研究者
J-GLOBAL ID:201301033651810791   更新日: 2020年09月01日

小浜 祥子

コハマ シヨウコ | KOHAMA Shoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://lex.juris.hokudai.ac.jp/~skohamahttp://www.juris.hokudai.ac.jp/~skohama
研究分野 (1件): 国際関係論
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2024 サーベイ実験による政治情報伝達現象の国際協働研究
  • 2018 - 2022 集団謝罪をめぐる挑戦的学際研究
  • 2018 - 2022 国際制度の衰微と再生の政治経済分析
  • 2017 - 2022 国際紛争の初期段階における言葉の力:相手国非難と自己正当化をめぐる内容分析と実験
  • 2016 - 2018 破壊と汚染の論理:非通常兵器の使用とレントシーキング
全件表示
論文 (9件):
  • Yohsuke Ohtsubo, Kazunori Inamasu, Shoko Kohama, Nobuhiro Mifune, Atsushi Tago. Resistance to the six elements of political apologies: Who opposes which elements?. Peace and Conflict: Journal of Peace Psychology. 2020
  • Shoko Kohama, Kazuto Ohtsuki, Yasutaka Tominaga. Bombing and Mining in War: Evidence from Cambodia. Journal of Global Security Studies. 2019. 5. 2. 319-338
  • Shoko Kohama. Territorial acquisition, commitment, and recurrent war. International Relations of the Asia-Pacific. 2019. 19. 2. 269-295
  • Nobuhiro Mifune, Kazunori Inamasu, Shoko Kohama, Yohsuke Ohtsubo, Atsushi Tago. Social dominance orientation as an obstacle to intergroup apology. PLOS ONE. 2019. 14. 1. e0211379
  • Shoko Kohama, Kazunori Inamasu, Atsushi Tago. To Denounce, or Not To Denounce: Survey Experiments on Diplomatic Quarrels. Political Communication. 2017. 34. 2. 243-260
もっと見る
MISC (1件):
  • 小浜祥子. Stephen Biddle, Military Power: Explaining Victory and Defeat in Modern Battle (Princeton UP, 2006). 国家学会雑誌. 2009. 122. 9-10. 241-244
書籍 (1件):
  • ポスト・オバマのアメリカ
    大学教育出版 2016 ISBN:9784864293983
学歴 (3件):
  • 2008 - 2014 ヴァージニア大学 博士(国際関係)
  • 2006 - 2008 東京大学 修士
  • 2002 - 2006 東京大学 学士
学位 (1件):
  • 博士(国際関係) (ヴァージニア大学)
経歴 (2件):
  • 2012/04 - 現在 北海道大学 公共政策学連携研究部 准教授
  • 2010/09 - 2012/03 北海道大学 法学部 准教授
所属学会 (3件):
American Political Science Association ,  アメリカ学会 ,  日本国際政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る