研究者
J-GLOBAL ID:201501000544698350   更新日: 2021年02月25日

平塚 雄亮

ヒラツカ ユウスケ | HIRATSUKA Yusuke
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 日本語学
研究キーワード (3件): 言語変化 ,  方言 ,  日本語
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2025 『全国方言文法辞典』データベースの拡充による日本語時空間変異対照 研究の多角的展開
  • 2020 - 2024 甑島里方言研究を通じたテキスト・辞書活用のモデル化
  • 2019 - 2024 推論過程の言語化における地域語のダイナミクスに関する研究:九州方言を中心に
  • 2019 - 2023 日琉諸語の有標主格性に関する基礎的研究
  • 2017 - 2020 日本語諸方言の記録・保存に向けた甑島里方言のテキスト・辞書の作成
全件表示
論文 (23件):
  • 平塚雄亮. 甑島里方言のbasi. 阪大社会言語学研究ノート. 2019. 16. 84-92
  • 平塚雄亮. 福岡市方言の準体助詞にみられる言語変化. 中京大学文学会論叢. 2019. 5. 71-88
  • 平塚雄亮. 甑島方言からみる言語変化と伝統方言形式のゆくえ. 鹿児島県甑島方言からみる文法の諸相. 2019. 105-118
  • 金昴京, 平塚雄亮. 韓国語版『海辺のカフカ』に現れる言語的特徴. 村上春樹翻訳調査プロジェクト 報告書(1). 2018. 40-45
  • 平塚雄亮. 鹿児島県鹿児島市方言. 全国方言文法辞典資料集(4) 活用体系(3). 2018. 107-116
もっと見る
MISC (1件):
  • 高木千恵ほか. 最古の富山県方言集-高岡新報掲載「越中の方言」(武内七郎)-. 2009. 1-352
書籍 (1件):
  • 基礎日本語学
    ひつじ書房 2019
講演・口頭発表等 (14件):
  • 日本語諸方言コーパスを用いた複数接尾辞の対照方言研究
    (日本語文法研究のフロンティアー日本の言語・方言の対照研究を中心にー 2021)
  • Adjective suffix variation in Kagoshima dialect
    (Methods in Dialectology XVI 2017)
  • 甑島里方言の形容詞連用形にみられる異分析
    (第66回西日本国語国文学会 2016)
  • 甑島里方言のdomo
    (国立国語研究所時空間変異研究系合同研究発表会 JLVC2015 2015)
  • 関西方言話者が共通語形を選択するとき-認知的な観点から-
    (社会言語科学会第34回大会 2014)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2009 - 2012 大阪大学大学院 文化表現論専攻 博士後期課程
  • 2007 - 2009 大阪大学大学院 文化表現論専攻 博士前期課程
  • 2006 - 2006 大阪大学 研究生
  • 2001 - 2006 西南学院大学 外国語学科 英語専攻
  • 2004 - 2005 San Diego State University
学位 (1件):
  • 博士(文学) (大阪大学)
経歴 (13件):
  • 2020/10 - 現在 国立国語研究所 共同研究員
  • 2018/04 - 現在 中京大学 文学部 講師
  • 2018/08 - 2018/08 鹿児島国際大学 国際文化学部 非常勤講師(集中講義)
  • 2015/04 - 2018/03 志學館大学 人間関係学部 講師
  • 2017/09 - 2017/09 九州大学 文学部・人文学府 非常勤講師(集中講義)
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019/06 - 現在 日本語学会 大会企画運営委員会
  • 2020/12 - 2021/05 日本語学会 2021年度春季大会実行委員会
  • 2020/11 - 2021/03 日本語文法学会 大会実行委員会
受賞 (1件):
  • 2012/05 - 日本学生支援機構 大学院第一種奨学金 全額返還免除
所属学会 (5件):
筑紫日本語研究会 ,  西日本国語国文学会 ,  日本言語学会 ,  日本語文法学会 ,  日本語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る