研究者
J-GLOBAL ID:201601011790560103   更新日: 2020年07月26日

高 媛

EN KO
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 史学一般 ,  社会学 ,  観光学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2017 - 2020 「戦前期東アジアにおける観光現象と鉄道事業の相互性に関する総合的研究」
  • 2017 - 2020 「戦争と観光--戦前期『満洲』における戦跡ツーリズムに関する歴史的研究」
  • 2016 - 2019 「軽便鉄道の記憶」(旅の文化研究所特定研究)
  • 2016 - 2019 「『新しい女性』とアジアの近代--情動にみる思想・価値観の形成過程の比較研究」
  • 2013 - 2016 「戦争・観光・デザイン--戦前期満洲における『観光デザイン』の歴史的展開」
全件表示
論文 (9件):
  • 「満鉄の観光映画--『内鮮満周遊の旅 満洲篇』(1937年)を中心に」. 『旅の文化研究所研究報告』. 2018. 28. 43-65
  • 「一九二〇年代における満鉄の観光宣伝--嘱託画家・眞山孝治の活動を中心に」. Journal of Global Media Studies. 2016. 17・18合併号. 171-184
  • 「観光・民俗・権力--近代満洲における『娘々祭』の変容」. 『旅の文化研究所研究報告』. 2015. 25. 75-91
  • 「帝国の風景--満洲における桜の名所『鎮江山公園』の誕生」. Journal of Global Media Studies. 2012. 11. 11-23
  • 「戦勝が生み出した観光--日露戦争翌年における満洲修学旅行」. Journal of Global Media Studies. 2010. 7. 11-30
もっと見る
MISC (13件):
  • 高 媛. 「座談会 これからの旅学」. 『まほら』. 2019. 100. 50-57
  • 高 媛. コラム「映画」. 『日本植民地研究の論点』. 2018
  • 高 媛. 「政治学の視点」. 『観光学ガイドブック』. 2014
  • 高 媛. 「租借地メディア『大連新聞』(1920~1935年)の軌跡」. 『社会情報研究資料センターニュース』. 2008. 18
  • 高 媛. 「リスクからタスクへ--中国と日本、『歴史の共犯者』としての課題」. 『世界』. 2005. 2005年8月号
もっと見る
書籍 (10件):
  • 『「旅行満洲」解説・総目次・索引』
    不二出版 2019
  • 『日記文化から近代日本を問う--人々はいかに書き,書かされ,書き遺してきたか』
    笠間書院 2017
  • 『湯崗子温泉株式会社二十年史』(湯崗子温泉株式会社刊、1941 年、復刻版)
    ゆまに書房 2016
  • 『満蒙開拓青少年義勇軍の旅路--光と闇の満洲』
    森話社 2016
  • 『日中韓ナショナリズムの同時代史』
    日本経済評論社 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 「戦前における日本人学生の満洲旅行」
    (公開シンポジウム「帝国日本の鉄道と観光」 2019)
  • 「満鉄の観光映画--『内鮮満周遊の旅・満洲篇』(1937年)を中心に」
    (日本植民地研究会第25回全国研究大会 2017)
  • コメンテーター「戦後日本と『新しい女性』」(発表者:中野嘉子)
    (セミナー「『新しい女性』とアジアの近代」 2017)
  • 「満洲の旅--ホームムービーから観光映画まで」
    (記録映画アーカイブ・プロジェクト第7回ミニワークショップ「満洲の旅--ホームムービーから観光映画まで」 2016)
  • 「境界をまたぐ身体--戦前満洲の学生日記にみる中国人青年の学校生活と都市経験」
    (学際シンポジウム「近代日本の日記文化と自己表象」 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2005 東京大学大学院 人文社会系研究科 社会文化専攻博士課程
  • 1996 - 1998 東京大学大学院 人文社会系研究科 社会文化専攻修士課程
  • 1990 - 1994 吉林大学 日本語学部
学位 (3件):
  • 博士 (東京大学大学院)
  • 修士 (東京大学大学院)
  • 文学士 (吉林大学)
経歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 教授
  • 2013/04 - 2019/03 駒澤大学 准教授
  • 2007/04 - 2013/03 駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部 グローバル・メディア学科 専任講師
受賞 (2件):
  • 2003/04 - 旅の文化研究所 旅の文化研究奨励賞(主催:旅の文化研究所)
  • 1999/01 - アジア太平洋観光交流センター 「第四回観光に関する学術研究論文」二席入賞(主催:アジア太平洋観光交流センター)
所属学会 (2件):
観光学術学会 ,  日本植民地研究会(2019年7月から編集委員)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る