研究者
J-GLOBAL ID:201801018166232281   更新日: 2020年10月13日

加藤 みち子

MICHIKO KATO
所属機関・部署:
職名: 特任教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
研究分野 (5件): 宗教学 ,  中国哲学、印度哲学、仏教学 ,  中国哲学、印度哲学、仏教学 ,  哲学、倫理学 ,  思想史
研究キーワード (8件): 癡兀大慧 ,  聖一派 ,  禅密思想 ,  日本仏教 ,  神道 ,  天道 ,  鈴木正三 ,  日本思想史
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2022 天道信仰の発展的研究-琉球から大陸への展開を中心に
  • 2014 - 2019 宗教テクスト遺産の探査と綜合的研究-人文学アーカイヴス・ネットワークの構築
  • 2015 - 2018 東アジアにおける天道信仰の総合的研究-道教・陰陽道とのシンクレティズムを中心に
  • 2014 - 2017 インド的共生思想の総合的研究-思想構造とその変容を巡って-
  • 2012 - 2015 天道念仏・天道神社のフィールド調査を中心とする「天道」概念の総合的研究
全件表示
論文 (6件):
  • 加藤みち子. 江戸時代日本における天道信仰-陰陽道の影響を中心に-. 武蔵野大学仏教文化研究所紀要. 2020. 36. 1-20
  • 加藤みち子. 痴兀大慧の廓庵十牛図解釈. 『東方』. 2016. 32. 1-24
  • 加藤みち子. 「熊野観心十界曼荼羅」 を読み直す-熊野修験の視点から-. 『國華』. 2013. 5-15
  • 加藤みち子. 「天道」とはいったい何であったか. 『日本思想史学』. 2012. 44. 56-62
  • 加藤みち子. Suzuki Shōsan (1679-1655):The Way of Buddhist Practice Based on Ki(機). 『人文』. 2007. 6. 103-116
もっと見る
書籍 (12件):
  • 中世禅への新視角 : 『中世禅籍叢刊』が開く世界
    臨川書店 2019 ISBN:9784653041832
  • 中世禅籍叢刊 第十二巻 稀覯禅籍集 続
    翻刻471-541頁、解題685-704頁 2018
  • インド的共生思想の総合的研究-思想構造とその変容を巡って-
    白峰社 2017
  • 中世禅籍叢刊 第四巻 聖一派 続
    臨川書店 2016
  • 鈴木正三著作集 2
    中央公論新社 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • 痴兀大慧の禅密思想ー『大日経義釈見聞』を中心として
    (シンポジウム中世禅への新視角PartII『中世禅籍叢刊』が開く世界 2018)
  • 江戸期日本における天道信仰の倫理思想史的考察-御籤本・教訓書を中心として-
    (日本倫理学会第65回学術大会 2014)
  • 『東福仏通禅師十牛訣』における第七図の解釈
    (日本印度学佛教学会第64回学術大会 2013)
  • 「熊野観心十界曼荼羅」と唯心浄土論の展開
    (平成24年度ワークショップ「中世の信仰と造形IV」 2012)
  • 修験と念仏からみる「熊野観心十界曼荼羅」の比丘尼説法-日本思想史における聖仏教の倫理的意義を考えるための試論-
    (日本倫理学会62回大会 2011)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1992 - 1998 学習院大学大学院 博士後期課程哲学専攻
  • 1990 - 1992 学習院大学大学院 哲学専攻博士前期課程
  • 1986 - 1990 学習院大学 哲学科
学位 (1件):
  • 博士(哲学) (学習院大学)
経歴 (13件):
  • 2019/04 - 現在 公益財団法人中村元東方研究所 主任研究員
  • 2019/04 - 現在 武蔵野大学 仏教文化研究所 特任教授
  • 2011/04 - 現在 中央大学 政策文化研究所 客員研究員
  • 2005/04 - 現在 学習院女子大学 国際文化交流学部日本文化学科 非常勤講師
  • 2001/04 - 現在 学習院大学 文学部哲学科 非常勤講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 1998/04 - 2001/03 学習院大学哲学会 運営委員長
所属学会 (7件):
日本民俗学会 ,  比較思想学会 ,  日本印度学仏教学会 ,  日本倫理学会 ,  日本思想史学会 ,  花園大学禅学研究会 ,  西田哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る