研究者
J-GLOBAL ID:201801019493302320   更新日: 2020年05月20日

江角 周子

エスミ シュウコ | Shuko ESUMI
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 教育心理学
研究キーワード (5件): 生徒指導 ,  教育相談 ,  学校心理学 ,  教育心理学 ,  教育臨床学
論文 (9件):
  • 庄司一子, 新井雅, 中井大介, 江角, 周子, 王厳崧. 社会的絆尺度の作成と関連要因の検討. 学校教育場面における社会的絆の形成と回復をめざす支援の検討. 2017. 39-111
  • 江角, 周子, 庄司一子. 中学生における聴くことの学びを通した聴く行動の変容プロセスの検討. 教育心理学研究. 2016. 62. 2. 268-280
  • 江角, 周子, 庄司一子. 中学校でのピア・サポート実践におけるサポーターヘの効果 (2)--サポート概念の学習を通して--. 共生教育学研究. 2016. 5. 15-26
  • 江角, 周子, 庄司一子. 中学校でのピア・サポート実践におけるサポーターヘの効果 (1)--話を聴くことを中心に--. 筑波大学発達臨床心理学研究. 2016. 27. 35-45
  • 江角, 周子, 庄司一子. 中学生における聴くことの意味の検討. 筑波大学発達臨床心理学研究. 2015. 26. 27-37
もっと見る
書籍 (2件):
  • コ・ティーチ!:保育・教育現場でのアクティブラーニング、チームティーチングにも役立つ新たな指導法
    風間書房 2020
  • 最新教育キーワード 155のキーワードで押さえる教育
    時事通信社 2019
講演・口頭発表等 (23件):
  • 包括的支援アプローチIIを適用した非行傾向のある不登校生徒の学校適応支援-不安及び学力, 体力, 社会性の客観的評価の導入-
    (日本認知・行動療法学会第44回大会 2018)
  • 包括的支援アプローチ適用による断続的欠席を呈する中学生への継続登校支援-不安・体力・社会性評価及び主張反応法適用条件の検討-
    (日本教育心理学会第59回総会 2017)
  • 選択性緘黙を呈する中学生への行動療法による支援-行動アセスメントとその事例適用-
    (日本認知・行動療法学会第43回大会 2017)
  • 大学生による心理的支援活動が高校生の学校生活に及ぼす効果
    (日本教育心理学会第58回総会 2016)
  • The effects of a peer support program on junior high school students --Focusing on social skills and school adjustment--
    (The 38th Annual Conference of International School Psychology Association 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 2018 筑波大学大学院 ヒューマン・ケア科学専攻
  • 2011 - 2013 筑波大学大学院 スクールリーダーシップ開発専攻
  • 2007 - 2011 筑波大学 教育学類
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (筑波大学)
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 浜松学院大学 現代コミュニケーション学部 講師
  • 2018/04 - 2020/03 筑波大学 人間系 特任助教
所属学会 (9件):
日本応用行動分析学会 ,  日本特殊教育学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本学校心理学会 ,  International Listening Association ,  日本心理学会 ,  日本カウンセリング学会 ,  日本認知・行動療法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る