研究者
J-GLOBAL ID:201401076802312720   更新日: 2024年02月06日

大松 健太郎

オオマツ ケンタロウ | Omatsu Kentaro
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://www.kyukyu.jp/
研究分野 (2件): 医療管理学、医療系社会学 ,  救急医学
研究キーワード (6件): 拡張現実感 ,  プレホスピタルケア ,  病院前救急医療 ,  役場救急 ,  病院前医療 ,  救急救命士
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2023 - 2026 AR技術による子どもの心停止への対応のための緊急通報・救急対応訓練プログラムの開発
  • 2021 - 2024 VRを活用した臨地実習前メディア授業教材の製作
  • 2019 - 2023 AR(拡張現実)技術を用いた心停止徴候認識能力向上のための教育システムの開発
  • 2014 - 2015 役場救急におけるメディカルコントロール体制の現状に関する研究
  • 2009 - 2010 在宅医療患者に対する病院前医療のありかたに関する研究
全件表示
論文 (23件):
  • Kentaro Omatsu, Mieko Uchiyama, Utako Shimizu, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Yu Koyama. Impact of Heavy Snowfall on Emergency Transport and Prognosis of Out-of-Hospital Cardiac Arrest Patients: A Nation-Wide Cohort Study. Prehospital and disaster medicine. 2023. 1-8
  • 大和田 均, 神藏 貴久, 山内 一, 大松 健太郎, 田中 耕一, 稲葉 英夫. 溺水による院外心停止に対する胸骨圧迫と人工呼吸を組み合わせた従来のCPRの優位性. 日本臨床救急医学会雑誌. 2023. 26. 3. 353-353
  • 大松 健太郎, 竹井 豊. 拡張現実(AR)技術を用いた心肺蘇生訓練用スマートフォンアプリ「心肺蘇生AR」の開発. プレホスピタル・ケア = Prehospital care / プレホスピタル・ケア編集室 編. 2023. 36. 1. 67-69
  • 大和田 均, 竹井 豊, 神藏 貴久, 山内 一, 大松 健太郎, 岩崎 隆, 田中 秀治. 暑熱環境下での救急活動時における手部冷却効果の検討. 日本臨床救急医学会雑誌. 2022. 25. 6. 930-934
  • 大和田 均, 竹井 豊, 神藏 貴久, 山内 一, 大松 健太郎, 岩崎 隆, 田中 秀治. 暑熱環境下での救急活動時における手部冷却効果の検討. 日本臨床救急医学会雑誌. 2022. 25. 6. 930-934
もっと見る
MISC (26件):
  • 外山 元, 大松 健太郎, 安達 哲浩, 高橋 司, 竹井 豊. 救急現場活動時間延長に関連する因子の分析. 日本臨床救急医学会雑誌. 2023. 26. 5. 592-600
  • 大松 健太郎, 小山 諭. 全域豪雪地帯県における病院外心停止に対する救急隊の応答時間と転帰の検討 季節および地域間の比較. 日本臨床救急医学会雑誌. 2023. 26. 3. 357-357
  • 大和田 均, 稲葉 英夫, 大松 健太郎, 神藏 貴久, 菅原 一彰, 田中 秀治. 咳嗽による飛沫発生に対するポケットフェイスマスクの効果 心肺蘇生に伴うCOVID-19感染対策への予備研究. 蘇生. 2023. 42. 1. 1-6
  • 大松 健太郎, 小山 諭. 全域豪雪地帯県における病院外心停止に対する救急隊の応答時間と予後に関する検討. 日本救急医学会雑誌. 2022. 33. 10. 833-833
  • 神藏 貴久, 大和田 均, 大松 健太郎, 安達 哲浩, 岩崎 隆, 進藤 弘, 竹井 豊. 救急救命士養成機関における学生の心肺蘇生の質の検証. 日本臨床救急医学会雑誌. 2022. 25. 2. 330-330
もっと見る
書籍 (8件):
  • 柔道整復師 グリーン・ノート 臨床編
    メジカルビュー社 2014 ISBN:4758314896
  • 柔道整復師 イエロー・ノート 臨床編
    メジカルビュー社 2013 ISBN:4758314608
  • 最新!授業・行事・部活動での熱中症 : 初期対応、基本とコツ児童から成人まで
    ジャパンライム (発売) 2013
  • 学校におけるアナフィラキシーショック・過呼吸症候群の救急処置
    ジャパンライム (発売) 2012
  • 柔道整復師のための救急医学
    南江堂 2010 ISBN:4524250980
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • Impact of 2020 and 2021 COVID-19 Pandemic on public access defibrillation in Japan
    (ERC Congress 2023 2023)
  • Seasonal variations of bystander- and EMS-performed prehospital defibrillation
    (ERC Congress 2022 2022)
  • Epidemiology and characteristics of infant out-of-hospital cardiac arrest and factors associated with outcome
    (ERC Congress 2022 2022)
  • 360度カメラ・ウエアラブルカメラを活用したクラウド型eラーニング教材の効果の検証
    (第24回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2021)
  • 本学におけるスローラーナーに対する取り組み
    (日本臨床救急医学会雑誌 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2021 - 現在 新潟大学大学院 保健学研究科 博士後期課程
  • 2008 - 2010 帝京平成大学大学院 健康科学研究科 博士前期課程
学位 (1件):
  • 修士(健康科学) (帝京平成大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 新潟医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科救急救命学分野 講師
  • 2017/04 - 現在 新潟医療福祉大学 医療技術学部 救急救命学科 講師
  • 2015/04 - 現在 一般社団法人国際救命救急協会 副理事長
  • 2012/04 - 2021/03 東京女子医科大学 東医療センター救命救急センター 非常勤講師
  • 2010/09 - 2018/03 東京医薬専門学校 救急救命士科 兼任講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2017/04 - 現在 日本臨床救急医学会 評議員
所属学会 (5件):
日本バーチャル・リアリティ学会 ,  National Association of Emergency Medical Technicians ,  日本蘇生学会 ,  日本臨床救急医学会 ,  日本救急医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る