研究者
J-GLOBAL ID:201901005196903582   更新日: 2020年11月17日

加藤 士雄

カトウ ノリオ | Kato Norio
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 医療福祉工学
研究キーワード (1件): リハビリテーション工学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 高齢者の身体機能に対応する持続支援可能なロボット型パーソナルモビリティの研究開発
  • 2020 - 2023 半側空間無視者の空間動作支援のための注意喚起機能付き視覚バリアフリー機器開発研究
  • 2019 - 2022 足部の滑り感覚の定量化と冬季の転倒予防を目的とした注意喚起システムへの応用
  • 2017 - 2020 視覚認知障害解消のための画像変換手法を用いたIot型視覚呈示システムの開発研究
  • 2017 - 2020 ヒトの動作に着目した新たなスマートヘルスサービスの効果検証
論文 (14件):
  • Tomoya Miyasaka, Norio Kato, Mamiko Kamoshida, Keiko Kawashima, Toshiaki Tanaka. Development of a Support System for Voice Outputs and Character Recordings in Communication via the “Mouth-shape Character” Method. International Journal of New Technology and Research. 2019. 5. 11. 26-31
  • Toshiaki Tanaka, Norio Kato, Tomoya Miyasaka, Masatsugu Sakajiri. Development of a Three-Dimensional Magnifying Visual Information Display System to Support the Daily Activities of the Visually Impaired. International Journal of New Technology and Research. 2019. 5. 11. 32-35
  • Tomoya Miyasaka, Mamiko Kamoshida, Norio Kato, Keiko Kawashima. Comparison of Simple Communication Aids between Amyotrophic Lateral Sclerosis Patients and Caregivers. International Journal of New Technology and Research. 2019. 5. 9. 37-43
  • Toshiaki Tanaka, Norio Kato, Yasuhiro Nakajima, Takashi Izumi. Development of a Novel Testing and Training Device of Proprioceptive Sendory for Standing Balance Ability in the Elderly and Disabled Individuals. International Journal of New Technology and Research. 2018. 4. 7. 15-20
  • Norio Kato, Toshiaki Tanaka, Takeshi Tsuruga, Yoshimi Tanahashi, Kouki Kuwano, Yasuhiro Nakajima, Takashi Izumi, Yusuke Maeda. Plantar Vibrational Stimuli Modify Dynamic Posture Control in Response to Translational Perturbations. International Journal of New Technology and Research. 2018. 4. 4. 97-102
もっと見る
MISC (23件):
  • 八木 泉樹, 小林 美月, 加藤 士雄, 工藤 章, 杉原 俊一, 田中 敏明. バーチャルリアリティ技術による視覚情報呈示システムを用いた半側空間無視の3次元空間評価手法の検討. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019. 56. 秋季特別号. S396-S396
  • 工藤 章, 伊藤 有輝, 加藤 士雄, 春名 弘一, 杉原 俊一, 新明 史江. 脳卒中後の失調に対するLiftware Steady使用後の上肢運動の変化 NJCによる円滑さに関する分析. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019. 56. 秋季特別号. S467-S467
  • 棚橋 嘉美, 中村 和彦, 加藤 士雄, 田中 敏明. 積雪寒冷地に居住する高齢者の転倒予防・健康維持に対する取り組みの検討 季節による身体機能・QOLの変化に着目して. 日本転倒予防学会誌. 2019. 6. 2. 142-142
  • 加藤 士雄, 田中 敏明. 仮想空間内での奥行き情報が上肢動作に与える影響. Health and Behavior Sciences. 2017. 16. 1. 37-37
  • 杉原 俊一, 鈴木 康太, 八反田 葉月, 松村 亮, 三浦 いずみ, 田中 敏明, 加藤 士雄, 棚橋 嘉美, 宮坂 智哉. 二次予防事業終了者に対する互助活動支援に向けた自主体操グループの実態調査. 理学療法学. 2017. 44. Suppl.2. P-5
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る