研究者
J-GLOBAL ID:201201080548258356   更新日: 2020年08月23日

西原 祥子

ニシハラ ショウコ | Nishihara Shoko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 創価大学  理工学部 糖鎖生命システム融合センター   教授
ホームページURL (1件): https://www.soka.ac.jp/faculty-profiles/shoko-nishihara/#anchor1
研究分野 (6件): 構造生物化学 ,  機能生物化学 ,  血液、腫瘍内科学 ,  分子生物学 ,  生命、健康、医療情報学 ,  発生生物学
研究キーワード (21件): 糖鎖生物学 ,  多能性幹細胞 ,  組織幹細胞 ,  神経分化 ,  プロテオグライカン ,  ショウジョウバエ ,  PAPS輸送体 ,  フコース転移酵素 ,  糖転移酵素 ,  糖鎖 ,  蛋白質 ,  ノックアウトマウス ,  RNAi ,  ゴルジ装置 ,  発生・分化 ,  硫酸化 ,  生理機能 ,  ES細胞 ,  ルイス抗原 ,  分子生物学 ,  分子遺伝学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2016 - 2017 成熟血球細胞の糖鎖関連分子が担う「造血幹細胞へのフィードバック制御」の探索と解明
  • 2016 - 2016 ES/iPS細胞のナイーブ状態を決める糖鎖と再生医療への応用 -糖鎖の網羅的探索と新規培養法の開発 -
  • 2015 - 2016 ヒトES/iPS細胞の維持と分化におけるプラズマ照射効果と分子生物学的基盤の形成
  • 2013 - 2014 ES/iPS細胞の分化におけるプラズマ照射効果とその分子生物学的機構の解明
  • 2012 - 2013 神経近位部特異的に局在する糖鎖の構造と軸索区画化における機能の解明
全件表示
論文 (120件):
  • Yuto Kikutani, Masatoshi Okamatsu, Shoko Nishihara, Sayaka Takase-Yoden, Takahiro Hiono, Robert P de Vries, Ryan McBride, Keita Matsuno, Hiroshi Kida, Yoshihiro Sakoda. E190V substitution of H6 hemagglutinin is one of key factors for binding to sulfated sialylated glycan receptor and infection to chickens. Microbiology and immunology. 2020. 64. 4. 304-312
  • 西原祥子. 幹細胞を制御する糖鎖. 生化学. 2020. 92. 94-106
  • Nishihara S. Functional analysis of glycosylation using Drosophila melanogaste. Glycoconj J. 2020. 37. 1-14
  • Miura T, Yuasa N, Ota H, Habu M, Kawano M, Nakayama F, Nishihara S. Highly sulfated hyaluronic acid maintains human induced pluripotent stem cells under feeder-free and bFGF-free conditions. Biochem Biophys Res Commun. 2019. 518. 3. 506-512
  • Shinchi H, Nakamura T, Ota H, Nishihara S, Wakao M, Suda Y. Cell profiling based on sugar-chain-cell binding interaction and its application to typing and quality verification of cells. Chembiochem. 2019. 20. 14. 810-1816
もっと見る
MISC (102件):
  • 菊谷祐斗, 岡松正敏, 西原祥子, 高瀬明, 松野啓太, 松野啓太, 迫田義博, 迫田義博. 鳥インフルエンザウイルスのα2,3硫酸化シアル酸糖鎖認識機構の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018. 161st. 355
  • Shoko Nishihara. Glycan structures regulate the states of pluripotent stem cells. GLYCOBIOLOGY. 2014. 24. 11. 1098-1098
  • 岡松正敏, 日尾野隆大, 五十嵐学, DE VRIES Robert, 西原祥子, 高瀬明, PAULSON James C, 迫田義博, 喜田宏. ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化および硫酸化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする. 日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集. 2014. 62nd. 154
  • 日尾野隆大, 岡松正敏, 五十嵐学, 西原祥子, 高瀬明, 迫田義博, 喜田宏. ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする. 日本糖質学会年会要旨集. 2014. 33rd. 62
  • Kazumi Hirano, Toin Kuppevelt, Shoko Nishihara. Fas signaling via 3-O-sulfated heparan sulfate is involved in a novel mechanism of the differentiation of mouse ES cells. GLYCOBIOLOGY. 2013. 23. 11. 1380-1380
もっと見る
特許 (2件):
  • 「分化制御剤及び自己再生制御剤」
  • 分化制御剤、分化抑制基材及び分化抑制方法並びにその使用
書籍 (21件):
  • Glycoscience: Basic Science to Applications -Insights from the Japan Consortium for Glycobiology and Glycotechnology
    Springer 2019 ISBN:9789811358555
  • 未来を創るグライコサイエンス-我が国のロードマップ-
    日本糖鎖コンソーシアム 2018
  • Molecular dissection of biological effects for mouse embryonic stem cells differentiation treated by low-temperature atmospheric-pressure plasma (APP).
    Academic Press 2018
  • ショウジョウバエが解き明かす、糖鎖による、発生とシグナル伝達の制御. 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック. 秋吉一成監修
    エヌ・ティー・エス 2015
  • Accelerated neural differentiation of human induced pluripotent stem cells using chlorate treatment. Stem cells and cancer stem cells-Therapeutic applications in disease and injury edited by Hayat M. A.
    Springer 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (159件):
  • bFGFおよびフィーダー細胞を必要としない高硫酸化ヒアルロン酸を用いたヒトiPS細胞の新規培養法の確立
    (第42回日本分子生物学会年会、福岡 2019)
  • Function of glycans in pluripotent stem cells.
    (1st International Symposium on Glycans', Zhuhai, China 2019)
  • Functional analyses of glycans in mammalian stem cells.
    (11th Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology Conference, Busan 2019)
  • 多能性幹細胞におけるヘパラン硫酸とO-GlcNAc修飾によるシグナル制御.
    (第92回日本生化学会大会、シンポジウム、横浜 2019)
  • ショウジョウバエ造血幹細胞における糖鎖機能の網羅的探索
    (第38回日本質学会年会、名古屋 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 東京大学大学院 化学専攻
  • 東京大学 化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2003/04 - 現在 創価大学 工学部 生命情報工学科 教授
  • 慶応義塾大学医学部薬化学研究所
  • 東京慈恵会医科大学微生物学講座第二
  • University of North Carolina at Chapel Hill, Department of Biochemistry and Biophysics
  • 三菱化成生命科学研究所分子生物学研究部細胞生物学研究室
全件表示
委員歴 (31件):
  • 2013/04 - 現在 日本生化学会 代議委員
  • 2013/03 - 現在 日本再生医療学会 理事
  • 2008/10 - 現在 日本学術会議 連携会員
  • 2007/08 - 現在 日本糖質学会 理事
  • 2019/04/01 - 2023/04/01 公益財団法人 水谷糖質科学振興財団 評議員
全件表示
所属学会 (13件):
The International Society for Stem Cell Research (ISSCR) ,  日本糖鎖科学コンソーシアム ,  Society of Glycobiology ,  American Society for Biochemistry and Molecular Biology ,  FCCA (FORUM: CARBOHYDRATES COMING OF AGE) ,  日本化学会 ,  日本癌学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本糖質学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  The Society for Glycobiology, The International Society for Stem Cell Research ,  The American Society for Biochemistry and Molecular Biology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る