研究者
J-GLOBAL ID:201801009134174949   更新日: 2020年07月08日

野呂 林太郎

Noro Rintaro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 呼吸器内科学
研究キーワード (1件): 基礎と臨床の掛橋
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 タンパク質・ペプチド修飾解析による早期がん・リスク疾患診断のための血液バイオマーカーの開発
  • 2017 - 2019 非小細胞肺がんの転移活性を評価し、術後補助化学療法の効果を予測するバイオマーカーの実用化に関する研究
  • 2016 - 2019 ドライバー遺伝子異常肺癌の薬剤耐性機序における長鎖ノンコーディング RNAの意義
  • 2016 - 2019 4遺伝子シグネチャーによるI期肺腺癌再発予測システムの構築
  • 4遺伝子シグネチャーによるI期肺腺癌の再発予測システムの構築 国際共同試験
論文 (20件):
  • Fukuizumi Aya, Minegishi Yuji, Omori Miwako, Atsumi Kenichiro, Takano Natsuki, Hisakane Kakeru, Takahashi Satoshi, Kobayashi Kenichi, Sugano Teppei, Takeuchi Susumu, Noro Rintaro, Seike Masahiro, Kubota Kaoru, Azuma Arata, Gemma Akihiko. Weekly paclitaxel in combination with carboplatin for advanced non-small-cell lung cancer complicated by idiopathic interstitial pneumonias: a single-arm phase II study. International journal of clinical oncology. 2019
  • Noro Rintaro, Miyanaga Akihiko, Fukuizumi Aya, Kunugi Shinobu, Sugano Teppei, Omori Miwako, Minegish Yuji, Usuda Jitsuo, Seike Masahiro, Kubota Kaoru, Hirao Mamiko, Matsuda Kuniko, Gemma Akihiko. Genomic profiling of lung cancer associated with idiopathic pulmonary fibrosis. CANCER RESEARCH. 2019. 79. 13
  • Nakamichi Shinji, Masahiro Seike, Miyanaga Akihiko, Takahashi Akiko, Noro Rintaro, Kubota Kaoru, Gemma Akihiko. Overcoming drug-tolerant cancer cell subpopulations showing AXL activation and epithelial-mesenchymal transition is critical in conquering ALK-positive lung cancer. CANCER RESEARCH. 2019. 79. 13
  • Tanaka Mayuri, Hoashi Toshihiko, Ichiyama Susumu, Noro Rintaro, Seike Masahiro, Kubota Kaoru, Gemma Akihiko, Funasaka Yoko, Saeki Hidehisa. Eczematous reactions mimicking psoriasiform dermatitis induced by nivolumab for advanced lung cancer. The Australasian journal of dermatology. 2019. 60. 1. e67-e68
  • Noro Rintaro, Omori Miwako, Fukuizum Aya, Yoshikawa Akiko, Sugano Teppai, Takano Natsuki, Hisagane Kakeru, Minegishi Yuji, Miyanaga Akihiko, Seike Masahiro, Kubota Kaoru, Gemma Akihiko. The role of polo-like kinase1 inhibition in Small Cell Lung Carcinomas. ANNALS OF ONCOLOGY. 2018. 29
もっと見る
MISC (351件):
  • 高橋 聡, 清家 正博, 湯浅 瑞希, 清水 理光, 高野 夏希, 福泉 彩, 中道 真仁, 菅野 哲平, 峯岸 裕司, 野呂 林太郎, 久保田 馨, 弦間 昭彦. 当院における免疫チェックポイント阻害薬併用薬物療法の後方視的検討. 第60回日本肺癌学会学術集会. 2019. 59. 6. 792-792
  • 宮寺 恵希, 中道 真仁, 宮下 稜太, 清水 理光, 菅野 哲平, 峯岸 裕司, 野呂 林太郎, 久保田 馨, 清家 正博, 弦間 昭彦. 肺癌の薬物療法中に上腸間膜動脈症候群を合併した2例. 日本内科学会関東地方会. 2019. 655回. 45-45
  • 清水 理光, 中道 真仁, 宮下 稜太, 宮寺 恵希, 村田 泰規, 菅野 哲平, 峯岸 裕司, 野呂 林太郎, 廣瀬 敬, 久保田 馨, 清家 正博, 弦間 昭彦. 高齢者進行再発非小細胞肺癌に対する抗PD-1/PD-L1抗体の有効性と安全性の検討. 肺癌. 2019. 59. 6. 731-731
  • 宮寺 恵希, 中道 真仁, 宮下 稜太, 清水 理光, 菅野 哲平, 峯岸 裕司, 野呂 林太郎, 久保田 馨, 清家 正博, 弦間 昭彦. 肺癌の薬物療法中に上腸間膜動脈症候群を合併した2例. 日本内科学会関東地方会. 2019. 655回. 45-45
  • 高野 夏希, 峯岸 裕司, 久金 翔, 高橋 聡, 菅野 哲平, 宮永 晃彦, 野呂 林太郎, 久保田 馨, 清家 正博, 弦間 昭彦. 進行再発非小細胞肺癌に対するアテゾリズマブ単剤療法の有効性と安全性に関する後方視的検討. 日本医科大学医学会雑誌. 2019. 15. 4. 241-242
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (1件):
  • 米国視覚障害児教育プログラムを経験して -米国留学を通して-
    (視覚障害リハビリテーション大会 2016)
学位 (1件):
  • 医学 (日本医科大学)
経歴 (4件):
  • 1997/05 - 現在 日本医科大学 大学院医学研究科 呼吸器内科
  • 1997/03 - 現在 日本医科大学卒業
  • 2013/09 - 2015/10 Laboratory of Human Carcinogenesis/National Cancer Institute
  • 2008/10 - 2010/09 国立がん研究センター研究所化学療法部
委員歴 (1件):
  • 2017 - 現在 日本呼吸器学会 代議員
受賞 (3件):
  • 2016/05 - 日本医科大学 日本医科大学同窓会記念助成
  • 2007/09 - 日本医科大学 丸山記念助成
  • 2006/11 - 日本肺癌学会総会 日本肺癌学会総会ポスター賞
所属学会 (6件):
日本家族性腫瘍学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本内科学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本呼吸器学会 ,  世界肺癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る