研究者
J-GLOBAL ID:201901010301616970   更新日: 2020年07月31日

榎本 彩乃

Enomoto Ayano
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 医用システム ,  計測工学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2022 磁気共鳴法による定量的な悪性黒色腫腫瘍深達度評価手法の新規構築
  • 2018 - 2022 マルチファンクション電子・核磁気共鳴イメージング法の開発
  • 2018 - 2020 末梢動脈疾患の早期画像診断を目指した定量的な酸素分圧計測法の新規構築
  • 2012 - 2015 皮膚科学のためのフリーラジカルEPR分子イメージング法の構築
論文 (4件):
  • Pursley R, Enomoto A, Wu H, Brender JR, Pohida T, Subramanian S, Krishna MC, Devasahayam N. Towards reduction of SAR in scaling up in vivo pulsed EPR imaging to larger objects. Journal of magnetic resonance (San Diego, Calif. : 1997). 2019. 299. 42-48
  • Enomoto A, Qian C, Devasahayam N, Kishimoto S, Oshima N, Blackman B, Swenson RE, Mitchell JB, Koretsky AP, Krishna MC. Wireless implantable coil with parametric amplification for in vivo electron paramagnetic resonance oximetric applications. Magnetic resonance in medicine. 2018. 80. 5. 2288-2298
  • Kishimoto S, Matsumoto KI, Saito K, Enomoto A, Matsumoto S, Mitchell JB, Devasahayam N, Krishna MC. Pulsed Electron Paramagnetic Resonance Imaging: Applications in the Studies of Tumor Physiology. Antioxidants & redox signaling. 2018. 28. 15. 1378-1393
  • A. Enomoto, K. Saito, S. Subramanian, M. C. Krishna, H. Hirata, N. Devasahayam. Passive decoupling due to low Q-factors of four-channel coils in 300-MHz pulsed EPR imaging. Applied Magnetic Resonance. 2015. 46. 6. 671-683
MISC (1件):
  • 榎本彩乃, 江本美穂, 藤井博匡, 平田拓. CW-EPRイメージングのための4チャンネル・サーフェイスコイル・アレイの開発. 電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集. 2012. 51st. 296-297
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 長崎国際大学 助教
  • 2015/04 - 2018/03 アメリカ国立衛生研究所 博士研究員
  • 2015/01 - 2015/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2012/04 - 2014/12 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る