研究者
J-GLOBAL ID:201901015317862183   更新日: 2021年09月14日

平山 晃司

Hirayama Koji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): ヨーロッパ文学 ,  ヨーロッパ史、アメリカ史
研究キーワード (3件): 西洋古典学 ,  ギリシア文学 ,  古代ギリシア史
論文 (12件):
  • 平山 晃司. カトゥッルス第61歌訳注. 言語文化共同研究プロジェクト2018「言語文化の比較と交流6」. 2019. 23-29
  • 平山 晃司. 初期アテーナイにおける殺人裁判と刑罰. 言語文化共同研究プロジェクト2017「言語文化の比較と交流5」. 2018. 29-36
  • 平山 晃司. 古典期アテーナイの殺人裁判制度. 言語文化共同研究プロジェクト2016「言語文化の比較と交流4」. 2017. 11-16
  • 平山 晃司. ヘーシオドス『仕事と日』におけるδίκηについて. 言語文化共同研究プロジェクト2015「言語文化の比較と交流3」. 2016. 39-45
  • 平山 晃司. ストラッティス断片訳注余滴. 言語文化共同研究プロジェクト2014「言語文化の比較と交流2」. 2015. 39-45
もっと見る
MISC (2件):
  • 平山 晃司. 中谷報告へのコメント(シンポジウム「プルータルコスと指導者像」). 西洋古典学研究. 2016. LXIV. 126-128
  • 平山 晃司. 書評:T. M. Compton, Victim of the Muses: Poet as Scapegoat, Warrior and Hero in Greco-Roman and Indo-European Myth and History. 西洋古典学研究. 2008. LVI. 120-122
書籍 (4件):
  • 世界神話伝説大事典
    勉誠出版 2016
  • 古典ギリシア語文典
    白水社 2016
  • ギリシア喜劇全集 第9巻 群小詩人断片III
    岩波書店 2012
  • ギリシア喜劇全集 第5巻 メナンドロスI
    岩波書店 2009
講演・口頭発表等 (3件):
  • 中谷報告へのコメント(シンポジウム「プルータルコスと指導者像」)
    (日本西洋古典学会第66回大会 2015)
  • 跛行の象徴性について
    (ギリシア・ローマ神話学研究会第7回講演会 2012)
  • 石打ちの刑とパルマコスの儀礼
    (日本西洋古典学会第51回大会 2000)
学歴 (3件):
  • 1996 - 1999 京都大学 文献文化学専攻 西洋古典学専修
  • 1993 - 1996 京都大学 西洋史学専攻
  • 1989 - 1993 京都大学 史学科 西洋史学専攻
学位 (2件):
  • 修士(文学) (京都大学)
  • 博士(文学) (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2013/04 - 現在 大阪大学 大学院言語文化研究科 言語文化専攻 准教授
  • 2010/04 - 2013/03 大阪大学 大学院言語文化研究科 言語文化専攻 講師
所属学会 (1件):
日本西洋古典学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る