研究者
J-GLOBAL ID:201601020390688282   更新日: 2021年02月04日

大前 佑斗

オオマエ ユウト | Oomae Yuuto
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 日本大学  人工知能リサーチグループ
  • 日本大学  異分野融合イノベーションリサーチグループ
研究分野 (6件): 数理情報学 ,  数理情報学 ,  計算科学 ,  ソフトコンピューティング ,  知能情報学 ,  数理情報学
研究キーワード (17件): シミュレーション ,  感染症数理疫学 ,  新型コロナウイルス感染症 ,  COVID-19 ,  計算知能 ,  進化計算 ,  統計科学 ,  Webスクレイピング ,  行動センシング ,  教育工学 ,  信号処理 ,  データマイニング ,  ソフトコンピューティング ,  ディープラーニング ,  数理最適化 ,  機械学習 ,  人工知能
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2023 20K12090 遠隔アクティブラーニングをAIを用いて支援するポートフォリオの開発
  • 2020 - 2023 アクティブ・ラーニングにおける振り返り分析支援システムの構築
  • 2019 - 2023 熟達したトレーニング指導員の判断基準を獲得したディープラーニングモデルの構築
  • 2018 - 2021 過疎地域の学校をAIが支援する遠隔協調学習システムで結ぶことにより地域課題の解決に対応する取り組み
  • 2018 - 2021 過疎地域の学校をAIが支援する遠隔協調学習システムで結ぶことにより地域課題の解決に対応する取り組み
全件表示
論文 (43件):
  • 芝田龍正, 三上剛, 秋月拓磨, 大前佑斗, 高橋弘毅. 個人認証を念頭に置いた表面筋電位を用いたジェスチャ識別. 日本知能情報ファジィ学会論文誌: 知能と情報(採録決定). 2021
  • Hirotaka Takahashi, Yuto Omae, Riki Tanaka. Multiagent Simulation Approach to Pedestrian Laminar Flow with Group Walking Models. IEEE Access (採録決定). 2021
  • 大前佑斗, 豊谷純, 原一之, 高橋弘毅. 感染症病床リソースと外出自粛を導入したマルチエージェント環境によるウィルス感染症の伝播予測手法. 日本知能情報ファジィ学会論文誌: 知能と情報. 2020. 32. 6. 998-1007
  • 大前佑斗, 古屋達郎, 水越一貴, 大島崇行, 榊原範久, 水落芳明, 八代一浩, 高橋弘毅. 時間駆動型の統計的仮説検証による有効な学習ログの早期検出アルゴリズムとCSCLシステムへの実装. 電子情報通信学会論文誌D. 2020. J103-D. 12. 906-918
  • 髙橋弘毅, 大前佑斗, 酒井一樹, 秋月拓磨, 塩野谷明. スポーツテック:招待論文:4. 単一慣性センサを用いた競泳指導サポートシステム. 情報処理(情報処理学会論文誌). 2020. 61. 11
もっと見る
MISC (8件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • Computer-supported collaborative learning (CSCL) system research - Edutab box
    Science Impact Ltd 2020
  • An Introduction to Approaches and Modern Applications with Ensemble Learning
    Nova science publishers 2020
  • Handbook of Research on Software for Gifted and Talented School Activities in K-12 Classrooms
    IGI Global 2020 ISBN:9781799814009
  • An Introduction to Approaches and Modern Applications with Ensemble Learning (出版決定)
    Nova science publishers 2020
  • The Science of Swimming and Aquatic Activities
    Nova Science Publishers 2018 ISBN:9781536140286
講演・口頭発表等 (90件):
  • 学習者は振り返りに何を記述するのか -小学4年社会科「地域に伝わる年中行事」における事例的研究-
    (日本教育工学会2021年春季全国大会 2021)
  • COVID-19 接触確認アプリ COCOA に2次接触者への通知機能を付与した場合の感染伝播シミュレーション
    (電子情報通信学会技術研究報告集(情報ネットワーク研究会), vol.120, no.293, pp.37-42, 2020.12.14-15(オンライン開催). 2020)
