研究者
J-GLOBAL ID:201801005460411807   更新日: 2021年06月06日

児島 功和

コジマ ヨシカズ | Kojima Yoshikazu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.ygu.ac.jp/profile/y-kojima.html
研究分野 (3件): 社会学 ,  教育学 ,  教育社会学
研究キーワード (11件): キャリア教育 ,  ライティング ,  高等教育論 ,  専門学校 ,  大学教職員 ,  初年次教育 ,  キャリア ,  学校から仕事への移行 ,  若年移行期 ,  大学教育 ,  高等教育
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2024 大学教育を担う「実務家教員」に関する基礎的研究
  • 2019 - 2023 効果的な評価を可能にするレポート論題についての実証研究
  • 2019 - 2022 専門学校教員のキャリア形成過程の類型化
  • 2016 - 2020 高等教育新興プロフェッションの養成メカニズムに関する実証的研究
  • 2016 - 2019 専門学校教員の「職業的アイデンティティ」-「役割認識・専門性認識」に着目して
全件表示
論文 (22件):
  • 二宮祐, 小山治, 児島功和. 「実務家教員」の系譜-政策と慣行. 関西大学高等教育研究. 2021. 12. 123-132
  • ロザリンド・ギル(翻訳, 児島功和, 竹端寛. 沈黙を破る-新自由主義化する大学の“隠された傷”. 法学論集. 2021. 87. 395-431
  • 二宮 祐, 小山 治, 浜島 幸司, 児島 功和. 「新しい専門職」として大学で働き続けたいのは誰か-任期の有無と仕事満足度に着目して. 大学教育学会誌. 2019. 41. 1. 117-126
  • 二宮 祐, 濱嶋 幸司, 小山 治, 児島 功和, 小島 佐恵子. 「第三の領域」における教職員についての一考察-学生支援、男女共同参画、地域貢献に関する職種を事例として. 経営情報学論集. 2019. 25. 59-70
  • 二宮 祐, 小島 佐恵子, 児島 功和, 小山 治, 濱嶋 幸司. 大学における新しい専門職のキャリアと働き方-聞き取り調査の結果から. 大学評価・学位研究(早期公開日:平成30年10月29日). 2019. 20
もっと見る
MISC (8件):
  • 児島 功和, 竹端 寛. 「意味のある授業」をつくる模索-ふたりの大学教員の試み. 教育. 2018
  • 児島 功和. 大変だけど成長につながる専門学校生の学び. ベネッセ教育総合研究所「専門学校生の学習と生活に関する実態調査」. 2017
  • 児島 功和. 階層と教育からみる若者の移行過程. 日本教育学会特別課題研究「若者の教育とキャリアに関する調査」並びに日本学術振興会科学研究費補助金(基盤A)(研究代表者 乾彰夫)「若年者の教育・職業の移行とキャリア形成に関するコーホート研究」報告書. 2014
  • 児島 功和. 「ノンエリート大学生」の教育と支援. 教育. 2014. 819
  • 乾 彰夫, 児島 功和, 西村 貴之, Andy Furlong. 高等教育の大衆化時代における「新しい不平等」-日英の若者移行調査比較から. 日本教育学会特別課題研究「若者の教育とキャリアに関する調査」並びに日本学術振興会科学研究費補助金(基盤A)(研究代表者 乾彰夫)「若年者の教育・職業の移行とキャリア形成に関するコーホート研究」報告書. 2012
もっと見る
書籍 (11件):
  • オンライン授業の地平 -2020年度の実践報告
    雷音学術出版 2021 ISBN:9784600007027
  • わかる・役立つ 教育学入門
    大月書店 2018 ISBN:9784272412419
  • 危機のなかの若者たち-教育とキャリアに関する5年間の追跡調査
    東京大学出版会 2017 ISBN:9784130513371
  • 反「大学改革」論-若手からの問題提起
    ナカニシヤ出版 2017 ISBN:9784779510816
  • 学生を思考にいざなうレポート課題
    ひつじ書房 2016 ISBN:9784894768277
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • 大学教員は自身の「困難」を共有できているのか? -大学教員の労働実態に関する研究の整理と調査から
    (唯物論研究協会第43回総会・研究大会 2020)
  • 専門学校教員のキャリア形成と専門性
    (日本教育学会第79回大会 2020)
  • レポート論題と評価の種類
    (大学教育学会第39回大会 2017)
  • 第三の領域に属する教職員養成の政策実施過程-分野を横断しての事例分析
    (日本高等教育学会第20回大会 2017)
  • レポート論題タキソノミーー剽窃が困難となる論題分析
    (大学教育学会第38回大会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2010 東京都立大学大学院 教育学専攻(博士課程)単位取得満期退学
  • 1999 - 2001 東京都立大学大学院 教育学専攻(修士課程)
  • 1995 - 1999 法政大学 社会学科
学位 (2件):
  • 修士(教育学) (東京都立大学)
  • 学士(社会学) (法政大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 山梨学院大学 学習・教育開発センター 准教授
  • 2019/04 - 現在 山梨学院大学 経営学部/学習・教育開発センター 准教授
  • 2018/04 - 2019/03 山梨学院大学 経営情報学部/学習・教育開発センター 准教授
  • 2015/04 - 2018/03 山梨学院大学 経営情報学部/学習・教育開発センター 特任准教授(テニュアトラック)
  • 2013/01 - 2015/03 岐阜大学 教育推進・学生支援機構キャリア支援部門 特任准教授
全件表示
所属学会 (6件):
初年次教育学会(機関会員) ,  日本教育政策学会 ,  大学教育学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本教育学会 ,  日本高等教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る