研究者
J-GLOBAL ID:201801016001201648   更新日: 2021年04月10日

前原 邦江

Maehara Kunie
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 生涯発達看護学
論文 (69件):
もっと見る
MISC (18件):
講演・口頭発表等 (21件):
  • 超高齢(45歳以上)妊娠出産と産後における看護職者等による多職種連携の経験
    (第22回日本母性看護学会学術集会)
  • Experiences of transition to motherhood among pregnant women following assisted reproductive technology: A systematic review of qualitative evidence
    (Transcultural Nursing Society Conference in Japan 2020 2020)
  • 高度生殖医療を受けた妊娠初期の女性の不妊・治療経験の想起を促す看護方法の検討
    (第17回日本生殖看護学会学術集会 2019)
  • 高年初産婦に特化した産後1ヵ月までの子育て支援ガイドラインの評価 ケアの有用性から
    (母性衛生 2017)
  • 高年初産婦に特化した産後1ヵ月までの子育て支援ガイドラインの評価 夫からのサポート活用に向けたケア
    (母性衛生 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士
経歴 (1件):
  • 2021/04 - 現在 千葉大学大学院看護学研究院 准教授
受賞 (6件):
  • 2019/10 - 日本母性衛生学会 令和元年度学術論文優秀賞 高年初産婦に特化した産後1か月までの子育て支援ガイドラインの有用性の評価
  • 2019/09 - 第17回日本生殖看護学会学術集会 優秀賞 高度生殖医療を受けた妊娠初期の女性の不妊・治療経験の想起を促す看護方法の検討
  • 2019/08 - 14th International Family Nursing Conference Poster award competition 3rd place Development of web-based parenting education program to promote parental adaptation in expectant older primiparous women and their partners
  • 2019/01 - 22nd East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) Poster award competition 3rd place Interprofessional collaboration in perinatal care for women of very advanced maternal age: A nationwide survery in Japan
  • 2016/10 - 日本母性衛生学会 平成28年度学術論文優秀賞 分娩施設退院前の高年初産婦の身体的心理社会的健康状態-年齢・初経産別の4群比較から-
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る