研究者
J-GLOBAL ID:201901015720687057   更新日: 2022年05月22日

高橋 徹

タカハシ トオル | Takahashi Toru
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 基盤脳科学 ,  臨床心理学
研究キーワード (10件): 社会的カモフラージュ ,  自閉スペクトラム症 ,  予測符号化 ,  脳波 ,  ニューロフィードバック ,  メタ的気づき ,  マインドワンダリング ,  不安 ,  うつ ,  マインドフルネス
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2022 - 2025 自閉スペクトラム症者の孤独感の背景要因の解明:潜在的な対人志向性と他者からの受容
  • 2020 - 2022 うつ・不安に対するマインドフルネス集団療法の治療効果の予測:安静時脳波に着目して
  • 2017 - 2020 うつ病の再発防止のためのマインドフルネスのニューロフィードバック介入法の開発
論文 (31件):
  • Taro Uchida, Toru Takahashi, Fukiko Sugiyama, Tomoki Kikai, Yusuke Nitta, Hiroaki Kumano. Effect of a Mindfulness-Based Intervention on Self-Compassionate Behaviors: A Randomized Controlled Trial. Psychological Reports. 2022. 1-31
  • Toru Takahashi, Junichi Saito, Masahiro Fujino, Masashi Sato, Hiroaki Kumano. The Validity and Reliability of the Short Form of the Five Facet Mindfulness Questionnaire in Japan. Frontiers in Psychology. 2022. 13. 833381
  • Yuto Kurihara, Toru Takahashi, Rieko Osu. The relationship between stability of interpersonal coordination and inter-brain EEG synchronization during anti-phase tapping. Scientific Reports. 2022. 12. 6164
  • Issaku Kawashima, Toru Takahashi, Tomoki Kikai, Fukiko Sugiyama, Hiroaki Kumano. A method of measuring the ability of disengagement from mind-wandering using electroencephalogram and its relationship to mindfulness and depressive symptoms. Psychology & Neuroscience. 2022. 15. 14-27
  • Kento Hirayama, Yohei Otaka, Taichi Kurayama, Toru Takahashi, Yutaka Tomita, Seigo Inoue, Kaoru Honaga, Kunitsugu Kondo, Rieko Osu. Efficiency and Stability of Step-To Gait in Slow Walking. Frontiers in Human Neuroscience. 2022. 15
もっと見る
MISC (27件):
書籍 (5件):
  • 仏典とマインドフルネス 負の反応とその対処法
    臨川書店 2021
  • 大法輪 特集 生活にいかせるマインドフルネスと呼吸法
    大法輪閣 2020
  • 職場で使えるカウンセリング
    誠信書房 2019
  • マインドフルネス精神医学 マインドフルネスに生きるメソッド.
    新興医学出版社 2019
  • 今日から実践!日常診療に役立つ行動医学・心身医学アプローチ
    医歯薬出版 2018 ISBN:9784263206829
講演・口頭発表等 (6件):
  • Shifting time from mind-wandering predicted by EEG using machine learning relates to mindful skills
    (32nd International Congress of Psychology 2021)
  • The mechanism of mindfulness intervention for depression and anxiety: Estimating the fluctuation of mind-wandering during meditation by EEG
    (Mindfulness and Human Cognition: A Joint Research Project of Buddhist studies, Psychology, and Neuroscience 2021)
  • うつ・不安に対するマインドフルネス集団療法の効果予測ーマインドフルネスのメカニズム変数と発達障害傾向に着目してー
    (日本認知・行動療法学会第45回大会 2019)
  • Immediate Effect of Focused Attention and Open Monitoring Meditation on Mind-Wandering and Meta-Awareness of Mind-Wandering in Experienced Meditators.
    (International Symposium for Contemplative Research 2018)
  • The neural correlates of open monitoring meditation and its effects on meta-awareness
    (International Symposium on Clinical Neuroscience of Mindfulness 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2017 - 2021 早稲田大学大学院 博士後期課程
  • 2015 - 2017 早稲田大学大学院 修士課程
  • 2013 - 2015 東京大学 教育心理学コース
  • 2011 - 2013 東京大学 理科二類
学位 (3件):
  • 博士(人間科学) (早稲田大学)
  • 修士(人間科学) (早稲田大学)
  • 学士(教育学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 早稲田大学 人間科学学術院 助教
  • 2020/04 - 2021/03 早稲田大学 人間科学学術院 助手
  • 2017/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
  • 2018/04 - 2018/09 東京成徳大学 経営学部 非常勤講師(数理の基礎)
  • 2017/09 - 2018/03 早稲田大学 人間科学部 教育コーチ(専門ゼミ(行動医学))
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2022/01 - 現在 日本マインドフルネス学会 「マインドフルネス研究」編集委員
受賞 (7件):
  • 2022/03 - 早稲田大学 第10回 WASEDA e-Teaching Award Good Practice賞 心理学研究法02
  • 2021/03 - 早稲田大学 小野梓記念賞 学術賞 うつ・不安に対するマインドフルネス介入の作用機序の検討-- 反応しないスキルの主観指標と脳波指標の役割--
  • 2020/12 - 日本行動医学会 第26回日本行動医学会学術総会 優秀演題賞 日常生活場面における主観的な睡眠状態が翌日の気分に与える影響
  • 2019/09 - 日本健康心理学会 アーリーキャリアヘルスサイコロジスト賞 Interceptive awareness mediates the relationship between mindfulness group therapy and decrease in depression: the interim analyses of randomized controlled trial
  • 2018/12 - 日本マインドフルネス学会 優秀ポスター発表賞 洞察瞑想はマインドワンダリングへのメタ的気づきを高める --瞑想実践者における集中瞑想との直後効果の比較--
全件表示
所属学会 (9件):
日本認知療法・認知行動療法学会 ,  日本行動医学会 ,  日本不安症学会 ,  日本心身医学会 ,  日本ストレス学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本マインドフルネス学会 ,  日本認知・行動療法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る