研究者
J-GLOBAL ID:201801013860719919   更新日: 2020年07月03日

横山 悟

Yokoyama Satoru
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 腫瘍生物学
研究キーワード (2件): がん遺伝子 ,  腫瘍生物学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 悪性黒色腫におけるがん遺伝子とがん抑制遺伝子からみる表現型の差異
  • 2016 - 2018 悪性黒色腫の新規治療法を目指した転写因子SOX10の機能解析
  • 2012 - 2015 新規に同定された変異型MITFは、がん特異的機能を有しているのか?
論文 (12件):
  • Haryuni RD, Watabe S, Yamaguchi A, Fukushi Y, Tanaka T, Kawasaki Y, Zhou Y, Yokoyama S, Sakurai H. Negative feedback regulation of ErbB4 tyrosine kinase activity by ERK-mediated non-canonical phosphorylation. Biochemical and biophysical research communications. 2019. 514. 2. 456-461
  • 横山 悟. Lac water extract inhibits IFN-g signaling through JAK2-STAT1-IRF1 axis in human melanoma. RSC advances. 2018. 8. 21534-21540
  • Iwakami Y, Yokoyama S, Watanabe K, Hayakawa Y. STAM-binding protein regulates melanoma metastasis through SLUG stabilization. Biochem Biophys Res Commun. 2018. 507. 484-488
  • Watanabe K, Yokoyama S, Kaneto N, Hori T, Iwakami Y, Kato S, Hayakawa Y, Sakurai H, Fukuoka J, Saiki I. COP9 signalosome subunit 5 regulates cancer metastasis by deubiquitinating SNAIL. Oncotarget. 2018. 9. 20670-20680
  • Habibie, Yokoyama S, Abdelhamed S, Awale S, Sakurai H, Hayakawa Y, Saiki I. Survivin suppression through STAT3/β-catenin is essential for resveratrol-induced melanoma apoptosis. International journal of oncology. 2014. 45. 2. 895-901
もっと見る
MISC (1件):
  • 周 越, 山田 直樹, 田中 智大, 堀 隆, 横山 悟, 早川 芳弘, 矢野 聖二, 福岡 順也, 小泉 桂一, 済木 育夫, 櫻井 宏明. RSKを介したEphA2 Ser-897リン酸化による細胞運動の制御機構. 日本癌学会総会記事. 2015. 74回. P-3038
学位 (1件):
  • 博士(医) (東北大学)
経歴 (4件):
  • 2019/01 - 現在 富山大学 准教授
  • 2011/04 - 2018/12 富山大学和漢医薬学総合研究所 助教
  • 2008/08 - 2011/03 皮膚生物学研究所 研究員
  • 2006/07 - 2008/07 ダナ・ファーバー癌研究所 研究員
所属学会 (5件):
和漢医薬学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本がん転移学会 ,  日本がん分子標的治療学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る