2014 - 2017 樹木年輪の幅・酸素・炭素および窒素安定同位対比を用いた生態系総合環境変動解析
  • 2014 - 2017 中央アジアにおける大型家畜利用の再評価ーラクダ牧畜の変遷を中心に
全件表示
論文 (87件):
  • Jun Noda,*, Sota Tomizawa, Buho Hoshino, Erdenebadrakh Munkhjargal, Kei Kawai, and Kenji Kai. Atmospheric dust as a possible survival factor for bioaerosols. EDP Sciences. 2019. 99. 01011. 5-9
  • Morine Kuribayashi, Keiichi Kawano, Yuta Demura, Kenji Baba, Yuki Sofue, Purevsuren Tsedendamba, Tamaki Matsumoto, Katsuro Hagiwara, Olaf Karthaus, Kenji Kai and Buho Hoshino**. Imaging of micro-organisms on topsoil particles collected from different landscape in the Gobi Desert. EDP Sciences. 2019. 99. 01011. 1-4
  • Tsedendamba, P.; Dulam, J.; Baba, K.; Hagiwara, K.; Noda, J.; Kawai, K.; Sumiya, G.; McCarthy, C.; Kai, K.; Hoshino, B. Northeast Asian Dust Transport: A Case Study of a Dust Storm Event from 28 March to 2 April 2012. Atmosphere. 2019. 10. 69. 1-16
  • Wenjing Xu, Qiongyu Huang, Jared Stabach, Hoshino Buho, Peter Leimgruber. Railway underpass location affects migration distance in Tibetan antelope (Pantholops hodgsonii). Plos One. 2019. 14. 2. 1-13
  • Buho HOSHINO*, Yuki SOFUE, Yuta DEMURA, Tsedendamba PUREVSUREN, Morine KURIBAYASHI, Kenji BABA, Enkhtuvshin ZOLJARGAL, Katsuro HAGIWARA, Jun NODA, Keiichi KAWANO, Olaf KARTHAUS, Kenji KAI. Detection of dry lake beds formation and estimate of environmental regime shift in semi-arid region. Journal of Arid Land Studies. 2018. 28. S. 109-113
もっと見る
書籍 (17件):
  • Estimating soil moisture in the arid and semi-arid region using Terra/ASTER data
    ERECON 2004
  • 『森林の科学』
    朝倉書店 2005
  • 『自然環境解析のためのリモートセンシング・GISハンドブック』
    古今書院 2007
  • 「沙漠の事典」
    丸善株式会社 2008
  • Advances in Geoscience and Remote Sensing
    In-Tech Press 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • モンゴル高原の環境問題を考える
    (日本モンゴル学会, 2008)
  • 三千年の遊牧生業(なりわい)を支えるモンゴルの大草原
    (江別市 2012)
  • Workshop on Afro-Eurasian Dry Lands Civilizations
    (アメリカインディアナ大学 2012)
  • Sudan Remote Sensing Authority (RSA),
    (スーダン国立リモートセンシング局(センター)での招待講演, 2013)
  • モンゴル草原における遊牧から定住への社会変遷と日本への影響
    (共生社会システム学会, 招待講演 2014)
もっと見る
Works (6件):
  • 歌詞:いにしえの 雫 しずく
    星野 仏方 1990 - 2017
  • 歌詞 蒼狼大地(蒼き狼の大地)
    星野 仏方(布和傲斯尔) 1990 - 2006
  • 歌詞:路 (草原の道)
    星野 仏方(布和) 1997 - 2015
  • Remote Sensing An Introductory Textbook
    星野 仏方 2011 - 2013
  • シリーズ:地球は乾いている(全24回)-酪農ジャーナル
    星野 仏方 2011 - 2012
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1982 - 1985 (BSc) Inner Mongolia Normal University The School of Geography Department of Geography
  • 1987 - 1990 (MSc) Northeast Normal University The School of Geography Graduate School of Geography
  • 1992 - 1995 (Ph. D) Chinese Academy of Sciences The Institute of Geographic Sciences and Natural Resources Research (IGSNRR) State Key Laboratory of Resources and Environmental Information System
学位 (1件):
  • 理学博士 (中国科学院(Chinese Academy of Science))
経歴 (10件):
  • 1990/09 - 1992/07 東北師範大学 講師
  • 1992/09 - 1995/07 中国科学院・地理科学と資源研究所 博士後期課程
  • 1996/03 - 1997/03 香港市立大学 シニアーアシスタント(Senior Assistant)
  • 1998/04 - 1999/03 北海道大学 学振特別研究員(博士研究員)
  • 1995/09 - 2001/07 中国科学院リモートセンシング応用研究所 助教授
全件表示
受賞 (9件):
  • 2018/10 - モンゴル国環境・観光省 モンゴル環境大臣賞(ベストサイエンスティスト賞) モンゴル高原の環境問題の研究
  • 2018/05 - 日本リモートセンシング学会 感謝状 学会の発展への貢献
  • 2012/05 - 日本沙漠学会 ベストポスター賞 家畜行動解析によるモンゴル高原の持続可能な利用方法について
  • 2010/05 - 日本沙漠学会 ベストポスター賞 内モンゴルにおける放牧強度による植生変化について
  • 2004/07 - サイエンスデレックトトップ25ホット論文
全件表示
所属学会 (8件):
American Association for the Advancement of Science; AAAS ,  共生社会システム学会 ,  国際生物地理学会IBS ,  アメリカ宇宙学会(COSPAR) ,  IEEE IGARSS ,  日本沙漠学会 ,  日本生態学会 ,  日本リモートセンシング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る