  • COVID-19 接触確認アプリ COCOA に2次接触者への通知機能を付与した場合の感染伝播シミュレーション
    (電子情報通信学会技術研究報告集(IN研究会), vol.x, no.x, pp.x-x, 2020.12.14-15(オンライン開催) 2020)
  • 強化学習を用いた自立型掃除ロボットの進路決定に関する研究
    (第53回日本大学生産工学部学術講演会, 5-11, pp.359-360 2020)
  • Word2Vecの類似度平均化による”あるある文章”の共感度判定の検討
    (第53回日本大学生産工学部学術講演会, 5-9, pp.353-356 2020)
もっと見る
Works (7件):
  • 全国高等専門学校プログラミングコンテスト 競技部門(2018年度第29回,指導教員), 準優勝49チーム中2位
  • (H30年度卒業研究)ニューラルネットワークによる太陽光発電量予測モデルの構築
  • (H30年度卒業研究)ニューラルネットワークによる完全情報ゲームの有利局面の学習
  • (H30年度特別研究)直並列接続型デノイジングオートエンコーダの提案と性能評価
  • (H29年度卒業研究)身体動作の個人差に対して安定な機械学習を実現する得量空間評価関数の提案
もっと見る
学歴 (8件):
  • 2013 - 2016 国立大学法人 長岡技術科学大学 情報・制御工学専攻
  • 2013 - 2016 国立大学法人 長岡技術科学大学 情報・制御工学専攻
  • 2011 - 2013 国立大学法人 長岡技術科学大学 経営情報システム工学専攻
  • 2011 - 2013 国立大学法人 長岡技術科学大学 経営情報システム工学専攻
  • 2009 - 2011 国立高等専門学校機構 釧路工業高等専門学校
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(工学) (国立大学法人 長岡技術科学大学)
経歴 (11件):
  • 2020/03 - 学校法人 日本大学 日本大学生産工学部 異分野融合・イノベーションリサーチグループ
  • 2020/03 - 学校法人 日本大学 日本大学生産工学部 異分野融合・イノベーションリサーチグループ
  • 2019/04 - 学校法人 日本大学 日本大学生産工学部 人工知能リサーチグループ
  • 2019/04 - 学校法人 日本大学 日本大学生産工学部 マネジメント工学科 助教
  • 2019/04 - 学校法人 日本大学 日本大学生産工学部 人工知能リサーチグループ
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2020/04/01 - 日本大学生産工学部 学務委員会(Web授業検討ワーキンググループ)
  • 2020/04/01 - 日本大学生産工学部 生産実習委員会
  • 2020/01 - 日本大学生産工学部 学務委員会(STEAM to BEプログラムワーキンググループ)
  • 2019/04 - 日本大学生産工学部 図書委員会
  • 2018/04 - 2019/03 東京工業高等専門学校 寮務委員会 主事補
全件表示
受賞 (9件):
  • 2020/11/20 - グッドプレゼンテーション賞(電子情報通信学会 LOIS研究会) マルチエージェントシミュレーションによる COVID-19 接触確認アプリ COCOA の感染者数削減効果の検証
  • 2020/10 - JACIII Young Researcher Award 2020 Swimming Style Classification Based on Ensemble Learning and Adaptive Feature Value by Using Inertial Measurement Unit
  • 2020/09 - IEEE Young Researcher Award (Computational Intelligence Society Japan Chapter) System for Supporting Swimmer by Using Deep Learning and Single Inertial Sensor: Development of a Prototype
  • 2020/07/20 - JACIII Young Researcher Award 2020 Swimming Style Classification Based on Ensemble Learning and Adaptive Feature Value by Using Inertial Measurement Unit
  • 2020/01/22 - IEEE IEEE Young Researcher Award (Computational Intelligence Society Japan Chapter)
全件表示
所属学会 (5件):
人工知能学会 ,  IEEE, Member ,  日本知能情報ファジィ学会 ,  電子情報通信学会 ,  日本教育工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る