研究者
J-GLOBAL ID:201801013674961661   更新日: 2020年10月15日

黒谷 亨

Kurotani Tohru
研究分野 (1件): 神経科学一般
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2010 - 2012 睡眠・覚醒時の脳活動パターンに依存するシナプス可塑性の研究
  • 2000 - 2004 大脳皮質視覚野のシナプス可塑性と反応選択性の発達
  • 2001 - 2002 大脳皮質視覚野における可塑性の感受性期終了機構
  • 2001 - 2002 大脳皮質視覚野長期増強誘発に伴う遺伝子発現に関する研究
  • 1997 - 1998 大脳皮質神経回路形成(自己組織化)のin vitro的研究
全件表示
論文 (14件):
  • 岡ノ谷 一夫, 黒谷 亨. 【こころの時間学の未来】動物の計時行動と後部帯状回遅延カスケードモデル. BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2017. 69. 11. 1223-1232
  • Ken'ichi Nixima, Kazuo Okanoya, Noritaka Ichinohe, Tohru Kurotani. Fast voltage-sensitive dye imaging of excitatory and inhibitory synaptic transmission in the rat granular retrosplenial cortex. Journal of neurophysiology. 2017. 118. 3. 1784-1799
  • Hiroshi Abe, Toshiki Tani, Hiromi Mashiko, Naohito Kitamura, Naohisa Miyakawa, Koki Mimura, Kazuhisa Sakai, Wataru Suzuki, Tohru Kurotani, Hiroaki Mizukami, et al. 3D reconstruction of brain section images for creating axonal projection maps in marmosets. Journal of neuroscience methods. 2017. 286. 102-113
  • Tohru Kurotani, Toshio Miyashita, Marie Wintzer, Tomokazu Konishi, Kazuhisa Sakai, Noritaka Ichinohe, Kathleen S Rockland. Pyramidal neurons in the superficial layers of rat retrosplenial cortex exhibit a late-spiking firing property. Brain structure & function. 2013. 218. 1. 239-54
  • Eiji Matsunaga, Tohru Kurotani, Kenta Suzuki, Kazuo Okanoya. Type-II cadherins modulate neural activity in cultured rat hippocampal neurons. Neuroreport. 2011. 22. 13. 629-32
もっと見る
MISC (24件):
  • 黒谷 亨, 関 義正. 【感情の起源-その生物・社会進化】情動の神経生物学的基盤. 遺伝: 生物の科学. 2013. 67. 6. 649-654
  • 黒谷 亨. 覚醒を考える awake;arousal、attention、そしてcognition 睡眠覚醒状態に依存した大脳皮質シナプス伝達の可塑的変化. 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2012. 37回. 193-193
  • Tohru Kurotani, Kazuhisa Sakai, Noritaka Ichinohe, Kazuo Okanoya, Kathleen S. Rockland. Morphometric analysis of late-spiking pyramidal neurons in layer 2 of the rat retrosplenial cortex. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E134-E134
  • 谷 利樹, ロックランド・キャサリン, 黒谷 亨, 一戸 紀孝. コモンマーモセットにおける生体内線維結合イメージングの試み. 解剖学雑誌. 2010. 85. Suppl. 112-112
  • 黒谷 亨, 小松 由紀夫. 【睡眠と脳回路の可塑性】睡眠と抑制性シナプス伝達. 生体の科学. 2009. 60. 4. 269-275
もっと見る
書籍 (2件):
  • 大脳皮質視覚野長期増強誘発に伴う遺伝子発現に関する研究
    [出版者不明] 2003
  • 絵でわかる脳のはたらき
    講談社 2002 ISBN:4061534335
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る