研究者
J-GLOBAL ID:201801001353045851   更新日: 2021年05月24日

小澤 鉄太郎

オザワ テツタロウ | Ozawa Tetsutaro
所属機関・部署:
職名: 特任教授
研究分野 (1件): 神経内科学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2016 - 現在 シヌクレイノパチー患者における腸内細菌バイオマーカーの解析
  • 2012 - 現在 シヌクレイノパチーにおける消化管病理のスペクトラム:中枢病変との相関を解析
  • 2002 - 現在 多系統萎縮症の臨床および分子病態の研究
  • 2019 - 2022 シヌクレイノパチー前駆症状に関与する口腔微生物神経毒の定量的検討
  • 2012 - 2013 高齢者の「食の細さ」に関与する消化管神経と腸-脳軸機能の変化を解析する
全件表示
論文 (70件):
  • Giovanna Calandra-Buonaura, Enrico Alfonsi, Luca Vignatelli, Eduardo E. Benarroch, Giulia Giannini, Alex Iranzo, Phillip A. Low, Paolo Martinelli, Federica Provini, Niall Quinn, et al. Dysphagia in multiple system atrophy consensus statement on diagnosis, prognosis and treatment. Parkinsonism & Related Disorders. 2021
  • 小澤鉄太郎. 延髄と消化管ペプチド : シヌクレイノパチーでの考察. 脳神経内科. 2021. 94. 1. 166-171
  • Maria Teresa Pellecchia, Iva Stankovic, Alessandra Fanciulli, Florian Krismer, Wassilios G. Meissner, Jose-Alberto Palma, Jalesh N. Panicker, Klaus Seppi, Gregor K. Wenning, Paolo Barone, et al. Can Autonomic Testing and Imaging Contribute to the Early Diagnosis of Multiple System Atrophy? A Systematic Review and Recommendations by the Movement Disorder Society Multiple System Atrophy Study Group. Movement Disorders Clinical Practice. 2020. 7. 7. 750-762
  • Tetsutaro Ozawa, Hiroshi Shimizu, Hideaki Matsui, Osamu Onodera, Akiyoshi Kakita. Shrinkage of the myenteric neurons of the small intestine in patients with multiple system atrophy. Autonomic Neuroscience. 2019. 221. 102583-102583
  • Pietro Cortelli, Giovanna Calandra-Buonaura, Eduardo E. Benarroch, Giulia Giannini, Alex Iranzo, Phillip A. Low, Paolo Martinelli, Federica Provini, Niall Quinn, Eduardo Tolosa, et al. Stridor in multiple system atrophy: Consensus statement on diagnosis, prognosis, and treatment. Neurology. 2019. 93. 14. 630-639
もっと見る
MISC (71件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • 今日の診断指針 第8版
    医学書院 2020 ISBN:9784260038096
  • 神経・精神疾患による消化管障害ベッドサイドマニュアル
    中外医学社 2019 ISBN:9784498140486
  • 今日の治療指針 私はこう治療している 2018年版
    医学書院 2018
  • 自律神経機能検査 第5版(日本自律神経学会編)
    文光堂 2015 ISBN:9784830615436
  • アクチュアル脳・神経疾患の臨床 小脳と運動失調:小脳はなにをしているか
    中山書店 2013
講演・口頭発表等 (66件):
  • Difference in MSA phenotype distribution across populations
    (第56回日本神経学会学術大会 2015)
  • Abnormal ghrelin secretion contributes to gastrointestinal symptoms in multiple system atrophy patients
    (8th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience 2013)
  • Challenges in the antemortem diagnosis of multiple system atrophy
    (17th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders 2013)
  • Two cases of multiple system atrophy with floppy epiglottis
    (20th World Congress of the International Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies 2013)
  • 多系統萎縮症の消化器症状にはグレリンが関与する
    (第54回日本神経学会学術大会 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (新潟大学)
経歴 (6件):
  • 2014/12/01 - 現在 新潟大学 医歯学総合病院 魚沼地域医療教育センター 神経内科 特任教授
  • 2009/04/01 - 2014/11/30 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻 講師
  • 2009/04/01 - 2014/11/30 新潟大学 医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 講師
  • 2009/04/01 - 2014/11/30 新潟大学 医歯学総合病院 神経内科 講師
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 新潟大学 医歯学総合病院 助教
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2020/07 - 現在 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 評議員
  • 2020/04 - 現在 日本神経学会 第62回学術大会年次学術委員
  • 2017/01 - 現在 日本神経学会 専門医認定委員
  • 2014/10/30 - 現在 日本自律神経学会 評議員
  • 2010/01 - 2012/12 国際パーキンソン病・運動障害疾患学会 学会誌Movement Disorders編集委員
受賞 (4件):
  • 2012/06 - International Parkinson and Movement Disorder Society Outstanding Dedication and Service as EDITORIAL BOARD MEMBER (International Parkinson and Movement Disorder Society)
  • 2007/09 - ドイツ神経病理・神経解剖学会 Kurt Jellinger Prize 2007
  • 2005/04 - 新潟大学医学部学士会 平成17年度有壬記念学術奨励賞(臨床・予防医学部門)
  • 2005/01 - 英国神経病理学会 The Best Poster Prize at the 106th Meeting of the British Neuropathological Society
所属学会 (5件):
日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 ,  日本神経病理学会 ,  日本神経学会 ,  日本自律神経学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る