研究者
J-GLOBAL ID:201701002391194690   更新日: 2021年11月08日

堀篭 義裕

ホリゴメ ヨシヒロ | Horigome Yoshihiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000000305335/https://nrid.nii.ac.jp/en/nrid/1000000305335/
研究分野 (2件): 安全工学 ,  社会システム工学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2023 震災被災地の「日常の再構築」過程における意識調査:地域社会の分断・格差に着目して
  • 2016 - 2019 震災被災地の復興過程における住民意識調査:復興政策の意図せざる結果の解明
  • 2012 - 2015 三陸沿岸災害復興の総合政策学
論文 (18件):
  • 堀篭義裕. 復興計画の施策を考慮した津波被災地の復興過程分析-意識調査における施策の進捗評価の変遷に着目して-. 公益事業研究. 2021. 73. 1. 11-24
  • 堀篭義裕. 津波被災自治体の住民意識における復興施策の評価とその要因-大船渡市復興計画を事例として-. 公益事業研究. 2020. 72. 1. 23-38
  • 堀篭義裕. 復興政策の影響を考慮した津波被災地における生活復興過程のモデル化-大船渡市民意識調査データを用いた構造方程式モデリング-. 公益事業研究. 2019. 71. 1. 1-12
  • 堀篭義裕, 阿部晃士, 茅野恒秀. 東日本大震災津波被災地における生活復興過程-2011年と2013年の大船渡市民横断調査をもとに-. 総合政策. 2015. 17. 1. 21-39
  • 阿部晃士, 堀篭義裕, 茅野恒秀. 大船渡市における震災9ヶ月後の生活と意識-復興過程に関するパネル調査の起点-. 総合政策. 2013. 14. 2. 149-160
もっと見る
書籍 (1件):
  • -
    - 2021
講演・口頭発表等 (8件):
  • 大船渡市民の復興政策の評価とその推移-岩手県立大学の横断調査と、大船渡市による市民意識調査をもとに-
    (第71回数理社会学会大会 2021)
  • 「行政に対する信頼」に着目した東日本大震災津波被災地の復興過程-「復興に関する大船渡市民の意識調査(横断調査)」をもとに-
    (公益事業学会北海道・東北部会 2018)
  • 震災復興過程のモニタリングに関する現状と課題-東日本大震災の津波被災地を主な事例として-
    (公益事業学会 2017)
  • 東日本大震災後の被災地住民意識の推移にみる生活・インフラ復興の現状と課題-岩手県大船渡市における2回の住民意識調査を事例として-
    (公益事業学会北海道・東北部会 2014)
  • 東日本大震災後の住民意識にみる被災地支援と地域復興の課題-岩手県大船渡市における住民意識調査の事例-
    (公益事業学会北海道・東北部会 2012)
もっと見る
Works (22件):
  • 復興に関する大船渡市民の意識調査 第4回パネル調査報告書
    2020 -
  • 復興に関する大船渡市民の意識調査第3次横断調査報告書
    2018 -
  • 復興に関する大船渡市民の意識調査 第3次横断調査報告書
    2018 -
  • 盛岡市における若者の転出超過の要因分析と地元定着策に関する研究報告書
    2017 -
  • 復興に関する大船渡市民の意識調査 第3回パネル調査報告書
    2016 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1998 東京工業大学
  • - 1998 東京工業大学
  • - 1996 東京工業大学 社会工学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京工業大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る