研究者
J-GLOBAL ID:201801006955284980   更新日: 2021年06月12日

伊藤 真利子

イトウ マリコ | Ito Mariko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 応用数学、統計数学 ,  数学基礎
研究キーワード (2件): Social networks ,  Collective decision making
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 社会ネットワーク上の意思表明タイミングに着目した集団意思決定の実証的・理論的研究
論文 (9件):
もっと見る
MISC (6件):
  • 伊藤毅, 伊藤真利子, 大西立顕. 医療施設の診療圏内の年齢階級別人口分布とその時空間変化. 情報処理学会 第83回全国大会講演論文集. 2021. 4-447-4-448
  • 竹澤 譲, 伊藤 真利子, 大西 立顕. LDAで求めた新聞記事のトピック割合と株価指数の関係性. 人工知能学会研究会資料 SIG-FIN-026. 2021
  • Mariko I. Ito, Sadato Yamanaka, Takeshi Aoyagi, Takaaki Ohnishi. Quantification of microphase separated structures from the viewpoint of multifractal. Proceedings of the 2020 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2020),. 2020. 480-483
  • Mariko I. Ito, Takaaki Ohnishi. Fractal Patterns in Spatial Distribution of Population by Age Group. arXiv:2005.03935. 2020
  • Mariko I. Ito, Takaaki Ohnishi. Weighted Network Analysis of Biologically Relevant Chemical Spaces. arXiv:1911.05259. 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • エラストマーの一軸伸長における架橋点間距離の変化のネットワーク構造依存性
    (日本コンピュータ化学会2021春季大会 2021)
  • Burstiness and accuracy of collective decision-making
    (DPG Spring Meeting 2021)
  • 意思表明間隔と意思決定の正確さ
    (2020年度 日本数理生物学会年会 2020)
  • マルチフラクタル解析によるミクロ相分離構造の特徴づけ
    (日本物理学会2020年秋季大会 2020)
  • Regional Difference of Store/Facility Agglomeration Observed in Japanese Telephone Directory Data
    (6th International Conference on Computational Social Science (IC2S2), Cambridge, MA USA 2020)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2013 - 2018 総合研究大学院大学 生命共生体進化学専攻 五年一貫制博士課程
学位 (1件):
  • 博士 (理学) (総合研究大学院大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 立教大学 大学院人工知能科学研究科 助教
  • 2019/04 - 2020/03 東京大学大学院 情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター 特任研究員
  • 2018/10 - 2019/03 総合研究大学院大学 先導科学研究科 特別研究員
受賞 (2件):
  • 2018/05 - 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除(半額)
  • 2010/05 - 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除(半額)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る