研究者
J-GLOBAL ID:201801007322065526   更新日: 2020年01月16日

東野 篤子

ヒガシノ アツコ | Higashino Atsuko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 国際関係論 ,  政治学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 西洋化と民主化のリンケージを阻む諸要因に関する比較分析
  • 2018 - 2022 研究拠点形成事業(A.先端拠点形成型)「流動化するグローバルなリベラル秩序におけるEUと日本:地域間研究の拠点形成」
  • 2015 - 2020 トルコのEU加盟問題の今日的課題とヨーロッパ国際関係をめぐる研究
  • 2011 - 2016 トルコのEU加盟プロセスをめぐる多角的研究--EU内部の政治過程及び米・EU・トルコ関係の観点から--
  • 2006 - 欧州連合(EU)の拡大政策の形成過程
全件表示
論文 (25件):
  • 東野,篤子. EUの対ウクライナ政策 --近隣諸国政策の成立からゼレンスキー政権の発足まで--. ロシア・ユーラシアの経済と社会. 2019. 1043. 14-27
  • 東野,篤子. ヨーロッパと一帯一路 脅威認識・落胆・期待の共存. 国際安全保障. 2019. 47. 1. 32-51
  • 東野,篤子. EUの東方パートナーシップ(EaP)政策の展開. ロシア・ユーラシアの経済と社会. 2019. 1034. 29-51
  • 東野,篤子. 中欧における「法の支配の危機」--EU内部に深まる亀裂. αシノドス. 2019. 259
  • Higashino,Atsuko. 国際関係と政治ーー西バルカン諸国とEU・NATO--. ユーゴ後継諸国の対外関係と国際関係に関する研究. 2017. 221-242
もっと見る
書籍 (20件):
  • ‘The Role of Security Discourses in the Eastern Enlargement of the European Union’
    2005
  • 『ヨーロッパの東方拡大』
    岩波書店 2006
  • 『EU統合の軌跡とベクトル』
    慶応義塾大学出版会 2006
  • 『EUの国際政治』
    慶應義塾大学出版会 2007
  • 『EUの対外関係』
    勁草書房 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • ‘War on Georgia and the EU’
    (*EMPTY*_European Union Studies Association Biannual Conference, Los Angeles, USA___ 2009)
  • ヨーロッパ統合の理論とEU拡大の現段階
    (*EMPTY*____ 2010)
  • EU拡大の現段階 - 2010年欧州委員会の『拡大戦略』を中心に
    (*EMPTY*____ 2010)
  • 規範的拡大の終焉?トルコのEU加盟問題をめぐる規範的アプローチの再検討
    (*EMPTY*____ 2010)
  • 「イースタン・パートナーシップ(EaP)諸国に対するEUの危機管理」
    (国際安全保障学会分科会II-2____ 2011)
もっと見る
委員歴 (2件):
  • 2016/10 - 2018/05 日本国際政治学会 日本国際政治学会 制度整備・自己点検タスクフォース
  • 2018/01 - 国際安全保障学会 編集委員会・編集委員
所属学会 (3件):
国際安全保障学会 ,  日本EU学会 ,  日本国際政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る