研究者
J-GLOBAL ID:201801005131565208   更新日: 2021年02月24日

鈴木 賢紀

スズキ マサノリ | Suzuki Masanori
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 反応工学、プロセスシステム工学
研究キーワード (5件): 微視構造解析 ,  機械学習 ,  熱力学 ,  界面物理化学 ,  高温プロセス
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2021 水熱環境での還元反応による製鋼スラグからの鉄とリンの分離回収
  • 2020 - 2020 高脱リン化を目指した溶融スラグ中2CaO・SiO2晶出相の構造設計
  • 2017 - 2019 リン含有ダイカルシウムシリケート化合物固溶体の高温相状態・相変化過程のその場同定解析
  • 2014 - 2017 Cr含有スラグの構成相におけるCr(VI)イオン固溶状態の解析
  • 2013 - 2014 表面微細孔を有する金属薄膜を利用した太陽光吸収・蓄熱による熱電変換の高効率化
全件表示
論文 (56件):
  • Masanori Suzuki, Yuma Ukisu, Norihiro Murayama. Lead extraction as metallic phase from waste lead oxide-containing glass by redox reaction in hydrothermal treatment. SN Applied Sciences. 2021
  • Naoya SAEKI, Masanori SUZUKI, Masashi NAKAMOTO, Toshihiro TANAKA, Ken KATOGI, Hiroaki KOSAKA, Kazuma DOZONO, Ryota ISHII. Effect of Molybdenum Layer Formed at the Inner Surface in Mo/MoO2-type Zirconia Oxygen Sensor on Continuous Measurement of Oxygen Content in Molten Steel. ISIJ International. 2021. 61. 3. 674-680
  • Masanori Suzuki, Honami Serizawa, Norimasa Umesaki. Phase Identification of Crystal Precipitated from Molten CaO-SiO2-FeOx-P2O5 Slag by High Temperature In-situ X-ray Diffraction. ISIJ International. 2020. 60. 12. 2765-2772
  • Effect of Sulfur in Slag on Dynamic Change Behavior of Liquid Iron/Molten Slag Interfacial Tension. 2020. 60. 11. 2332-2338
  • Akiko Ogawa, Reiji Tanaka, Nobumitsu Hirai, Tatsuki Ochiai, Ruu Ohashi, Karin Fujimoto, Yuka Akatsuka, Masanori Suzuki. Investigation of biofilms formed on steelmaking slags in marine environments for water depuration. International Journal of Molecular Sciences. 2020. 21. 18. 1-14
もっと見る
MISC (18件):
講演・口頭発表等 (16件):
  • In-situ phase determination of primary precipitated compound from molten phosphorus-containing slag
    (The 11th International Conference on Molten Slags, Fluxes, and Salts [MOLTEN 2021], Virtual, Korea 2021)
  • 非シリケート系酸化物ガラスに対する表面イオン緩和構造の解析
    (第41回日本熱物性シンポジウム 2020)
  • CaO-SiO2-P2O5-FeO4元系スラグ融体から晶出する高温相のその場同定
    (日本鉄鋼協会第178回秋季講演大会 2019)
  • 第一原理計算を用いたCa2SiO4化合物固溶体の高温相に対する構造安定性評価
    (日本鉄鋼協会第178回秋季講演大会 2019)
  • 軟X線XAFSを用いた酸化物系ガラスの表面構造緩和における酸素イオン構造の解析
    (日本鉄鋼協会第177回春季講演大会 2019)
もっと見る
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 大阪大学 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 准教授
  • 2016/08 - 2019/03 大阪大学 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 講師
  • 2011/04 - 2016/07 大阪大学 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 助教
  • 2010/04 - 2011/03 豪・クィンーズランド大学 PYROSEARCH Research Centre ポスドク研究員
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 日本金属学会 講演大会委員(第6分野)
  • 2017/01 - 2019/03 日本金属学会 分科会委員(第1分野)
  • 2016/01 - 2017/12 日本熱物性学会 評議員(関西地区)
受賞 (6件):
  • 2018/05 - 日本学術振興会製鋼第19委員会 優秀研究賞 溶鉄-溶融スラグの界面張力に及ぼす化学反応の影響
  • 2018/03 - 日本鉄鋼協会 澤村論文賞 溶鉄 -溶融 スラグ 間の化学反応による界面張力の動的変化
  • 2015 - 国立大学法人大阪大学 大阪大学総長奨励賞(研究部門) 大阪大学総長奨励賞(研究部門)
  • 2013 - MJIIT-JUC Joint International Symposium 2013 Best Paper Award Trial of Glass Recycling by Hydrothermal Processing
  • 2012 - 大阪大学グローバルCOEプログラム「構造・機能先進材料デザイン研究拠点」 グローバルCOE第2回論文賞 Distribution and Coordination State of Titanium Oxides in Microstructures formed by Spinodal Decomposition in Multicomponent Borosilicate Glass
全件表示
所属学会 (7件):
TMS ,  American Ceramic Society ,  日本原子力学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本熱物性学会 ,  日本金属学会 ,  日本鉄鋼協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る