研究者
J-GLOBAL ID:201801015637695946   更新日: 2019年06月27日

滝野 正二郎

タキノ ショウジロウ | Takino Shojiro
所属機関・部署:
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (1件): 中国史
論文 (10件):
  • 滝野 正二郎. 明代抽分竹木廠の人的組織について. 川勝守・賢亮博士古稀記念東方学論集. 2013. 555-580
  • 滝野正二郎. 清代後期、四川省南部県における場市の設立と県衙門-『南部県档案』を史料として-. 九州大学東洋史論集. 2010. 38. 99-140
  • 滝野正二郎. 明代鈔関の組織と運営-清代常関の前史として-. 山根幸夫教授追悼記念論叢 明代中国の歴史的位相. 2007. 上. 351-388
  • 滝野正二郎. 清代乾隆年間における粤海関の徴税報告遅延問題について. アジアの歴史と文化. 2004. 8. 41-66
  • 滝野 正二郎. 清代乾隆年間における奏摺の送達所要日数について-軍機処録副奏摺中の関税史料を題材として-. アジアの歴史と文化. 2000. 4
もっと見る
MISC (3件):
  • 滝野 正二郎. 山口大学の学長による学部長指名制について. 全大教時報. 2014. 38. 1. 1-15
  • 滝野 正二郎. 〔福岡大学人文学部歴史学科七隈史学会第四回大会〕西洋史・東洋史合同シンポジウム報告 森正夫「明末清初における江南、十六・七世紀中国の地域社会をどうとらえるか--宮崎市定・岸本美緒の作品に寄せて」をめぐって. 七隈史学. 2003. 4. 85-102
  • 滝野 正二郎. 東アジア : 中国 : 明・清(二〇〇〇年の歴史学界 : 回顧と展望). 史学雑誌. 2001. 110. 5. 941-950
書籍 (1件):
  • 歴史学事典15 コミュニケーション
    弘文堂 2008
講演・口頭発表等 (12件):
  • 清代嘉慶二〇年、淮安関・滸墅関における流通経路の指定について
    (平成三十年度九州史学会大会東洋史部会 2018)
  • 明代抽分竹木廠の徴課・抽取業務について
    (広島史学研究会大会東洋史部会 2017)
  • 明代抽分竹木廠の抽取・徴課業務について-蕪湖・杭州両廠を中心に-
    (東洋史学研究会(福岡大学) 2015)
  • 前近代中国の天下・国家のかたち - 昔、中国に国境はなかった -
    (山口大学吉田キャンパス科学のつどい 2014)
  • 清代後期、四川省南部県における場市の設立と県衙門-『南部県档案』を材料として-
    (平成21年度九州史学会大会 2009)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1987 九州大学大学院 文学研究科 博士後期課程東洋史学専攻
  • - 1983 九州大学 文学部 史学科東洋史学専攻
学位 (1件):
  • 文学修士 (九州大学)
経歴 (4件):
  • 2007/04/01 - 現在 山口大学 大学院担当准教授
  • 1994/04/01 - 2007/03/31 山口大学 助教授
  • 1989/01/01 - 1994/03/31 山口大学 講師
  • 1987/04/01 - 1988/12/31 山口大学 助手
所属学会 (9件):
名古屋大学東洋史研究会 ,  七隈史学会 ,  史学会 ,  明清史夏合宿の会 ,  九州華僑華人研究会 ,  九州大学文学部東洋史研究会 ,  九州史学会 ,  東方学会 ,  東洋史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る