研究者
J-GLOBAL ID:201801021357392522   更新日: 2022年08月30日

迫田 晃弘

Sakoda Akihiro
所属機関・部署:
職名: 研究主幹
研究分野 (1件): 放射線影響
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2021 - 2024 リスクに対応できる社会を目指した生活環境中ラドンのダイナミクス研究
  • 2021 - 2022 福島原発事故で専門家の社会に向けた活動はどのように変わったか?-放射線防護からみた活動のあり方の考察
  • 2018 - 2021 鉱物の内部性質に着目したラドン散逸現象の追究
  • 2020 - 2021 生活環境における天然放射性希ガスの時空間分布を支配する人間活動や環境因子の解析
  • 2020 - 2021 福島原発事故で専門家の社会に向けた活動はどのように変わったか?-関連学会のアウトリーチの事例分析
全件表示
論文 (72件):
  • Yukinori Narazaki, Akihiro Sakoda, Naofumi Akata, Hisanori Itoh, Noriyuki Momoshima. Analysis of factors contributing to the increase in 7Be activity concentrations in the atmosphere. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2022. 19. 16. 10128-10128
  • Akihiro Sakoda, Tsuyoshi Ishida, Norie Kanzaki, Hiroshi Tanaka, Takahiro Kataoka, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka. Radon solubility and diffusion in the skin surface layer. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2022. 19. 13. 7761-7761
  • Sawako Horai, Shoichi Murakami, Akihiro Sakoda, Rumiko Nakashita, Tatsuya Kunisue, Yuu Ishimori. Environmental monitoring of trace elements and evaluation of environmental impacts to organisms near a former uranium mining site in Nigyo-toge, Japan. Environmental Monitoring and Assessment. 2022. 194. 6. 415
  • Takahiro Kataoka, Shota Naoe, Kaito Murakami, Ryohei Yukimine, Yuki Fujimoto, Norie Kanzaki, Akihiro Sakoda, Fumihiro Mitsunobu, Kiyonori Yamaoka. Mechanisms of action of radon therapy on cytokine levels in normal mice and rheumatoid arthritis mouse model. 2022. 70. 2. 154-159
  • Akihiro Sakoda, Naoki Nomura, Yujiro Kuroda, Takahiko Kono, Wataru Naito, Hiroko Yoshida. Review of engagement activities to promote awareness of radiation and its associated risk amongst the Japanese public before and after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Journal of Radiological Protection. 2021. 41. 4. 1258-1287
もっと見る
MISC (23件):
  • 人形峠環境技術センター. 2020年度人形峠環境技術センターにおける研究・技術開発成果; トピックス. JAEA-Review. 2022. 2021-068
  • Sylvain Andresz, Akihiro Sakoda, Wi-Ho Ha, Franz Kabrt, Takahiko Kono, Marina Sáez Muñoz, Omar Nusrat, Cinthia Papp, Rui Qiu, Pete Bryant. The IRPA Young Generation Network: Activity Report from the Middle of 2018 to the Beginning of 2021. Journal of Radiation Protection and Research. 2021. 46. 3. 143-150
  • 迫田晃弘. 生活環境における天然放射性希ガスの時空間分布を支配する人間活動や環境因子の解析. 令和2年度研究費助成 研究成果報告集(公益財団法人ウエスコ学術振興財団). 2021
  • 吉田 浩子, 黒田 佑次郎, 河野 恭彦, 内藤 航, 迫田 晃弘. 「福島第一原子力発電所事故後のPublic Understanding(科学の公衆理解)の取り組みに関する専門研究会」のパネルセッション. 保健物理. 2020. 55. 4. 257-263
  • Sylvain Andresz, Akihiro Sakoda, Franz Kabrt. The IRPA Young Generation Network (IRPA YGN) - Where Are We Now? - A Feedback from the 2019 and 2020 Period. IRPA Bulletin. 2020. 25
もっと見る
書籍 (3件):
  • Radon : Geology, environmental impact and toxicity concerns
    Nova Science Publishers 2015
  • Handbook of Radon: Properties, Applications, and Health
    Nova Science Publishers 2012 ISBN:9781621001775
  • 放射線実験学
    岡山大学出版会 2010 ISBN:9784904228159
学位 (1件):
  • 保健学 (岡山大学)
経歴 (5件):
  • 2018/11 - 現在 岡山大学 大学院保健学研究科 客員研究員
  • 2010/10 - 現在 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 人形峠環境技術センター
  • 2014/01 - 2015/01 Helmholtz Zentrum München Institute of Radiation Protection 客員研究員
  • 2009/10 - 2010/09 岡山大学 大学院保健学研究科 助教
  • 2009/04 - 2009/09 岡山大学 大学院自然科学研究科 助教
委員歴 (22件):
  • 2021 - 現在 日本保健物理学会 中長期計画策定委員会
  • 2019 - 現在 日本保健物理学会 学会賞選考委員会
  • 2019 - 現在 日本保健物理学会 理事
  • 2018 - 現在 日本原子力学会 中国・四国支部 幹事
  • 2020 - 2022 International Journal of Environmental Research and Public Health Special Issue Editor
全件表示
受賞 (7件):
  • 2021 - 日本放射線影響学会 奨励賞
  • 2018 - 日本原子力学会 保健物理・環境科学部会 奨励賞
  • 2017 - 日本保健物理学会 奨励賞
  • 2010 - 日本原子力学会 第4回中国・四国支部研究発表会 優秀発表賞
  • 2009 - 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除
全件表示
所属学会 (3件):
日本保健物理学会 ,  日本原子力学会 ,  日本放射線影響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る