研究者
J-GLOBAL ID:201801016643737657   更新日: 2021年01月08日

牧原 由紀子

Makihara Yukiko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  神経科学一般
研究キーワード (4件): Physical therapy ,  Adapted sports ,  Postpartum women's health ,  Neuroplasticity
論文 (4件):
  • N Mrachacz-Kersting, U G Kersting, P de Brito Silva, Y Makihara, L Arendt-Nielsen, T Sinkjær, A K Thompson. Acquisition of a simple motor skill: task-dependent adaptation and long-term changes in the human soleus stretch reflex. Journal of neurophysiology. 2019. 122. 1. 435-446
  • Yukiko Makihara, Richard L Segal, Jonathan R Wolpaw, Aiko K Thompson. Operant conditioning of the soleus H-reflex does not induce long-term changes in the gastrocnemius H-reflexes and does not disturb normal locomotion in humans. Journal of neurophysiology. 2014. 112. 6. 1439-46
  • Yukiko Makihara, Richard L Segal, Jonathan R Wolpaw, Aiko K Thompson. H-reflex modulation in the human medial and lateral gastrocnemii during standing and walking. Muscle & nerve. 2012. 45. 1. 116-25
  • Yukiko Makihara, Akie Nishino, Toru Fukubayashi, Akihiro Kanamori. Decrease of knee flexion torque in patients with ACL reconstruction: combined analysis of the architecture and function of the knee flexor muscles. Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA. 2006. 14. 4. 310-7
MISC (5件):
  • 町田 和, 河野 健一, 田村 暁大, 西田 裕介, 糸数 昌史, 井上 由里, 齋藤 義雄, 森井 和枝, 後藤 和也, 志村 圭太, et al. ミニオスキーによる評価実習の効果検証の試み. 日本リハビリテーション教育学会誌. 2020. 3. 特別号1. 12-12
  • 志村 圭太, 竹内 真太, 西田 裕介, 河野 健一, 糸数 昌史, 小宅 一彰, 櫻井 陽子, 宮森 隆行, 森井 和枝, 山口 将希, et al. 理学療法学生の臨床実習における学生の組み合わせ特性に関する研究 性別、学業成績(f-GPA)、情動知能による検討. 国際医療福祉大学学会誌. 2018. 23. 抄録号. 69-69
  • 志村 圭太, 竹内 真太, 西田 裕介, 河野 健一, 糸数 昌史, 小宅 一彰, 櫻井 陽子, 宮森 隆行, 森井 和枝, 山口 将希, et al. 理学療法学生の臨床実習における学生の組み合わせ特性に関する研究 性別、学業成績(f-GPA)、情動知能による検討. 国際医療福祉大学学会誌. 2018. 23. 抄録号. 69-69
  • 椛沢修, 西川洋平, 藤沢唯, 岡本麻亜子, 手塚絢子, 柴崎耀都, 宮森隆行, 牧原由紀子, 町田和, 澤龍一, et al. 東京都港区赤坂地区成人住民の運動能力とロコモティブシンドロームについて. 国際医療福祉大学学会誌. 2018. 22. 抄録号. 84-84
  • 澤龍一, 牧原由紀子, 乗松祐佐, 河野健一, 志村圭太, 宮森隆行, 竹内真太, 西田裕介. 地域住民に対する,医療福祉・健康に関するニーズ調査-予備的調査研究-. 国際医療福祉大学学会誌. 2018. 22. 抄録号. 140-140
書籍 (2件):
  • 運動学とバイオメカニクスの基礎
    南江堂 2019 ISBN:9784524246922
  • Sports injuries and prevention
    Springer 2015 ISBN:9784431553175
講演・口頭発表等 (6件):
  • Effects of stretch velocity on the latency of the human soleus stretch reflex.
    (Society for Neuroscience 49th Annual Meeting 2019)
  • Effects of supervised physical activity on postpartum maternal health
    (第7回日本運動器理学療法学会学術大会 2019)
  • 出産に伴う分娩時第4 度会陰裂傷でS 状結腸双孔式ス トーマを造設し、閉鎖後に理学療法を施行した一例 - 肛門失禁を改善し、外出や仕事復帰を目指す-
    (第6回日本運動器理学療法学会学術大会 2018)
  • Operant conditioning of the soleus H-reflex in people with and without chronic CNS injury
    (Society for Neuroscience 48th Annual Meeting 2018)
  • 「負荷評価測定器」を用いた立ち上がり介助における「良い介助動作」の検討
    (第44回日本看護研究学会学術集会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • PhD in Human Movement Science (University of North Carolina at Chapel Hill)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る