研究者
J-GLOBAL ID:201301085863381254   更新日: 2019年11月25日

半田 宏

ハンダ ヒロシ | Handa Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80107432.ja.html
研究分野 (11件): ウイルス学 ,  分子生物学 ,  ナノ材料・ナノバイオサイエンス ,  消化器内科学 ,  内分泌学 ,  実験病理学 ,  医用システム ,  応用薬理学 ,  生物分子科学 ,  計測工学 ,  眼科学
研究キーワード (30件): 転写因子 ,  転写調節 ,  エンハンサー ,  アデノウイルス ,  コアクチベータ- ,  SV40 ,  プロモーター ,  MRI造影剤 ,  シグナル伝達 ,  相互作用 ,  ナノカプセル ,  基本転写因子 ,  転写 ,  無細胞転写系 ,  がん抑制遺伝子 ,  遺伝子発現 ,  TFIIA ,  RNA ,  メチルコラントレン ,  カプシドタンパク質 ,  DSIF ,  ウイルスベクター ,  アデノアソシエイテドウイルス ,  アデノウイルスEIA遺伝子 ,  ウイルス様粒子 ,  DDS ,  組み換えプラスミド ,  自己組織化 ,  AAV ,  外殻タンパク質
論文 (41件):
  • Asatsuma-Okumura T, Ando H, De Simone M, Yamamoto J, Sato T, Shimizu N, Asakawa K, Yamaguchi Y, Ito T, Guerrini L, Handa H. p63 is a cereblon substrate involved in thalidomide teratogenicity. Nature chemical biology. 2019. 15. 11. 1077-1084
  • Ando H, Sato T, Ito T, Yamamoto J, Sakamoto S, Nitta N, Asatsuma-Okumura T, Shimizu N, Mizushima R, Aoki I, Imai T, Yamaguchi Y, Berk AJ, Handa H. Cereblon Control of Zebrafish Brain Size by Regulation of Neural Stem Cell Proliferation. iScience. 2019. 15. 95-108
  • Kimura A, Kitajima M, Nishida K, Serada S, Fujimoto M, Naka T, Fujii-Kuriyama Y, Sakamato S, Ito T, Handa H, Tanaka T, Yoshimura A, Suzuki H. NQO1 inhibits the TLR-dependent production of selective cytokines by promoting IκB-ζ degradation. The Journal of experimental medicine. 2018. 215. 8. 2197-2209
  • Matyskiela ME, Lu G, Ito T, Pagarigan B, Lu CC, Miller K, Fang W, Wang NY, Nguyen D, Houston J, Carmel G, Tran T, Riley M, Nosaka L, Lander GC, Gaidarova S, Xu S, Ruchelman AL, Handa H, Carmichael J, Daniel TO, Cathers BE, Lopez-Girona A, Chamberlain PP. A novel cereblon modulator recruits GSPT1 to the CRL4(CRBN) ubiquitin ligase. Nature. 2016. 535. 7611. 252-257
  • Kabe Y, Nakane T, Koike I, Yamamoto T, Sugiura Y, Harada E, Sugase K, Shimamura T, Ohmura M, Muraoka K, Yamamoto A, Uchida T, Iwata S, Yamaguchi Y, Krayukhina E, Noda M, Handa H, Ishimori K, Uchiyama S, Kobayashi T, Suematsu M. Haem-dependent dimerization of PGRMC1/Sigma-2 receptor facilitates cancer proliferation and chemoresistance. Nature communications. 2016. 7. 11030
もっと見る
MISC (42件):
学歴 (2件):
  • 1966 - 1972 慶応義塾大学 医学部
  • 1972 - 1976 慶応義塾大学 大学院医学研究科 博士課程
学位 (1件):
  • 医学博士 (慶應義塾大学)
経歴 (9件):
  • 1976 - 1977 東京大学 助手
  • 1977 - 1978 米国国立衛生研究所(NIH)
  • 1978 - 1980 マサチュセッツ工科大学(MIT)
  • 1980 - 1984 東京大学 助教授
  • 1987 - 1991 東京大学 助教授
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る