研究者
J-GLOBAL ID:201801002885836195   更新日: 2020年01月16日

榎本 剛史

エノモト ツヨシ | Enomoto Tsuyoshi
所属機関・部署:
職名: 講師
論文 (30件):
  • 黒川友博;植田貴徳;榎本剛史;山本, 雅由;丸山治彦;大河内信弘. 術前に肝内胆管癌と診断され,抗体検査から肝蛭症が疑われた1切除例. 日本消化器外科学会雑誌. 2012. 45. 4. 387-393
  • 黒川友博;山本, 雅由;植田貴徳;榎本剛史;大河内信弘. 原発性大網膿瘍の1切除例. 日本臨床外科学会雑誌. 2012. 73. 5. 1252-1256
  • Miyazaki, Yoshihiro;Oda, Tatsuya;Shimomura, Osamu;Enomoto, Tsuyoshi;Akashi, Yoshimasa;Hisakura, Katsuji;Ohara, Yusuke;Kimura, Sota;Hashimoto, Shinji;Ohkohchi, Nobuhiro. Retrocolic Gastrojejunostomy After Pancreaticoduodenectomy: A Satisfactory Delayed Gastric-Emptying Rate. Pancreas. 2019. 48. 4. 579-584
  • 大和田洋平;榎本剛史;大原佑介;久倉, 勝治;明石義正;小川光一;倉田昌直;小田竜也;大河内信弘. 当院における内視鏡的摘除後T1大腸癌に対する外科的追加切除の検討. 抄録集. 2018. 103
  • 大原佑介;榎本剛史;大和田洋平;久倉勝治;明石義正;小川光一;倉田昌直;小田, 竜也. ストーマ粘膜皮膚離開の予防に対して漿膜筋層-真皮縫合は有用である. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会雑誌. 2018. A62
もっと見る
書籍 (1件):
  • 消化器・肝臓内科
    2018
講演・口頭発表等 (39件):
  • 女性消化器外科医を増やすために
    (第73回日本消化器外科学会総会)
  • The Tight Adaptation at Pancreatic Anastomosis Without Parenchymal Laceration: An Institutional Experience in Introducing and Modifying the New Procedure
    (26th Meeting of Japanese-Society-of-Hepato-Biliary-Pancreatic-Surgery 2014)
  • 噴門側胃切除後再建術式の検討
    (第47回胃外科・術後障害研究会 2017)
  • 膵腺房細胞癌の異時性直腸転移に対して腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した 1例
    (第30回日本内視鏡外科学会総会 2017)
  • 腹腔鏡下噴門側胃切除後ダブルトラクト法再建の短期成績
    (第30回日本内視鏡外科学会総会 2017)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る