研究者
J-GLOBAL ID:201801012045729865   更新日: 2020年05月21日

折茂 彰

Orimo Akira
所属機関・部署:
職名: 主任教授
ホームページURL (1件): https://a-orimo.wixsite.com/mysite
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  腫瘍生物学
研究キーワード (7件): Patient-derived tumor xenografts (PDX) ,  大腸癌 ,  乳癌 ,  上皮間葉移行 ,  癌浸潤・転移 ,  癌内線維芽細胞 ,  癌微小環境
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2022 胆管癌悪性化における癌内線維芽細胞の役割の解明と新規治療への応用
  • 2018 - 2021 癌内線維芽細胞による舌癌悪性化機構の解明
  • 2018 - 2021 大腸癌細胞による癌促進性ニッチ構築機構の解明
  • 2018 - 2021 癌促進性癌内線維芽細胞の予後予測バイオマーカーの同定
  • 2016 - 2019 Metastatic dormancy活性化nicheの分子機構の解明と癌転移治療への応用
全件表示
論文 (23件):
  • Mizukoshi K, Okazawa Y, Haeno H, Koyama Y, Sulidan K, Komiyama H, Saeki H, Ohtsuji N, Ito Y, Kojima Y, Goto M, Habu S, Hino O, Sakamoto K, Orimo A. Metastatic seeding of human colon cancer cell clusters expressing the hybrid epithelial/mesenchymal state. International Journal of Cancer, published on line. 2019
  • Mezawa Y, Daigo Y, Takano A, Miyagi Y, Yokose T, Yamashita T, Morimoto C, Hino O, Orimo A. CD26 expression is attenuated by TGF-β and SDF-1 autocrine signaling on stromal myofibroblasts in human breast cancers. Cancer Med. 2019. 8(8). 3936-3948
  • Matsumura Y, Ito Y, Mezawa Y, Sulidan K, Daigo Y, Hiraga T, Mogushi K, Wali N, Polanska UM, Suzuki H, Itoh T, Miyagi Y, Yokose T, Shimizu S, Takano A, Terao Y, Saeki H, Ozawa M, Abe M, Takeda S, Okumura K, Habu S, Hino O, Takeda K, Hamada M, Orimo A. Stromal fibroblasts induce metastatic tumor cell clusters via epithelial-mesenchymal plasticity. Life Science Alliance. 2019. 2(4)
  • Go J. Yoshida, Arata Azuma, Yukiko Miura, Akira Orimo. Activated fibroblast program orchestrates tumor initiation and progression; Molecular mechanisms and the associated therapeutic strategies. International Journal of Molecular Sciences. 2019. 20(9)
  • Ito Yasuhiko, Matsumura Yuko, Mezawa Yoshihiro, Sulidan Kaidiliavi, Wali Nadila, Terao Yasuhiko, Takeda Satoru, Okumura Ko, Takeda Kazuyoshi, Hino Okio, Orimo Akira. Activation of Src signaling mediates carcinoma-associated fibroblast-promoted metastasis in human breast cancers. CANCER SCIENCE. 2018. 109. 919
もっと見る
MISC (21件):
  • 目澤 義弘, 折茂 彰. 「CAFsのバイオロジー概論: CAFsの癌促進能、細胞多様性およびエピゲノム変異に焦点をあてて」. 9月号2019年『医学のあゆみ』医歯薬出版株式会社. 2019
  • 岡澤 裕, 水越 幸輔, 大久保 捷奇, Kaidiliavi Sulidan, 小山 侑, 小島 豊, 五藤 倫敏, 折茂 彰, 坂本 一博. 中間型上皮間葉移行による患者大腸癌細胞クラスターの転移への寄与. 日本消化器外科学会総会. 2017. 72回. RS1-16
  • 大久保 捷奇, 水越 幸輔, 岡澤 裕, 波江野 洋, 小見山 博光, 佐伯 春美, 伊藤 恭彦, 五藤 倫敏, 渡辺 純夫, 樋野 興夫, 坂本 一博, 折茂 彰. 大腸癌PDXモデルマウスにおける細胞クラスターによる転移形成. 日本癌学会総会記事. 2016. 75回. P-2030
  • 折茂 彰. がん転移予防を考える~がん微小環境の立場より~. 日本がん予防学会 News Letter. 2016. 87
  • 折茂 彰. 私のメンター~受け継がれる研究の心~ Robert A. Weinberg -我ががん研究者の親父 Bob-. 実験医学. 2016. 34. 6. 984
もっと見る
特許 (5件):
講演・口頭発表等 (31件):
  • ITGA11-fibronectinカスケードを介する癌関連肺線維芽細胞の遊走能の解明
    (第60回日本肺癌学会学術集会 大阪 2019)
  • 患者大腸癌細胞集団の中間型上皮間葉移行を介した浸潤・転移機構
    (第30回 日本消化器癌発生学会総会 2019)
  • 癌内線維芽細胞による癌細胞の浸潤・転移促進機構
    (東京歯科大学大学院セミナー 2019)
  • Forkhead box protein O1 mediates the activated myofibroblastic state in carcinoma-associated fibroblasts.
    (第78回日本癌学会学術総会 京都 2019)
  • RUNX3 expression mediates cross-talk between TGF-β and SDF-1 signaling and WNT-β-catenin signaling in human breast CAFs.
    (第78回日本癌学会学術総会 京都 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1989 - 1994 東京大学 医学系 第三種博士課程
  • 1983 - 1989 順天堂大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (10件):
  • 2020/03 - 現在 順天堂大学医学部 主任教授
  • 2012/06 - 2020/02 順天堂大学医学部 准教授
  • 2007/07 - 2012/06 パターソン癌研究所 グループリーダー
  • 2000/09 - 2007/07 マサチューセッツ工科大学
  • 2000 - 2002 埼玉医科大学 講師
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020/03 - 高松宮妃癌研究基金 令和元年度高松宮妃癌研究基金助成金 (http://www.ptcrf.or.jp/academic/grant.html) トラスツズマブ治療抵抗性乳癌における癌内線維芽細胞の役割
  • 2010 - 順天堂大学医学部同窓会学術奨励賞
  • 1997 - ノバルティス老化および老年医学研究基金
  • 1995 - 埼玉医科大学丸木記念特別賞
所属学会 (5件):
日本癌学会 (2011年~現在) ,  日本消化器癌発生学会・代議員 (2017年~現在) ,  中央臨床研究会世話人(2014年~現在) ,  Editorial Board Members: Cancers (I.F.=6.162, 2018~ present) https://www.mdpi.com/journal/cancers/editors ,  Editorial Board Members: Scientific Reports (I.F.=4.525, 2019~ present) https://www.nature.com/srep/about/editors
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る