研究者
J-GLOBAL ID:201601020427826141   更新日: 2021年10月25日

舛田 武仁

マスダ タケヒト | MASUDA Takehito
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/tmasudaexpecon/home
研究分野 (1件): 理論経済学
研究キーワード (4件): 意思決定理論 ,  ゲーム理論 ,  制度設計 ,  実験経済学
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2017 - 2020 不確実性への態度の多様性に頑健な公共財供給制度の設計
  • 2017 - 2019 不確実性への態度の多様性に頑健な公共財供給制度の設計
  • 2017 - 不確実性下の意思決定モデルの彫琢:高次リスク態度、高知曖昧さ態度の抽出実験を通じて
  • 2017 - 京都大学若手人材海外派遣事業「ジョン万プログラム」(アリゾナ大学)
  • 2017 - 村田学術振興財団(海外派遣、アリゾナ大学)
全件表示
論文 (10件):
  • Tatsuhiro Shichijo,Takao Kusakawa,Takehito Masuda,Emiko Fukuda,Tatsuyoshi Saijo. A mechanism for the diffusion of electric vehicles: A theoretical and experimental study. SSRN Working Paper. 2021
  • M. Aoyagi, T. Masuda and N. Nishimura. Strategic Uncertainty and Probabilistic Sophistication. Osaka U ISER Discussion Paper. 2021
  • Takehito Masuda, Ryo Mikami, Toyotaka Sakai, Shigehiro Serizawa, Takuma Wakayama. The Net Effect of Advice on Strategy-Proof Mechanisms: An Experiment for the Vickrey Auction. Institute of Social and Economic Research Discussion Paper. 2020. 1109
  • Takehito Masuda, Eungik Lee. Higher order risk attitudes and prevention under different timings of loss. Experimental Economics, forthcoming. 2019. 22. 1. 197-215
  • Tatsuyoshi Saijo, Takehito Masuda, Takafumi Yamakawa. Approval mechanism to solve prisoner’s dilemma: Com-parison with Varian’s compensation mechanism. Social Choice and Welfare. 2018. 51. 1. 65-77
もっと見る
MISC (2件):
  • Y. Kamijo, T Masuda, H. Uemura. Who is audited? Experimental study on rule-based tax auditing. ISER Discussion Paper Series. 2019. 1064
  • Takehito Masuda, Toyataka Sakai, Shigehiro Serizawa, Takuma Wakayama. A Strategy-Proof Mechanism Should Be Announced to Be Strategy-Proof: An Experiment for the Vickrey Auction. Institute of Social and Economic Research Discussion Paper No. 1048. 2019
書籍 (1件):
  • 「複数の行動原理に対し頑健な公共財供給メカニズム」 西條辰義編著フロンティア実験社会科学 シリーズ第2巻「人間行動と市場デザイン」
    勁草書房 2016
講演・口頭発表等 (42件):
  • Strategic Uncertainty and Probabilistic Sophistication
    (東アジア実験・行動経済学オンラインセミナー 2021)
  • Strategic Ambiguity and Probabilistic Sophistication
    (経法学部スタッフセミナー 2020)
  • Strategic Ambiguity and Probabilistic Sophistication
    (経済理論ワークショップでのセミナー発表 2020)
  • 高次リスク・曖昧さ 態度 抽出実験 研究
    (課題設定型ワークショップ (Zoom) 2020)
  • Strategic Ambiguity and Probabilistic Sophistication
    (k-connex研究会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2014 大阪大学 博士後期課程
  • - 2011 大阪大学 博士前期課程
  • - 2009 大阪大学 B.A. in Economics
学位 (1件):
  • Ph.D (Osaka University)
経歴 (7件):
  • 2017/08 - 現在 大阪大学 社会経済研究所 講師
  • 2015/12 - 現在 京阪神次世代グローバル研究リーダー育成コンソーシアム(K-CONNEX) 研究員
  • 2017/01 - 2017/12 アリゾナ大学 在外研究員
  • 2015/12 - 2017/07 京都大学 経済研究所 特定助教
  • 2014/04 - 2015/11 日本学術振興会 Postdoctoral Research Fellow
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る