研究者
J-GLOBAL ID:201501002398098399   更新日: 2020年09月01日

橋本 国太郎

ハシモト クニタロウ | Hashimoto Kunitaro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 構造工学、地震工学
研究キーワード (5件): FRP ,  耐震 ,  ボルト接合 ,  複合構造 ,  鋼構造
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2022 断面内における繊維不均一性を有するFRP部材の部材強度評価法の開発
  • - 2020 巨大地震に対する創生型居住環境のレジリエンス研究の国際コミュニティを担う人材育成
  • 2016 - 2019 FRPボルトによるFRP部材のボルト接着併用接合の力学的挙動解明と設計思想の提案
  • 2016 - 2019 長期橋梁ヘルスモニタリングのための逐次ベイズ異常診断法の提案
  • 2016 - 2019 海岸近接部において耐候性鋼材(無塗装仕様)を使用する橋梁の環境計測技術に関する研究
全件表示
論文 (132件):
  • 橋本国太郎. 圧縮力を受ける高力ボルト摩擦接合継手の限界状態に関する解析的検討. 構造工学論文集. 2020. 66A. 475-485
  • 橋本国太郎, 大塚浩介, 杉浦邦征, 杉山祐樹, 金治英貞. 高機能せん断パネルダンパーによる鋼管集成橋脚の制震機能強化の検討. 土木学会論文集A1. 2019. 75. 3. 350-366
  • Phan Viet Nhut, Hideki Takashima, Yukihiro Matsumoto, Yasuo Kitane, Kunitaro Hashimoto. Relationships between failure behavior and bolted connections strength of pultruded GFRP reinforced by multiaxial glass fiber sheets. 第13回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集. 2019. 13. 10pages(CD-R)
  • 二見悠太郎, 橋本国太郎. 断面内の繊維不均一性を有するFRP部材の部材引張強度評価法の検討. 第13回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集. 2019. 13. 6pages(CD-R)
  • 田中賢太郎, 橋本国太郎. 機能分散性を有する鋼製橋脚の耐震性能に関する解析的検討. 鋼構造年次論文報告集. 2019. 27. 285-290
もっと見る
MISC (5件):
  • 橋本国太郎, 島田侑子, 石川誠, 久積和正, 佐藤公亮, 焦瑜, 金子貴司, 金城陽介, 上坂隆志, 松本理佐. 鋼構造の未来探索委員会の活動報告. 溶接技術. 2019. 2019. 11. 80-84
  • 鋼構造の未来探索特別委員会(分担執筆). 次世代鋼構造技術の可能性を探る-委員会最終報告. 日本鋼構造協会誌. 2019. 36. 25-28
  • 鋼構造の未来探索特別委員会(分担執筆). 次世代鋼構造技術の可能性を探る. 日本鋼構造協会誌. 2018. 32. 19-22
  • 橋本 国太郎. 疲労き裂を有する鋼板の曲げおよびせん断耐荷力に関する解析的研究. JBECレポート. 2017. 13. 38-44
  • 複合構造委員会, FRPと鋼の接合方法に関する調査研究小委員会(分担執筆). FRP部材の接合および鋼とFRPの接着接合に関する先端技術. 土木学会論文集A1(複合構造論文集). 2014. 70. 5. II_120-II_133
書籍 (5件):
  • 2018年制定 鋼・合成構造標準示方書 施工編
    土木学会 2018
  • JSSCテクニカルレポートNo.114 鋼橋の設計評価技術の高度化
    日本鋼構造協会 2018
  • 2014年制定 複合構造標準示方書 設計編
    土木学会 2015
  • 複合構造レポート9 FRP部材の接合および鋼とFRPの接着接合に関する先端技術
    土木学会 2013
  • インフラ構造物入門-鋼・複合構造物の技術とデザイン-
    共立出版 2010
講演・口頭発表等 (105件):
  • GFRP部材のせん断強度および変形能の評価
    (令和2年土木学会関西支部年次学術講演会 2020)
  • 疲労き裂を有する鋼桁の疲労き裂進展挙動に関する解析的研究
    (令和2年土木学会関西支部年次学術講演会 2020)
  • 局部的に腐食減肉した鋼板の耐荷力評価に関する解析的検討
    (令和2年土木学会関西支部年次学術講演会 2020)
  • Cyclic behavior of steel bridge pier with frictional bolted joints
    (2nd Kobe University and UC San Diego Joint Workshop on Structural Engineering Research 2019)
  • ANTI-CATASTROPHE PERFORMANCE IMPROVEMENT OF MULTI-PIPE INTEGRATED BRIDGE PIER WITH HIGH PERFORMANCE SHEAR PANEL DAMPERS
    (International Conference in Commemoration of 20th Anniversary of the 1999 Chi-Chi Earthquake 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2005 大阪市立大学大学院 都市系専攻
  • 1999 - 2003 大阪市立大学 土木工学科
学位 (2件):
  • 修士(工学) (大阪市立大学)
  • 博士(工学) (大阪市立大学)
経歴 (4件):
  • 2014/04 - 現在 神戸大学 大学院工学研究科 准教授
  • 2019/03 - 2020/02 カリフォルニア大学サンディエゴ校 客員研究員
  • 2007/11 - 2014/03 京都大学 大学院工学研究科 助教
  • 2005/04 - 2007/10 神鋼鋼線工業株式会社
委員歴 (20件):
  • 2020/04 - 現在 土木学会関西支部 幹事
  • 2019/04 - 現在 土木学会 複合構造委員会・土木学会論文集特集号編集小委員会・幹事
  • 2017/06 - 現在 土木学会 複合構造委員会・FRP複合構造の設計・維持管理に関する調査研究小委員会・幹事長
  • 2017/04 - 現在 土木学会 鋼構造委員会・鋼・合成構造標準示方書改訂設計編小委員会・幹事
  • 2017/04 - 現在 土木学会 複合構造委員会・幹事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2013/11 - 土木学会 第10回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム優秀発表賞
  • 2011/11 - 日本鋼構造協会 鋼構造シンポジウム2011優秀発表賞
所属学会 (2件):
日本鋼構造協会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る