研究者
J-GLOBAL ID:201601008958277797   更新日: 2020年06月09日

宮田 敬士

MIYATA KEISHI
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 2019-2021年度 基盤研究(C) 「DNA損傷応答不活性化による新たな心不全治療戦略の分子基盤解明」
  • 2016 - 2019 2016-2018年度 基盤研究(C)「マイクロRNAによる心不全病態形成の分子機構解明」
  • 2013 - 2016 2013-2015年度 基盤研究(C) 「長鎖 non-cording RNA による心不全病態形成制御機構の解明」
  • 2010 - 2012 2010-2011年度 若手研究(B) 「生理活性因子AGFによる生体システム制御の分子機構解明」
  • 2006 - 2008 2006-2007年度 若手研究(B) 「血管におけるAbhd2遺伝子の機能解析」
論文 (13件):
もっと見る
MISC (17件):
  • 佐藤 迪夫, 宮田 敬士, 田 哲, 尾池 雄一, 野出 孝一. マウスにおいてHMGB2の欠損は圧過負荷により誘発される心不全を増悪させる(Loss of HMGB2 Exacerbate Pressure Overload-induced Heart Failure in Mice). 日本循環器学会学術集会抄録集. 2019. 83回. PJ074-6
  • 田 哲, 宮田 敬士, 尾池 雄一. 【老化と免疫・炎症】マウス骨格筋において加齢に伴うAngiopoietin-like protein 2の産生・分泌増加は骨格筋量減少を増長する. 臨床免疫・アレルギー科. 2018. 70. 5. 459-466
  • 宮田 敬士, 田 哲, 佐藤 迪夫, 尾池 雄一. 持久運動誘発性miR221/222はANGPTL2抑制を介して心保護を促進する(Endurance Exercise-induced miR221/222 Promotes Cardioprotection via ANGPTL2 Suppression). 日本循環器学会学術集会抄録集. 2017. 81回. PJ-062
  • 宮田 敬士, 尾池 雄一. 知っておきたい血管医学用語 アンジオポエチン様因子(Angptl). Vascular Medicine. 2012. 8. 1. 61-66
  • 田爪 宏和, 宮田 敬士, 田 哲, 國友 隆二, 森山 周二, 坂口 尚, 岡本 健, 吉永 隆, 金子 泰史, 原 正彦, 羽尾 裕之, 川筋 道雄, 尾池 雄一. 腹部大動脈瘤形成における慢性炎症調節因子Angiopoietin-like protein2(Angptl2)の役割. 日本外科学会雑誌. 2012. 113. 臨増2. 703-703
もっと見る
特許 (1件):
学歴 (2件):
  • - 2004 熊本大学 医学研究科
  • - 1996 山口大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士(医学) (熊本大学)
経歴 (3件):
  • 2011/04 - 現在 熊本大学大学院生命科学研究部(医学系) 特任准教授
  • 2009/04 - 2011/03 熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系) 助教
  • 2008/02 - 2009/03 熊本大学大学院生命科学研究部 産学連携研究員
所属学会 (4件):
日本血管生物医学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本循環器学会(循環器専門医) ,  日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る