研究者
J-GLOBAL ID:201701016007877581   更新日: 2020年08月31日

寺内 大左

Terauchi Daisuke
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 農業社会構造 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  地域研究
研究キーワード (7件): コモンズ ,  農村社会 ,  ポリティカル・エコロジー ,  石炭開発 ,  農園開発(アブラヤシ・ゴム) ,  熱帯林保全 ,  インドネシア
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2021 新たな小農アブラヤシ生産認証制度に向けた研究:利害のフィットネス・生活の持続
  • 2013 - 2016 東南アジア・アブラヤシ生産地域におけるポリティカル・エコロジー研究
  • 2010 - 2012 焼畑地域固有の価値基準にもとづく地域発展の検討-カリマンタンの事例より
論文 (9件):
もっと見る
MISC (15件):
  • 寺内 大左. 大学教員として環境問題に取り組む. 環境報告書2017. 2017. 20
  • 寺内 大左. 焼畑民の生計戦略におけるラタン生産の位置づけ-東カリマンタン州西クタイ県ベシ村を事例として. 熱帯バイオマス社会. 2014. 21. 9-10
  • 寺内 大左. Livelihood strategies of local people and REDD+ in East Kalimantan. Proceedings of international seminar: Towards Sustainable Tropical Ecosystems Management for Green Economic Development. 2014. 175-185
  • 寺内 大左. アブラヤシ生産後の土地は誰のものになるのか. 『Indonesia Alternative Information』. 2012. 127. 6-10
  • 寺内 大左. 森の研究 私のテーマ(第13回)焼畑民の生活視点からアブラヤシ農園開発を考える. グリーン・パワー. 2012. 0. 0
もっと見る
書籍 (6件):
  • 東南アジアのアブラヤシ小農と農園企業:グローバル化に伴う行動様式変化とその影響
    晃洋書房 2018
  • Exploring Academic Frontiers for a Sustainable Future: Challenges for Japan-ASEAN Research Collaboration, Towards our Program Goal
    Kyoto University 2017
  • 東南アジア地域研究入門1環境
    慶応義塾大学出版会 2017
  • Monoculture farming: Global practices, ecological impact and benefits/drawbacks
    Nova Science Publishers Inc 2016
  • 日本・アジアの森林と林業労働
    川辺書林 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • ボルネオ島中央部生態系保全へのSDG等国際枠組みの活用-参加原則に関するインドネシアおよびマレーシアの比較検討
    (林業経済学会大会 2018)
  • 小農RSPO認証制度の背後にあるリスク
    (日本熱帯生態学会大会 2018)
  • 小規模アブラヤシ農家を対象としたRSPO認証制度の検討-アマナ農民協会を事例に
    (日本熱帯生態学会大会 2017)
  • A new approach to research on oil palm smallholders’ certification: “Suitability regarding stakeholders’ interests” and “sustainability in smallholders’ lives”
    (International Workshop “The Japan-ASEAN Collaborative Research Program on Innovative Humanosphere in Southeast Asia: In Search of Wisdom toward Compatibility Growth and Community in the World” 2016)
  • Network building and information sharing for better tropical forest conservation and utilization
    (日本森林学会大会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2013 東京大学大学院 農学国際専攻・博士課程
  • 2006 - 2008 東京大学大学院 農学国際専攻・修士課程
  • 2002 - 2006 信州大学 森林科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学大学院)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 東洋大学 社会学部 助教
  • 2016/04 - 2017/03 京都大学 東南アジア研究所 研究員
  • 2013/04 - 2016/03 東京大学大学院 総合文化研究所 日本学術振興会・特別研究員PD
  • 2010/04 - 2012/03 東京大学大学院 農学生命科学研究科 日本学術振興会・特別研究員DC2
所属学会 (6件):
林業経済学会 ,  日本文化人類学会 ,  日本森林学会 ,  日本熱帯生態学会 ,  国際開発学会 ,  環境社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る