研究者
J-GLOBAL ID:201801009265312522   更新日: 2020年06月18日

相内 大吾

Aiuchi Daigo
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 植物保護科学 ,  昆虫科学
研究キーワード (9件): 貯穀害虫 ,  応用昆虫学 ,  衛生害虫 ,  農業害虫 ,  生物防除 ,  ベクターコントロール ,  昆虫寄生菌 ,  害虫管理 ,  IPM
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2019 - 2022 ベクター蚊におけるフィラリア媒介能獲得機構の遺伝学的分子基盤の解明
  • 2019 - 2022 真菌・細菌・細胞内共生微生物による病原体媒介蚊のパラトランスジェネシス
  • 2018 - 2020 昆虫寄生菌によるハマダラカ行動制御機構の分子基盤
  • 2016 - 2019 原虫ヴェノムデリバリーシステムを用いたベクター媒介性感染症制御法の開発
  • 2014 - 2019 ベクター病原体媒介能におけるビオティック・アビオティック因子の相関に関する研究
全件表示
論文 (35件):
  • 谷 昌幸, 古林直太, 木下林太郎, 相内大吾. 北海道十勝地域のナガイモ栽培圃場における土壌断面形態と土壌分類. ペドロジスト. 2020. 印刷中
  • D. Aiuchi, R. Hatanaka, M. Koike, H. Kanuka. Comparison of infection dynamics using two strains of Beauveria bassiana which have different virulence in Anopheles stephensi. International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins. 2020. 150. 1-5
  • S. Ishikura, D.R. Moyo, M. Koike, D. Aiuchi. Effect of Lecanicillium app. against eggs of greenhouse whitefly, Trialeurodes vaporariorum and sweetpotato whitefly Bemisia tabaci. International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins. 2020. 150. 21-25
  • K. Yamazaki, Y. Tomita, S. Asano, D. Aiuchi, M. Koike. Antifungal activity of entomopathogenic Bacillus thuringiensis. International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins. 2020. 150. 158-160
  • Y. Tomita, K. Yamazaki, D. Aiuchi, S. Asano, M. Koike. Plant disease control and PGPR effects by entomopathogenic Bacillus thuringiensis. International Organization for Biological and Integrated Control of Noxious Animals and Plants / West Palaearctic Regional Section Bulletins. 2020. 150. 170-173
もっと見る
MISC (30件):
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (3件):
  • アフリカ昆虫学 : 生物多様性とエスノサイエンス
    海游舎 2019 ISBN:9784905930655
  • 新しい農薬原体・キー中間体の創製2011 細胞融合を利用した新規微生物農薬の開発
    シーエムシー出版 2011
  • Soybean / Physiology and Biochemistry
    2011
講演・口頭発表等 (41件):
  • ベクターとしての死:昆虫寄生菌で病原体の伝搬を封じ込める
    (第64回日本応用動物昆虫学会. The World of Entomoparasitic Fungi ~ めくるめく昆虫寄生菌の世界 2020)
  • 昆虫寄生菌による感染症媒介昆虫の行動制御
    (第92回日本細菌学会総会 2019)
  • IPMについて2018
    (北海道岩見沢農業高校スーパー・サイエンス・ハイスクール 2018)
  • 昆虫寄生菌による感染症ベクターの行動制御
    (第13回昆虫病理研究会シンポジウム 2018)
  • JICA「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術」コース
    (2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 岩手大学大学院 連合農学研究科 生物生産科学専攻
  • 2004 - 2006 帯広畜産大学 畜産学研究科 畜産環境科学専攻
  • 1999 - 2004 帯広畜産大学 畜産学部 畜産環境科学科
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 帯広畜産大学 助教
  • 2015/04 - 現在 帯広畜産大学 助教
  • 2013/04 - 2017/03 帯広畜産大学 助教
  • 2009/04 - 2013/03 帯広畜産大学 特任助教
受賞 (6件):
  • 2018/09 - 昆虫病理研究会 学生優秀発表賞 タバココナジラミ卵の成熟度合が昆虫寄生菌Lecanicillium spp.の感染に与える影響
  • 2018/09 - 昆虫病理研究会 学生優秀発表賞 病原力の異なるBeauveria bassiana 2系統を用いたハマダラカ体内での感染動態の比較
  • 2018/03 - 日本応用応用動物昆虫学会 ポスター賞 昆虫寄生菌Lecanicillium spp.が2種コナジラミ卵の孵化および孵化幼虫に与える影響
  • 2015/03 - 日本応用応用動物昆虫学会 ポスター賞 昆虫寄生菌は感染症媒介蚊の宿主探索行動を阻害する
  • 2014/09 - 昆虫病理研究会 最優秀ポスター賞 昆虫寄生性ベクター研究に供試する産卵不能な寄生蜂の作出と行動観察
全件表示
所属学会 (7件):
Society for Invertebrate Pathology ,  日本ICIPE協会 ,  北日本病害虫研究会 ,  昆虫病理研究会 ,  日本植物病理学会 ,  日本衛生動物学会 ,  日本応用動物昆虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る