研究者
J-GLOBAL ID:201901006765792960   更新日: 2020年09月07日

望月 直人

望月 直人 | Mochizuki Naoto
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 臨床心理学
論文 (40件):
  • 師岡友紀, 望月直人, 荒尾晴惠. 発達障害またはその傾向がある看護学生に対する臨地実習上の支援の実態と教員の支援の妥当性に関する認識. 大阪大学看護学雑誌(Web). 2019. 25. 1. 81-88 (WEB ONLY)-88
  • 師岡 友紀, 望月 直人, 荒尾 晴惠. 発達障害またはその傾向がある看護学生に対する臨地実習上の支援の実態と教員の支援の妥当性に関する認識. 大阪大学看護学雑誌. 2019. 25. 1. 81-88
  • 望月直人, 師岡友紀, 荒尾晴惠. 発達障害特性のある看護学生への合理的配慮の実態 -実習担当教員へのアンケート調査から-. 2018
  • 師岡友紀, 望月直人, 荒尾晴惠. 発達障害学生に対する合理的配慮とは. 2017
  • 望月 直人, 石金 直美, 吉田 裕子, 水田 一郎, 三上 章良, 武中 美佳子, 竹中 菜苗. 【障がいのある学生へのサポート】大阪大学における発達障害学生支援の現状と課題 就労支援において学内外の連携が有用であった1事例を通しての考察. CAMPUS HEALTH. 2015. 52. 2. 58-63
もっと見る
MISC (36件):
  • 望月 直人. 障害者差別解消法-対応の現状と課題 大阪大学における障害学生支援体制について. CAMPUS HEALTH. 2017. 54. 1. 86-89
  • 望月直人. 大阪大学における障害学生支援体制について. Campus Health (CD-ROM). 2017. 54. 1. 86-89
  • 望月直人. 児童自立支援施設の子どもたちの実態. 発達障害医学の進歩. 2016. 28. 28-35
  • 望月 直人. 【発達障害とトラウマ】児童自立支援施設の子どもたちの実態. 発達障害医学の進歩. 2016. 28. 28-35
  • 望月 直人, 生川 友恒, 榊間 悠太. 2015年度 発達障がいフォーラム「障害をもつ学生への大学での支援」(特集--発達支援とインクルーシブな環境づくり). 生涯発達研究 = Journal of the Research Institute of Human Development and Welfare Aichi Prefectural University. 2016. 8. 7-27
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • 大学児童青年期精神医学講座と児童自立支援施設の入所児童のアセスメントを通じた連携
    (日本児童青年精神医学会総会抄録(Web) 2018)
  • 自閉スペクトラム症に対するCBTを生かした支援 ASDのある大学生に対するCBTを用いた支援
    (日本認知療法学会プログラム・抄録集 2016)
  • 大阪大学における障害学生支援体制について
    (全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 2016)
  • 障害者差別解消法 対応の現状と課題 大阪大学における障害学生支援体制について
    (全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集 2016)
  • 児童自立支援施設の子どもたち~発達障害と被虐待経験をもつ子どもたちへの支援を考える~
    (日本児童青年精神医学会総会抄録集 2014)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る