研究者
J-GLOBAL ID:201501001002464520   更新日: 2020年09月25日

岩佐 和道

イワサ カズミチ | Iwasa Kazumichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 理論経済学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2021 人的資本と経済成長
  • 2016 - 2021 タイムゾーンとサービス・タスク貿易理論の動学的展開および経済成長への含意
  • 2015 - 2020 包括的な金融・財政政策のリスクマネジメント:理論・実証・シミュレーション
  • 2016 - 2019 動学的貿易モデルをもちいた経済発展と所得格差に関する理論分析
  • 2016 - 2018 非相似拡大的選好と内生的時間選好による動学的貿易理論の再構築(国際共同研究強化)
全件表示
論文 (30件):
  • Kazumichi Iwasa, Kazuo Nishimura. Time preference and international trade. International Journal of Economic Theory. 2021. 17. 1
  • Kazumichi Iwasa, Laixun Zhao. Inequality and catching-up under decreasing marginal impatience. Journal of Mathematical Economics. 2020. 91. 99-110
  • 岩佐和道. 貿易と大域的不決定性. 国民経済雑誌. 2020. 221. 3. 71-82
  • IWASA Kazumichi, NISHIMURA Kazuo, YANO Makoto. Trade and indeterminacy revisited. International Journal of Economic Theory. 2019. 15. 1. 37-51
  • IWASA Kazumichi, Gerhard Sorger. Periodic solutions of the one-sector growth model: The role of income effects. Journal of Mathematical Economics. 2018. 78. 59-63
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • Inequalities and Patience in Catching Up
    (VGSE Research Seminar 2017)
  • Inequalities and Patience in Catching Up
    (17th SAET Conference on Current Trends in Economics 2017)
  • Indeterminacy in a model with production externality and inferiority in consumption
    (Seminar 2015)
  • 市場の働きとその効率性
    (平成27年度神戸大学経済経営研究所公開講座・ひょうご講座「多種多様な市場取引-その働きと効率性」 2015)
  • Trade and Indeterminacy
    (15th SAET Conference on Current Trends in Economics 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2008 神戸大学 大学院経済学研究科博士課程後期課程退学
学位 (3件):
  • 修士(農学) (京都大学)
  • 修士(経済学) (神戸大学)
  • 博士(経済学) (神戸大学)
経歴 (6件):
  • 2014/01 - 現在 神戸大学経済経営研究所 准教授
  • 2017/04 - 2019/03 ウィーン大学 客員研究員
  • 2011/04 - 京都大学経済研究所 助教
  • 2008/10 - 京都大学経済研究所グローバルCOE 特定助教
  • 2007/04 - 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る