研究者
J-GLOBAL ID:201101092107920305   更新日: 2020年07月13日

小野 大輔

オノ ダイスケ | Ono Daisuke
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (5件): 動物生理化学、生理学、行動学 ,  医療薬学 ,  生理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (17件): 発達 ,  視床下部 ,  睡眠 ,  ニューロン ,  脳 ,  包括脳ネットワーク ,  イメージング ,  同期現象 ,  生物発光 ,  視交叉上核 ,  概日リズム ,  神経科学 ,  生理学 ,  環境適応 ,  動物行動 ,  光操作 ,  神経回路
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2020 概日リズムの時刻情報変換に関わる神経回路動作原理の理解
  • 2014 - 2016 中枢時計のin vivo計測による概日リズムのシステム的理解
  • 2012 - 2013 概日リズムの生後発達に関わる分子の探索
論文 (8件):
  • Kolarski D, Sugiyama A, Breton G, Rakers C, Ono D, Schulte A, Tama F, Itami K, Szymanski W, Hirota T, Feringa BL. Controlling the Circadian Clock with High Temporal Resolution through Photodosing. Journal of the American Chemical Society. 2019
  • Schmal C, Ono D, Myung J, Pett JP, Honma S, Honma KI, Herzel H, Tokuda IT. Weak coupling between intracellular feedback loops explains dissociation of clock gene dynamics. PLoS computational biology. 2019. 15. 9. e1007330
  • Izawa S, Chowdhury S, Miyazaki T, Mukai Y, Ono D, Inoue R, Ohmura Y, Mizoguchi H, Kimura K, Yoshioka M, Terao A, Kilduff TS, Yamanaka A. REM sleep-active MCH neurons are involved in forgetting hippocampus-dependent memories. Science (New York, N.Y.). 2019. 365. 6459. 1308-1313
  • Lee JW, Hirota T, Ono D, Honma S, Honma KI, Park K, Kay SA. Chemical Control of Mammalian Circadian Behavior through Dual Inhibition of Casein Kinase Iα and δ. Journal of medicinal chemistry. 2019
  • Ono D, Honma KI, Yanagawa Y, Yamanaka A, Honma S. GABA in the suprachiasmatic nucleus refines circadian output rhythms in mice. Communications biology. 2019. 2. 232
もっと見る
MISC (2件):
  • Oscillator networks in the suprachiasmatic nucleus: analysis of circadian parameters using time-laps images. Biological Clocks - 30th Anniversary of Sapporo Symposium on Biological Rhythm, (eds by Honma K and Honma S). 2016. 33-41
  • 今村聖路, 吉種光, 本間さと, 中島弘人, 西出真也, 小野大輔, 清田浩史, 本間研一, 深田吉孝. JNKによるBMAL1のリン酸化を介した概日時計発振速度の調節. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2011. 34th. 4P-0568 (WEB ONLY)
講演・口頭発表等 (27件):
  • Circadian regulation of sleep and wakefulness in mammals
    (2nd Japanese-Canadian Frontiers of Science (JCFoS) symposium 2020)
  • GABA in the suprachiasmatic nucleus refines circadian behavioral rhythms
    (V World Congress of Chronobiology 2019)
  • The brain mechanism of circadian clock.
    (3rd ITCN, Taipei 2019)
  • 概日時計が調節する睡眠覚醒の神経回路
    (第3回ルミノジェネティクス研究会 2018)
  • Postnatal development of cellular networks in the mammalian central circadian clock
    (IBRO APRC School 2018 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (北海道大学)
経歴 (7件):
  • 2016/10 - 現在 名古屋大学 環境医学研究所 神経系II 助教
  • 2016/04 - 2016/09 名古屋大学 環境医学研究所 神経系II 特任助教
  • 2013/04 - 2016/03 北海道大学大学院医学研究科 特任助教
  • 2012/04 - 2013/03 北海道大学大学院医学研究科・光バイオイメージング部門 博士研究員
  • 2008 - 2012 北海道大学大学院医学研究科 博士課程
全件表示
受賞 (7件):
  • 2020/04 - 文部科学省 若手科学者賞
  • 2016/11 - 第14回日本時間生物学会奨励賞
  • 2016/03 - 第17回日本生理学会奨励賞
  • 2015/03 - 第19回日本生理学会環境生理学グループ久野寧記念賞
  • 2014/03 - 北海道大学大学院医学研究科 優秀論文賞
全件表示
所属学会 (3件):
日本神経科学学会 ,  日本生理学会 ,  日本時間生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る