研究者
J-GLOBAL ID:201801015474376627   更新日: 2021年05月31日

安倍 雅史

アベマサシ | ABE Masashi
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (3件): 博物館学 ,  文化財科学 ,  考古学
研究キーワード (5件): 原エラム ,  ディルムン ,  メソポタミアと周辺地域の交流史 ,  西アジアにおける遊牧民の出現過程 ,  西アジアにおける農耕・牧畜の起源
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2023 新学術領域研究(研究領域提案型)イラン東部へのウルク文化の拡大に関する考古学的研究
  • 2019 - 2023 基盤研究(S)中東部族社会の起源:アラビア半島先原史遊牧社会の包括的研究(研究分担者)
  • 2017 - 2020 基盤研究(C)ザグロス地域における農耕・牧畜の起源に関する考古学的研究
  • 2014 - 2019 基盤研究(B)ディルムン文明の起源-バハレーン島における古墳群の考古学的調査研究(研究分担者)
  • 2014 - 2017 若手研究(B)肥沃な三日月地帯の東翼ザグロス地域における新石器化に関する考古学的研究
全件表示
論文 (59件):
  • Masashi ABE, Akinori UESUGI. Reconsidering the Data of Riffa Type Burial Mounds in the Early Dilmun Period: New Radiocarbon Data from Wadi al-Sail, Bahrain. AL-Rafidan. 2021. 42. 75-85
  • 安倍雅史, 上杉彰紀, 岡崎健治, 佐々木蘭貞, 間舎裕生. ディルムンを掘るーバハレーン、ワーディー・アッ=サイル考古学プロジェクト2020ー. 第28回西アジア発掘調査報告会報告集. 2021. 85-88
  • Morteza Khanipour, Kamalaldin Niknami, Masashi Abe. Challenges of the Fars Neolithic Chronology: An Appraisal. Radiocarbon Online. 2020. 1-20
  • Mohammad Hossein Azizi Kharanaghi, Sepideh Jamshidi Yeganeh, Masashi ABE, Afshin Akbari. شواهدی جدید از کاسۀ لبه‌واریخته از محوطۀ کله‌کوب، استان خراسان جنوبی (Beveled Rim Bowls from Eastern Iran). Parseh Journal of Archaeological Studies. 2020. 4. 12. 29-48
  • Takeshi Gotoh, Kiyohide Saito, Masashi Abe, Akinori Uesugi. Excavations at Wadi al-Sail, Bahrain 2015-2019. Proceedings of the Seminar for Arabian Studies. 2020. 50. 169-186
もっと見る
MISC (18件):
  • 安倍雅史. 第6章 バハレーン ワーディー・アッ=サイル古墳群 ー ディルムンの起源を探る. 『オリエント古代の探求-日本人研究者が行く最前線-』(中央公論新社). 2021. 135-156
  • 安倍雅史. 西アジア. 文化遺産国際協力コンソーシアム 国際協力調査『海域ネットワークと文化遺産 令和2年度調査報告書』(文化遺産国際協力コンソーシアム). 2021. 33-36
  • 安倍雅史. レバノン・ベイルートにおける被災文化遺産の現状と国際支援. ICOMOS Japan Information Vol.11, No. 7. 2020. 24
  • 安倍雅史. 18 研究・支援・普及で世界をむすぶ シリア文化財の支援. シリーズ「遺跡を学ぶ 別冊05 ビジュアル版考古学ガイドブック」(小野昭著、新泉社). 2020. 74-75
  • 安倍雅史. 失われた遺産 アフガニスタン/シリア/イエメン他. TRANSIT第48号「美しき古代文明への旅」. 2020. 130-136
もっと見る
書籍 (17件):
  • オリエント古代の探求ー日本人研究所が行く最前線ー
    中央公論新社 2021
  • イラン国立博物館コレクションが語るイランの歴史(イラン国立博物館展示カタログ日本語版)
    イラン国立博物館 2019
  • ローマ宗教文化事典
    原書房 2019
  • Decades in Deserts: Essays on Near Eastern Archaeology in honour of Sumio Fujii
    Rokuichi Syobou 2019
  • 消滅遺産 もう見られない世界の偉大な建造物
    日経ナショナルジオグラフィック社 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (113件):
  • イラン・カレ・クブ遺跡考古学プロジェクトー最果ての南メソポタミア・ウルク文化の交易拠点の発見ー
    (『オリエント古代の探求』出版記念セミナー(オンライン開催) 2021)
  • イラン・カレ・クブ考古学プロジェクト
    (第1回文化遺産国際協力センター定例勉強会(オンライン開催) 2021)
  • ディルムンを掘るーバハレーン、ワーディー・アッ=サイル考古学プロジェクト2020-
    (第28回回西アジア発掘調査報告会(オンライン開催) 2021)
  • バハレーンにおける新石器時代研究の現状
    (基盤研究(S)「中東部族社会の起源」第3回研究会(オンライン) 2021)
  • 西アジア地域
    (文化遺産国際協力コンソーシアム令和2年度国際協力調査「海域ネットワークと文化遺産」意見交換会 2021)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2003 - 2008 The University of Liverpool,
  • 2001 - 2006 東京大学大学院 基礎文化研究専攻 考古学博士課程
  • 1999 - 2001 東京大学大学院 基礎文化研究専攻 考古学修士課程
  • 1995 - 1999 東京大学 歴史文化学科 考古学専修課程
  • 1992 - 1995 私立巣鴨高校
学位 (1件):
  • PhD (The University of Liverpool)
経歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター 主任研究員
  • 2018/10 - 現在 東京藝術大学 大学院美術研究科文化財保存学専攻 准教授(連携)
  • 2019/04 - 2021/03 金沢大学 客員准教授
  • 2016/07 - 2021/03 東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター 研究員
  • 2014/04 - 2017/03 金沢大学 国際文化資源学研究センター 客員准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2021 - 現在 Editorial Board, Iranian Journal of Archaeology and Archaeological Sciences
  • 2020 - 現在 The International Association for Archaeological Reseacrh in Western and Central Asia Heritage Liaison Group
  • 2018/04 - 現在 文化遺産国際協力コンソーシアム 西アジア分科会委員
  • 2016/06 - 現在 日本西アジア考古学会 企画役員
受賞 (2件):
  • 2013 - 日本オリエント学会 第35回日本オリエント学会奨励賞(2013年度)
  • 2006 - World Archaeological Congress World Archaeological Congressポスター優秀賞
所属学会 (2件):
日本オリエント学会 ,  日本西アジア考古学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る