研究者
J-GLOBAL ID:201101057864320137   更新日: 2020年09月01日

中村 さやか

ナカムラ サヤカ | Nakamura Sayaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究キーワード (6件): やせ ,  子供の健康 ,  所得と健康 ,  主観確率 ,  バーゲニング ,  家族の経済学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2023 高校生男女の大学学部選択要因の実証分析:将来的な女性活躍推進への提言に向けて
  • 2016 - 2020 子供のいる世帯への社会保障政策の効果検証-効率性と公平性の観点から-
  • 2015 - 2018 女性活躍の効果的推進と条件整備
  • 2013 - 2016 「痩せすぎ」についての経済学的視点からの実証分析
  • 2008 - 2010 主観的リスク認識の健康行動への影響ならびに主観確率の形成要因についての研究
論文 (11件):
  • Shiko Maruyama, Sayaka Nakamura. Why are women slimmer than men in developed countries?. Economics and Human Biology. 2018. 30. 1-13
  • 中村さやか, 丸山士行. 日本の高齢者と子供の同居についての横断面分析. 経済科学. 2017. 65. 1. 13-28
  • Sayaka Nakamura. Determinants of contraceptive choice among Japanese women: ten years after the pill approval. REVIEW OF ECONOMICS OF THE HOUSEHOLD. 2016. 14. 3. 553-575
  • Shiko Maruyama, Sayaka Nakamura. The decline in BMI among Japanese women after World War II. ECONOMICS & HUMAN BIOLOGY. 2015. 18. 125-138
  • Meliyanni Johar, Shiko Maruyama, Sayaka Nakamura. Reciprocity in the Formation of Intergenerational Coresidence. JOURNAL OF FAMILY AND ECONOMIC ISSUES. 2015. 36. 2. 192-209
もっと見る
MISC (11件):
  • Shiko Maruyama, Sayaka Nakamura. Why Are Women Slimmer Than Men in Developed Countries?. Economics & Human Biology. 2018. 30. 1-13
  • 中村さやか, 丸山士行. 日本の高齢者と子供の同居についての横断面分析. 経済科学. 2017. 65. 1. 13-28
  • Sayaka Nakamura. Determinants of Contraceptive Choice among Japanese Women: Ten Years after the Pill Approval. Review of Economics of the Household. 2016. 14. 3. 553-575,
  • Shiko Maruyama, Sayaka Nakamura. The decline in BMI among Japanese women after World War II. ECONOMICS & HUMAN BIOLOGY. 2015. 18. 125-138
  • Meliyanni Johar, Shiko Maruyama, Sayaka Nakamura. Reciprocity in the Formation of Intergenerational Coresidence. JOURNAL OF FAMILY AND ECONOMIC ISSUES. 2015. 36. 2. 192-209
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • 経済発展とBMIの男女差: なぜ途上国では女性、先進国では男性の方が太っているのか?
    (日本応用経済学会秋季大会 特別講演「健康経済学の実証研究」 2018)
  • The Effect of School Lunch on Early Teenagers' Body Weight
    (The 39th Annual Australian Health Economics Society Conference 2017)
  • Difference-in-Differences Studies in Health Economics: Possibilities and Pitfalls
    (The 21st World Congress of Epidemiology 2017)
  • The Effect of School Lunch on Early Teenagers' Body Weight
    (International Health Economics Association World Congress 2017)
  • The Effect of School Lunch on Early Teenagers' Body Weight
    (8th Japan-Taiwan-Korea Health Economics Associations Joint Conference, 2016)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2006 ノースウェスタン大学 経済学
  • 2000 - 2003 東京大学 企業・市場
  • 1998 - 2000 東京大学 現代経済
  • 1994 - 1998 国際基督教大学 社会科学科経済学専攻
学位 (3件):
  • 教養学士 (国際基督教大学)
  • 経済学修士 (東京大学)
  • Ph.D. (Economics) (ノースウェスタン大学 (Northwestern University))
経歴 (3件):
  • 2011/04/01 - 現在 名古屋大学 大学院経済学研究科 社会経済システム専攻 社会環境システム 准教授
  • 2008/04/01 - 2011/03/31 横浜市立大学大学院国際マネジメント研究科准教授
  • 2006/07/01 - 2008/03/31 ライス大学ベイカー公共政策研究所 シド・リチャードソン医療経済学研究員
委員歴 (13件):
  • 2017/10/02 - 現在 日本学術会議 連携委員
  • 2017 - 現在 Asian Workshop on Econometrics and Health Economics Local organizer
  • 2017 - 現在 International Exchange Committee, Japan Health Economics Association Member
  • 2017 - 現在 Asian Workshop on Econometrics and Health Economics Local organizer
  • 2017 - 現在 医療経済学会 国際交流委員会 委員
全件表示
所属学会 (5件):
American Economic Association ,  American Society of Health Economists ,  International Health Economics Association ,  医療経済学会 ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る