研究者
J-GLOBAL ID:201201063997782815   更新日: 2020年09月30日

山海 知子

サンカイ トモコ | Sankai Tomoko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2023 循環器疾患の発症に影響を及ぼすバイオマーカーの検討と生活習慣との関連
  • 2014 - 2017 出血性脳血管疾患の発症と予後への可溶性FasとIGF-1の影響に関する疫学的研究
論文 (85件):
  • Jiaqi Li, Isao Muraki, Hironori Imano, Renzhe Cui, Kazumasa Yamagishi, Mitsumasa Umesawa, Mina Hayama-Terada, Tetsuya Ohira, Masahiko Kiyama, Takeo Okada, et al. Serum uric acid and risk of stroke and its types: the Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS). Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension. 2020. 43. 4. 313-321
  • Satomi Ikeda, Ai Ikeda, Kazumasa Yamagishi, Miyuki Hori, Sachimi Kubo, Mizuki Sata, Chika Okada, Mitsumasa Umesawa, Tomoko Sankai, Akihiko Kitamura, et al. Longitudinal Trends in Blood Pressure Associated with the Frequency of Laughter: Longitudinal Study of Japanese General Population: the Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS). Journal of epidemiology. 2020
  • Kenji Ebihara, Kazumasa Yamagishi, Mitsumasa Umesawa, Isao Muraki, Renzhe Cui, Hironori Imano, Yasuhiko Kubota, Mina Hayama-Terada, Yuji Shimizu, Tetsuya Ohira, et al. Moderate Levels of N-Terminal Pro-B-Type Natriuretic Peptide is Associated with Increased Risks of Total and Ischemic Strokes among Japanese: The Circulatory Risk in Communities Study. Journal of atherosclerosis and thrombosis. 2020
  • Kazumasa Yamagishi, Isao Muraki, Yasuhiko Kubota, Mina Hayama-Terada, Hironori Imano, Renzhe Cui, Mitsumasa Umesawa, Yuji Shimizu, Tomoko Sankai, Takeo Okada, et al. The Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS): A Long-Term Epidemiological Study for Lifestyle-Related Disease Among Japanese Men and Women Living in Communities. Journal of epidemiology. 2019. 29. 3. 83-91
  • Chika Okada, Hironori Imano, Kazumasa Yamagishi, Renzhe Cui, Mitsumasa Umesawa, Koutatsu Maruyama, Isao Muraki, Mina Hayama-Terada, Yuji Shimizu, Tomoko Sankai, et al. Dietary Intake of Energy and Nutrients from Breakfast and Risk of Stroke in The Japanese Population: The Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS). Journal of atherosclerosis and thrombosis. 2019. 26. 2. 145-153
もっと見る
書籍 (1件):
  • 循環器疾患の変貌-日本人の栄養と生活環境との関連-, 茨城県協和町における循環器疾患対策
    保健同人社 1987
講演・口頭発表等 (14件):
  • Trends in population attributable fractions of major risk factors for cardiovascular disease in Japan, 1975 to 2014: The Circulatory Risk in Communities Study
    (The AHA Epidemiology and Prevention/Lifestyle and Cardiometabolic Health 2020 Scientific Sessions 2020)
  • 日本人女性における閉経が循環器疾患リスク因子に及ぼす影響
    (第30回日本疫学会学術総会 2020)
  • 地域住民における白血球数と循環器疾患発症リスクとの関連(CIRCS)
    (第78回日本公衆衛生学会総会 2019)
  • ビタミンE群の摂取と要介護認知症リスク:CIRCS研究
    (第55回日本循環器病予防学会学術総会 2019)
  • 豆類の摂取量と要介護認知症発症に関するコホート内症例対照研究:CIRCS研究
    (第55回日本循環器病予防学会学術総会 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 医学博士 (筑波大学)
  • Doctor of Medicine (University of Tsukuba)
経歴 (6件):
  • 2018/09 - 現在 筑波大学 医学医療系 教授
  • 2011/10/01 - 2018/08/31 筑波大学 医学医療系 保健医療学域 准教授
  • 2010/08/01 - 2011/09/30 筑波大学 大学院人間総合科学研究科看護科学専攻 准教授
  • 2000/07/01 - 2010/07/31 キヤノン株式会社 取手事業所 専属産業医
  • 1998/10/01 - 2000/06/30 財団法人長寿科学振興財団 リサーチレジデント
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2016/09 - 現在 日本公衆衛生学会 B職種代議員
  • 2013/04/01 - 2015/03/31 厚生労働省 たばこの健康影響専門委員会/委員
  • 1999 - 2008 JAPAN EPIDEMIOLOGICAL ASSOCIATION councilor
  • 1999 - 2008 日本疫学会 評議員
受賞 (5件):
  • 2019/02 - 茨城県 茨城県健康づくり保健医療福祉部長表彰 茨城県の健康づくり活動に貢献した
  • 2017/11 - 筑波大学医学医療系 筑波大学医学医療系優秀教員(社会貢献・学内運営) 社会貢献と学内委員会活動に貢献に対して
  • 2015/02 - 筑波大学 筑波大学FY2015 BEST FACULTY MEMBER SS教員(教育) 大学教育に著しく貢献した
  • 2014/12 - 筑波大学医学医療系 筑波大学医学医療系優秀教員(教育) 大学教育の貢献した
  • 2001/01 - 日本疫学会 日本疫学会 奨励賞
所属学会 (5件):
日本産業衛生学会 ,  日本衛生学会 ,  日本疫学会 ,  日本循環器病予防学会(旧:日本循環器管理研究協議会) ,  日本公衆衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る