研究者
J-GLOBAL ID:201301064759047655   更新日: 2020年08月26日

鈴木 伸国

スズキ ノブクニ | Nobukuni Suzuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究キーワード (6件): 男女共同参画 ,  社会知識学 ,  H. プレスナー ,  J. G. フィヒテ ,  近代ドイツ思想 ,  哲学的人間論
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2016 - 2019 哲学分野における男女共同参画と若手研究者育成に関する理論・実践研究
論文 (13件):
  • 鈴木伸国. ポストモダニズムにおける客観性と平等--S・ハーディングの知識社会学から--. 哲学分野における男女共同参画と若手研究者育成に関する理論・実践的研究研究成果報告書. 2019
  • 哲学・思想系学会におけるハラスメントへの対応状況. 哲学. 2018. 69. 44-47
  • 「たましい」の分化と希薄化-人間論における「たましい」の位置-. 人間学紀要. 2018. 47. 57-74
  • 第四の観点としての宗教論. 理想. 2016. 697
  • 哲学における精神修養とその方法--ピエール・アドとパウル・ラボウ. 哲学科紀要. 2016. 42. 27-45
もっと見る
書籍 (2件):
  • 『希望』「迷いのなかの希望」
    教友社 2016 ISBN:9784907991302
  • 『フィヒテ知識学の全容』第4章「知識学 一八〇四年」
    晃洋書房 2014 ISBN:9784771025257
講演・口頭発表等 (8件):
  • Das „Licht” als Reflexionsmedium der Wissenschaftslehren Fichtes
    (Kongress der Internationalen Fichte-Gesellschaft 2015)
  • 「わたし」の自律の諸相
    (上智人間学会大会 2015)
  • 哲学的人間学の趨勢と希望
    (上智人間学会大会 2012)
  • Ironie in der Wissenschaftslehre. Reflexion und Glaube bei Fichte, in romantischer Perspektive
    (Kongress der Internationalen Fichte-Gesellschaft 2012)
  • 知識学の発展における「形式」の役割--シェリングからフィヒテへの影響を注視しつつ
    (国際フィヒテ学会大会 2009)
もっと見る
学位 (4件):
  • 博士(哲学) (上智大学)
  • 学士(神学) (上智大学)
  • 修士(哲学) (上智大学)
  • 学士(文学) (京都大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る