研究者
J-GLOBAL ID:201901014406004437   更新日: 2020年12月24日

鈴木 牧

スズキ マキ | Suzuki Maki
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 生態学、環境学
論文 (30件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 石原 正恵, 酒井 武, 齋藤 哲, 崎尾 均, 嵜元 道徳, 芝野 博文, 杉田 久志, 鈴木 三男, 高木 正博, 高嶋 敦史, et al. モニタリングサイト1000森林・草原調査コアサイト・準コアサイトの毎木調査データの概要(学術情報). 日本生態学会誌. 2010. 60. 1. 111-123
  • 鈴木 牧, 鎌田 直人, 藤原 章雄, 鴨田 重裕, 山中 征夫, 齋藤 暖生, 前原 忠, 松井 理生, 井口 和信. 北海道演習林におけるシカ剥皮害の発生リスク分析. 日本森林学会大会発表データベース. 2010. 121. 0. 319-319
書籍 (2件):
  • 人と生態系のダイナミクス2 森林の歴史と未来
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254185423
  • 生物多様性概論 : 自然のしくみと社会のとりくみ
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254171648
講演・口頭発表等 (16件):
  • マダニ類におけるリケッチア属細菌の保有率は吸血対象のシカ個体数に依存するのか?
    (日本生態学会第67回全国大会 2020)
  • 樹木が安定的に繁殖し始めると高さ成長への資源配分は低下する
    (日本生態学会第67回全国大会 2020)
  • Deer impact on ecosystems of warm-temperate forests: especially on succession pathway
    (Predicting Effects of Climate Change on Ecosystem Services (Japan-Finland Joint Seminar) 2019)
  • シカ排除がチマダニ属の密度へ及ぼす影響ーシカ密度操作実験による検証
    (日本衛生動物学会第71回大会 2019)
  • シカの高密度化はマダニを減らす?ー生態系エンジニアと外部寄生者が形成する相互作用ー
    (日本生態学会第66回大会 2019)
もっと見る
所属学会 (2件):
日本森林学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る