研究者
J-GLOBAL ID:201201074094974345   更新日: 2019年11月04日

河田 明久

Kawata Akihisa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 美術史
研究キーワード (1件): 日本近代史,美術史
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 現在 日本近代における<イコノクラスム>-破壊をめぐる視覚表象研究
  • 2008 - 2011 「東洋美学・東洋的思惟」を問う:自己認識の危機と将来への課題
論文 (30件):
  • 収集から接収へ-占領期の戦争画. 没後50年 藤田嗣治展. 2018. 155
  • 鏑木清方の「良心」-昭和戦前期における. 鏑木清方の随筆『続こしかたの記』を読む その二. 2018. 20. 168-174
  • 作戦記録画をめぐる思惑のあれこれ. 戦争/美術 1940-1950 モダニズムの連鎖と変容. 2013
  • 阪急西宮球場の博覧会空間-支那事変聖戦博覧会(一九三八)からアメリカ博覧会(一九五〇)へ. 記憶の痕跡-WIJLC報告. 2011. 99-114
  • SKとTA-『従征日記』の挿絵画家. 近代画説. 2010. 19
もっと見る
書籍 (25件):
  • 教養の日本美術史
    ミネルヴァ書房 2019
  • 藤田嗣治 戦時下に書く 新聞雑誌寄稿集 1935~1956年
    ミネルヴァ書房 2018
  • いかに戦争は描かれたか
    BankART 1929 2017
  • 戦争美術の証言(上)(下)
    ゆまに書房 2017
  • 日本美術全集 18巻 戦争と美術
    小学館 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • 大正ボーイ・藤田嗣治は、昭和の戦争をどう描いたのか
    (シリーズ・レクチャー「美術と世の中、とか外」 2018)
  • 絵師・木村白山の片影
    (木村白山って、何者? 2018)
  • 戦争のイメージ-物語とフェティッシュ
    (AMSEA 社会を指向する芸術のためのアートマネジメント育成事業 2018)
  • 「日本人の身体」をもとめて 1968-1945
    (アジア・アートウィーク フォーラム 波紋-日本、マレーシア、インドネシア美術の20世紀 2016)
  • 藤田嗣治の戦争と美術
    (連続講演会「フジタへの視点」第3回 2016)
もっと見る
Works (14件):
  • 「ピーポーとは何か」を考える手がかりの5章
    2019 -
  • 書評:田中修二『近代日本彫刻史』
    2018 -
  • 新日本遺産(回答)
    2018 -
  • 書評:原田光『鳥海青児 絵を耕す』(せりか書房、2015年12月)
    2016 -
  • 「戦争画」の基礎知識
    2015 -
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1991 - 1994 早稲田大学 文学研究科 芸術学(美術史)専攻
経歴 (1件):
  • 2016/04/01 - 現在 千葉工業大学 教授
委員歴 (1件):
  • 2008 - 現在 明治美術学会 監事、機関誌編集委員
受賞 (1件):
  • 2003/06 - 早稲田大学 早稲田大学美術史学会賞
所属学会 (4件):
明治美術学会 ,  美術史学会 ,  美学会 ,  早稲田大学美術史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る