研究者
J-GLOBAL ID:201401034415541864   更新日: 2020年02月07日

和田 勝行

Wada Katsuyuki
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 民事法学
論文 (13件):
  • 和田 勝行. Digitale Registerpublizität im Recht der Mobiliarsicherheiten. Zeitschrift für Japanisches Recht/Journal of Japanese Law. 2019. 24. 48. 79-91
  • 和田 勝行. 判例批評:売主所有権留保と集合動産譲渡担保の優劣(最判平成30年12月7日). 金融判例研究. 2019. 29. 37-40
  • 和田 勝行. 債権譲渡の効果--二重譲渡の場合の優劣決定基準を中心に--. 民法研究第2集. 2019. 7. 21-47
  • 和田 勝行. 判例批評:土地の根抵当権者による真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記請求権の代位行使(東京地判平成29年12月22日). 私法判例リマークス. 2019. 59. 26-29
  • 和田 勝行. 判例批評:第三債務者が差押債務者に対する弁済後に差押債権者に対してした更なる弁済は、差押債務者が破産手続開始の決定を受けた場合、破産法一六二条一項の規定による否認権行使の対象とならないとした事例[最高裁平成29.12.19判決]. 判例時報. 2019. 2395. 168-173
もっと見る
MISC (1件):
  • 和田 勝行. 譲渡人倒産時における将来債権譲渡担保の効力-ドイツの法状況を参考にして. 私法. 2015. 77. 151-158
書籍 (9件):
  • 新基本法コンメンタール 物権 (別冊法学セミナー no. 262)
    日本評論社 2020 ISBN:4535402620
  • 『Law Practice 民法I【総則・物権編】〔第4版〕』
    商事法務 2018
  • 『新・判例ハンドブック債権法I』
    日本評論社 2018
  • 『民法判例百選II 債権[第8版]』
    有斐閣 2018
  • 『民法判例百選I 総則・物権[第8版]』
    有斐閣 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • Reform des Rechts der Forderungsabtretung
    (Symposium "Schuldrechtsmodernisierung in Japan aus rechtsvergleichender Perspektive" 2019)
  • Digitale Registerpublizitaet im Recht der Mobiliarsicherheiten
    (Ruhr-Universitaet Bochum Japan Science Days 2018 Schutzbeduerfnisse und Gestaltungsmoeglichkeiten im Recht der Society 5.0 2018)
  • 日本法における物権法定主義
    (京都大学大学院法学研究科・マックスプランク比較私法・国際私法研究所 二国間交流事業国際ワークショップ 2018)
  • 債権譲渡の効果
    (第7回東アジア民事法学国際シンポジウム 2017)
  • 譲渡人倒産時における将来債権譲渡担保の効力-ドイツの法状況を参考にして
    (日本私法学会第78回(2014年度)大会 2014)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る