研究者
J-GLOBAL ID:201801008096035593   更新日: 2020年08月29日

有吉 健太郎

アリヨシ ケンタロウ | Ariyoshi Kentaro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (6件): 生態学、環境学 ,  遺伝学 ,  腫瘍生物学 ,  実験動物学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (2件): 環境放射線 ,  放射線生物学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2020 RNA 編集酵素 ADA1 の関与する DNA 修復機構の解明
  • 2019 - 2020 放射線被ばくマウスの組織・臓器における染色体異常解析
  • 2018 - 2019 福島県浪江町に生息するプラナリアを用いた低線量放射線の影響調査
  • 2017 - 2019 放射線影響モデル動物を利用した生物影響解明のための多元的アプローチ
  • 2017 - 2018 放射線被ばくマウスの組織・臓器における染色体異常解析
全件表示
論文 (8件):
  • Ojima Mitsuaki, Hirouchi Tokuhisa, Etani Reo, Ariyoshi Kentaro, Kai Michiaki. Dose-Rate-Dependent PU.1 Inactivation to Develop Acute Myeloid Leukemia in Mice through Persistent Stem Cell Proliferation after Acute or Chronic Gamma Irradiation. Radiation Research. 2019
  • Valerie Swee, Ting Goh, Fujishima Yohei, Abe Yu, Sakai Akira, Yoshida Mitsuaki, Ariyoshi Kentaro, Kasai Kosuke, Ruth C. Wilkins, William Francis Blakely, Miura Tomisato. Construction of fluorescence in situ hybridization (FISH) translocation dose-response calibration curve with multiple donor data sets using R, based on ISO 20046:2019 recommendations. International Journal of Radiation Biology. 2019
  • Ariyoshi Kentaro, Miura Tomisato, Kasai Kosuke, Fujishima Yohei, Nakata Akifumi, Yoshida Mitsuaki. Radiation-Induced Bystander Effect is Mediated by Mitochondrial DNA in Exosome-Like Vesicles. Scientific Reports. 2019
  • Ariyoshi Kentaro, Miura Tomisato, Kasai Kosuke, Nakata Akifumi, Fujishima Yohei, Yoshida Mitsuaki. Age Dependence of Radiation-Induced Genomic Instability in Mouse Hematopoietic Stem Cells. Radiation Research. 2018
  • Fujishima Yohei, Kanahama Syuki, Hagino Shigeki, Natsubori Shiori, Saito Hitoshi, Azumaya Ayaka, Ariyoshi Kentaro, Nakata Akifumi, Kasai Kosuke, Yamada Kyogo, Mariya Yasushi, Yoshida Mitsuaki, Miura Tomisato. Influence of anticoagulants and storage temperatures on blood counts and mitotic index of blood samples collected for cytogenetic biodosimetry. International Journal of Radiation Biology. 2018. 95. 2. 1-21
もっと見る
MISC (28件):
  • 三浦富智, 三浦富智, 越後谷直樹, TING Valerie Goh Swee, 伊東杏, 三上紗季, 柳舘快利, 藤嶋洋平, 有吉健太郎, 葛西宏介, 中田章史, 石橋恭之, 吉田光明. 超局所慢性被曝を受けた整形外科医の末梢血リンパ球における染色体異常解析. 日本整形外科学会雑誌. 2019. 93. 10. 774-779
  • 藤嶋 洋平, 有吉 健太郎, 中田 章史, Goh Valerie, 葛西 宏介, 小荒井 一真, 鈴木 正敏, 山城 秀昭, 木野 康志, 岡 壽崇, 篠田 壽, 吉田 光明, 三浦 富智. 放射線汚染地域に生息するアライグマにおける細胞遺伝学的解析. 日本放射線影響学会大会講演要旨集. 2018. 61回. 66-66
  • 庄司 莉那, 目黒 栞奈, 小松 一樹, 大平 拓也, 山城 秀昭, 藤嶋 洋平, ヴァレリー・ティング, 葛西 宏介, 中田 章史, 有吉 健太郎, 吉田 光明, 福本 学, 三浦 富智. 透明帯除去マウス卵子を用いた被災アライグマ精子の卵子侵入能の評価. 日本放射線影響学会大会講演要旨集. 2018. 61回. 99-99
  • 小松 一樹, 大平 拓也, 目黒 栞奈, 山城 秀昭, 藤嶋 洋平, ヴァレリー・ティング, 葛西 宏介, 中田 章史, 有吉 健太郎, 吉田 光明, 福本 学, 三浦 富智. 被災アライグマにおける卵巣の卵胞発育能の評価. 日本放射線影響学会大会講演要旨集. 2018. 61回. 66-66
  • 三浦富智, 三浦富智, 越後谷直樹, 藤嶋洋平, ゴー ヴァレリースイーティング, 有吉健太郎, 葛西宏介, 中田章史, 石橋恭之, 吉田光明. X線透視検査および手術に従事する整形外科医師における染色体異常解析. 日本放射線影響学会大会抄録(Web). 2018. 61st. 54 (WEB ONLY)-54
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • Radiobiology meets radioecology: Evidence for transgenerational and 'memory' effects after low doses of ionising radiation (opinion leader)
    (16th International Congress of Radiation Research (ICRR) 2019)
  • Current Status of Cytogenetic Biodosemetry in Radiation Emergency Medicine.(放射線医学における細胞遺伝学的線量評価の現況)
    (FNCA (Forum for Nuclear Cooperation in Asia) 放射線治療プロジェクトワークショップ オープンレクチャー 2014)
学歴 (4件):
  • 2006 - 2007 京都大学大学院 医学系研究科 生理系専攻 博士後期課程 (教授:渡邉 正己)
  • 2003 - 2006 長崎大学大学院 医歯薬学研究科 博士後期課程 (教授:渡邉 正己)
  • 2001 - 2003 長崎大学大学院 医歯薬学研究科 博士前期課程修了(教授:渡邉 正己)
  • 1996 - 2001 長崎大学 薬学部 薬科学科 (薬剤師免許取得)
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2019/10 - 現在 福島県立医科大学 准教授
  • 2014/04 - 2019/09 弘前大学 助教
  • 2012/11 - 2014/03 独立行政法人 放射線医学総合研究所 博士研究員
  • 2009/07 - 2012/10 The Wistar Institute 博士研究員
  • 2007/07 - 2009/06 独立行政法人 放射線医学総合研究所 博士研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2014/04 - 現在 ISO/TC85/SC2国際企画会議役員
  • 2014/04 - 2019/09 弘前大学福島県浪江町支援活動WG委員
  • 2014/04 - 2019/09 弘前大学生体応答科学研究センター委員
  • 2014/04 - 2016/03 日本放射線影響学会 放射線災害対応委員会委員
  • 2008/04 - 2009/03 若手放射線生物学研究会運営委員
受賞 (1件):
  • 2008/11 - 日本放射線影響学会 JRR寺島論文賞受賞
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本放射線影響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る