研究者
J-GLOBAL ID:201401068044381860   更新日: 2018年06月28日

飯吉 透

Iiyoshi Toru
所属機関・部署:
MISC (11件):
  • 河合道雄, 飯吉透. 日本人大学生の留学経験における成果をもたらす行動とその要因に関する実証的研究. 第23回大学教育研究フォーラム, 京都大学. 2017
  • 酒井博之, 岡本雅子, Isanka Wijerathene, 飯吉透. 京都大学におけるMOOCの開発と運用. 大学 ICT推進協議会年次大会(一般セッション), 国立京都国際会館. 2016
  • 岡本雅子, 酒井博之, Isanka Wijerathene, 飯吉透. 京都大学MOOCにおける受講者対応について. 大学 ICT推進協議会年次大会(ポスターセッション), 国立京都国際会館. 2016
  • 辻靖彦, 稲葉利江子, 酒井博之, 重田勝介, 田口真奈, 飯吉透. 悉皆調査を基にした日本の大学のモバイル活用先進校の特徴-ICT活用実施状況に着目して-. 日本教育工学会第31回全国大会, 電気通信大学. 2015
  • 田口真奈, 酒井博之, 岡本雅子, 飯吉透. 大学における授業改善のためのアイデア集積サイトMOS宝の開発. 日本教育工学会第31回全国大会, 電気通信大学. 2015
もっと見る
書籍 (1件):
  • 「ラーニングアナリティクス」(人工知能学会(編)『人工知能大辞典』) p.1171
    共立出版 2017
講演・口頭発表等 (121件):
  • 教育の情報化と情報の教育の新たな潮流-MOOC、オンライン教育や学位・単位の認証を中心に-
    (高度情報教育基盤ユニットシンポジウム, 京都大学 2018)
  • これからの教育・学校・社会はどう変わるか-人工知能やテクノロジーの進化がもたらす学びと仕事の新たな世界-
    (京都府専修学校各種学校協会代表者管理者研修会 2018)
  • 宇宙人材育成と「未知との遭遇」
    (京都大学第11回宇宙ユニットシンポジウム 2018)
  • 学びと仕事の新世界:学習テクノロジーの潮流と未来
    (日本eラーニングコンソーシアムNew Year Meeting 2018 2018)
  • Promoting the Creation, Use and Re-Use of Online Educational Resources to Advance Teaching and Learning
    (The Association of East Asian Research Universities (AEARU) Symposium on Teaching and Learning, Hong Kong University of Science and Technology, Hong Kong 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る