研究者
J-GLOBAL ID:201901005995227743   更新日: 2021年02月26日

細田 正洋

Hosoda Masahiro
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://hue2.jm.hirosaki-u.ac.jp/html/100000412_ja.html
研究分野 (5件): 環境動態解析 ,  原子力工学 ,  放射線影響 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (8件): 外部被ばく ,  内部被ばく ,  環境放射能 ,  線量評価 ,  ラドン ,  保健物理 ,  自然放射線 ,  放射線計測
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2020 - 2024 放射性物質の吸入摂取による内部被ばくメカニズムの解明に資する工学的アプローチ
  • 2018 - 2021 ラドンによる肺がんリスク高潜在地域を調査するための可搬型測定器の開発と応用
  • 2018 - 2021 グローバルネットワークを活用した低線量・慢性放射線被ばく影響の解明
  • 2017 - 2021 放射線曝露個体に最適な治療法の開発
  • 2018 - 2020 日本の環境水中トリチウム・ラドン及びラジウム濃度レベルの把握
全件表示
論文 (162件):
  • Oumar Bobbo Modibo, Shinji Tokonami, Masahiro Hosoda, Yuki Tamakuma, Hu Jun, Miklós Hegedűs, Eka Djatnika Nugraha, Saïdou, Hirofumi Tazoe, Naofumi Akata, et al. 210Pb and Major Ion Concentrations in Aerosols Collected in Qingdao, a Seaside Area of China. Radiation Environment and Medicine. 2021. 10. 1. 18-25
  • Thamaborn Ploykrathok, Koya Ogura, Mayumi Shimizu, Masahiro Hosoda, Yoshitaka Shiroma, Hiromi Kudo, Yuki Tamakuma, Shinji Tokonami. Estimation of Annual Effective Dose in Namie Town, Fukushima Prefecture due to Inhalation of Radon and Thoron Progeny. Radiation Environment and Medicine. 2021. 10. 1. 9-17
  • Oumar Bobbo Modibo, Yuki Tamakuma, Takahito Suzuki, Ryohei Yamada, Weihai Zhuo, Chutima Kranrod, Kazuki Iwaoka, Naofumi Akata, Masahiro Hosoda, Shinji Tokonami. Long-Term Measurements of Radon and Thoron Exhalation Rates from the Ground Using the Vertical Distributions of Their Activity Concentrations. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021. 18. 4. 1489-1489
  • Kazuki Iwaoka, Ryoju Negami, Yuki Tamakuma, Masahiro Hosoda, Lorna Jean, H. Palad, Shinji Tokonami, Chitho P. Feliciano, Reiko Kanda. Evaluation of the Influence of Thoron on Portable Radon Measurement Devices. Philippine Journal of Science. 2021. 150. 1. 257-261
  • Yuki Tamakuma, Masahiro Hosoda, Yasutaka Omori, Hiroyuki Nagahama, Tetsuo Ishikawa, Michikuni Shimo, Shinji Tokonami. Car-borne survey for a black shale area and influence of snowfall on absorbed dose rate in air of a coastal area. Radiation Environment and Medicine (accepted). 2021. 10. 2
もっと見る
MISC (48件):
  • Chutima Kranrod, Yuki Tamakuma, Masahiro Hosoda, Shinji Tokonami. Importance of Discriminative Measurement for Radon Isotopes and Its Utilization in the Environment and Lessons Learned from Using the RADUET Monitor. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2020. 17. 11. 4141-4141
  • 細田正洋. ラドンに対する新しい線量換算係数の影響に関する技術会合の参加報告. 保健物理. 2019. 54. 4. 226-230
  • Remi Tokonami, Mitsuaki Yoshino, Masahiro Hosoda. Introduction of the Radiation Emergency Medicine Course at REAC/TS and impressions of it from the viewpoint of medical students. Radiation Environment and Medicine. 2019. 8. 2. 127-132
  • 床次眞司, 細田正洋. 自然界の放射線 国内外の自然放射線レベルと高線量地域の放射線量. 公衆衛生. 2018. 82. 11. 809-815
  • 細田正洋. 居住環境におけるラドン・トロンによる肺がんリスクポテンシャル評価. 放影響ニュース. 2018. 95. 29-30
もっと見る
書籍 (21件):
  • 生活環境放射線 (国民線量の算定) 第3版
    公益財団法人 原子力安全研究協会 2020
  • 知の散歩シリーズ2 福島に学ぶ 放射線総合科学の展開を目指して
    弘前大学出版会 2020
  • 第3版 若葉マークの画像解剖学
    メジカルビュー社 2019
  • 診療放射線技師 ブルーノート 基礎編 4th edition
    メジカルビュー社 2017
  • 診療放射線技師 ポケット・レビュー帳 3rd edition
    メジカルビュー社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (275件):
  • 脱ガス法を用いた水中ラドン濃度測定について
    (第22回「環境放射能」研究会(オンライン開催))
  • ピコラド検出器によるラドン測定における相対湿度の影響について
    (第22回「環境放射能」研究会(オンライン開催))
  • Risk Assessment due to 226Ra, 232Th and 40K in Soil from Kilimambogo, Kenya
    (The 15th International Congress of the International Radiation Protection Association 2021)
  • Validation of Measurement Methodology for Radon Activity in Air and Water with a Liquid Scintillation Counting
    (The 15th International Congress of the International Radiation Protection Association 2021)
  • Comparative study of natural radionuclides measurements and radiation dose assessment using vehicle-borne and laboratory gamma-ray spectroscopy techniques in Thailand
    (The 15th International Congress of the International Radiation Protection Association 2021)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2004 - 2007 東京都立保健科学大学大学院 保健科学専攻
  • 2002 - 2004 東京都立保健科学大学大学院 放射線学専攻
  • 1998 - 1999 駒澤短期大学 放射線技術科学専攻
  • 1994 - 1998 岐阜医療技術短期大学 診療放射線技術科学科
学位 (1件):
  • 博士(保健科学) (東京都立保健科学大学)
経歴 (9件):
  • 2018/02 - 現在 弘前大学 被ばく医療総合研究所 放射線物理学部門(2020年4月より計測技術・物理線量評価部門) 講師(兼任)
  • 2013/04 - 現在 弘前大学大学院保健学研究科 放射線技術科学領域 講師
  • 2020/04 - 2021/03 東京都立大学 大学院 人間健康科学研究科 放射線科学域 客員准教授
  • 2015/04 - 2016/03 Environmental Protection Agency Office of Radiological Protection Visiting researcher
  • 2011/02 - 2013/03 弘前大学大学院 保健学研究科 医療生命科学分野 放射線生命科学領域 助教
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2020/07 - 現在 国際原子力機関 緊急時の準備と対応における教育と訓練に関する国際ネットワーク 作業グループBメンバー
  • 2020/05 - 現在 日本保健物理学会 緊急時モニタリング検討臨時委員会 委員長
  • 2019/09 - 現在 Journal of Radiation Protection and Research編集委員
  • 2019/09 - 現在 日本保健物理学会 編集委員会委員
  • 2011/06 - 現在 Radiation Environment and Medicine編集委員会委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2011/11 - 弘前大学 若手優秀論文賞
  • 2004/05 - 日本保健物理学会 奨励賞
所属学会 (4件):
日本アイソトープ協会 ,  応用物理学会放射線分科会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本保健物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る