研究者
J-GLOBAL ID:201301054442830243   更新日: 2020年05月25日

石渡 明弘

Ishiwata Akihiro
研究分野 (2件): 生体化学 ,  生物分子化学
研究キーワード (5件): 希少糖合成 ,  多糖合成 ,  複合糖質 ,  立体選択的グリコシル化反応 ,  細菌糖鎖
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2014 - 2017 結核菌類骨格成分複合糖質の合成研究
  • 2010 - 2012 多分岐複合糖質糖鎖化学合成へのアプローチ
  • 2006 - 2007 細菌表層糖タンパク質合成と抗生物質の新規標的としての糖鎖生合成の解析プローブ創製
  • 2004 - 2006 生物活性糖鎖迅速合成プロセスの開発
  • 2001 - 2003 糖タンパク質に特異な構造モチーフの有機化学的構築
論文 (9件):
  • Ding, F, Ishiwata, A, Ito, Y. Stereodivergent Mannosylation Using 2-O-(ortho-Tosylamido)benzyl Group. Organic Letters. 2018. 20. 4833-4837
  • Ding, F, Ishiwata, A, Ito, Y. Bimodal Glycosyl Donors Protected by 2-O-(ortho-Tosylamido)benzyl Group. Organic Letters. 2018. 20. 4384-4388
  • Ishiwata A, Taguchi Y, Lee YJ, Watanabe T, Kohda D, Ito Y. N-Glycosylation with synthetic undecaprenyl pyrophosphate-linked oligosaccharide to oligopeptides by PglB oligosaccharyltransferase from Campylobacter jejuni. ChemBioChem. 2015. 16. 5. 731-737
  • Ito T, Saikawa K, Kim S, Fujita K, Ishiwata A, Kaeothip S, Arakawa T, Wakagi T, Beckham G T, Ito Y, Fushinobu S. Crystal structure of glycoside hydrolase family 127 β-L-arabinofuranosidase from Bifidobacterium longum. Biochemical & Biophysical Research Communications. 2014. 447. 1. 32-37
  • Kaeothip S, Ishiwata A, Ito T, Fushinobu S, Fujita K, Ito Y. Preparation of p-nitrophenyl β-L-arabinofuranoside as a substrate of β-L-arabinofuranosidase. Carbohydrate Research. 2013. 382. 95-100
もっと見る
MISC (12件):
講演・口頭発表等 (13件):
  • Synthesis of the arabinan fragments of mycobacterial cell wall
    (10th Asian Community of Glycoscience and Glycotechology Conference 2018)
  • Strategy toward the synthesis of glycoconjugate from plant and bacteria
    (ACS on Campus in AIST 2018)
  • Synthesis and structural analysis of glycoconjugates as the substrate for glycan-related enzymes
    (Japan-China joint symposium on natural products to promote the use of high magnetic field and high sensitivity NMR 2017 2017)
  • 細菌や植物由来の複合糖質糖鎖の合成と応用
    (東北糖鎖研究会・東京糖鎖研究会合同シンンポジウム, 第11回東北糖鎖研究会・GlycoTOKYO2017 2017)
  • Stereoselective synthesis of bacterial and plant glycoconjugates as substrate for glycan-related enzymes
    (3rd RIKEN-Academia Sinica Joint conference: Focus on Chemistry and Chemical Biology on Chemical Biology, 2017)
もっと見る
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 国立研究開発法人理化学研究所 専任研究員
  • 2007/04 - 現在 独立行政法人理化学研究所 専任研究員
  • 2001/01 - 2007/03 理化学研究所 研究員
  • 1999/05 - 2000/12 Wayne State University 博士研究員
  • 1997/04 - 1998/04 財団法人相模中央化学研究所 博士研究員
委員歴 (10件):
  • 2017/01 - 現在 Trends in Glycoscience and Glycotechnology Handling Editor
  • 2014/01 - 現在 Trends in Glycoscience and Glycotechnology Associate Editor
  • 2014/01 - 現在 Forum: Carbohydrates Coming of Age 幹事
  • 2018/04 - 2018/06 日本ケミカルバイオロジー学会2018年度大会 プログラム委員
  • 2012 - 2013 日本化学会「化学と教育」誌 編集委員会, 講座小委員会, 副委員長
全件表示
受賞 (3件):
  • 2009/03 - 日本化学会 第23回若い世代の特別講演会講演者証
  • 2008/08 - 日本糖質学会 奨励賞
  • 2007/10 - 東京糖鎖研究会 奨励賞
所属学会 (9件):
日本ケミカルバイオロジー学会 ,  日本応用糖質科学会 ,  Forum: Carbohydrates Coming of Age ,  アメリカ化学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本ペプチド学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本糖質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る