研究者
J-GLOBAL ID:201901017087311398   更新日: 2021年03月22日

根本 理子

Nemoto Michiko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 水圏生命科学
研究キーワード (4件): 歯舌 ,  珪藻 ,  ヒザラガイ ,  バイオミネラリゼーション
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2021 珪藻のシリカ被殻形成関連タンパク質の動態解析に基づく被殻形成機構の解明
  • 2019 - 2020 ヒザラガイの磁鉄鉱歯特異的タンパク質の機能解明
  • 2018 - 2019 ヒザラガイ歯舌の磁鉄鉱形成に関わるタンパク質の同定及び機能解明
  • 2017 - 2018 地球規模の炭素循環に関わる珪藻のシリコン貯蔵機構の解明
  • 2014 - 2016 エイズ発症者から分離された新規HIV-2が宿主防御機構から逃避する分子機序の解明
全件表示
論文 (33件):
  • Michiko Nemoto, Sayako Iwaki, Hisao Moriya, Yuki Monden, Takashi Tamura, Kenji Inagaki, Shigeki Mayama, Kiori Obuse. Correction to: Comparative Gene Analysis Focused on Silica Cell Wall Formation: Identification of Diatom-Specific SET Domain Protein Methyltransferases. Marine biotechnology (New York, N.Y.). 2021. 23. 1. 157-157
  • Saori Ogawa, Hitomi Shimidzu, Koji Fukuda, Naoki Tsunekawa, Toshiyuki Hirano, Fumitoshi Sato, Kei Yura, Tomohisa Hasunuma, Kozo Ochi, Michio Yamamoto, et al. Multiple mutations in RNA polymerase β-subunit gene (rpoB) in Streptomyces incarnatus NRRL8089 enhance production of antiviral antibiotic sinefungin: modeling rif cluster region by density functional theory. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2021
  • Mayumi Imahashi, Hirotaka Ode, Ayumi Kobayashi, Michiko Nemoto, Masakazu Matsuda, Chieko Hashiba, Akiko Hamano, Yoshihiro Nakata, Mikiko Mori, Kento Seko, et al. Impact of long-term antiretroviral therapy on gut and oral microbiotas in HIV-1-infected patients. Scientific reports. 2021. 11. 1. 960-960
  • Anna Pohl, Steven A Herrera, David Restrepo, Ryo Negishi, Jae-Young Jung, Chris Salinas, Richard Wuhrer, Tomoko Yoshino, Joanna McKittrick, Atsushi Arakaki, et al. Radular stylus of Cryptochiton stelleri: A multifunctional lightweight and flexible fiber-reinforced composite. Journal of the mechanical behavior of biomedical materials. 2020. 111. 103991-103991
  • Michiko Nemoto, Sayako Iwaki, Hisao Moriya, Yuki Monden, Takashi Tamura, Kenji Inagaki, Shigeki Mayama, Kiori Obuse. Comparative Gene Analysis Focused on Silica Cell Wall Formation: Identification of Diatom-Specific SET Domain Protein Methyltransferases. Marine biotechnology (New York, N.Y.). 2020
もっと見る
MISC (14件):
書籍 (7件):
  • Biological Magnetic Materials and Applications
    Springer Singapore 2018
  • 化学と生物 <今日の話題> ヒザラガイの磁鉄鉱形成メカニズム
    日本農芸化学会 2017
  • Coordination Chemistry in Protein Cages: Principles, Design, and Applications
    John Wiley & Sons, Inc 2013
  • 2030 年への挑戦 “藻類を燃料に”
    一般社団法人日本太陽エネルギー学会 2013
  • 藻類から得られるバイオ燃料の可能性と今後の課題
    エヌ・ティー・エス 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 珪藻のシリカ被殻局在タンパク質の同定および比較解析
    (第43回 日本分子生物学会年会 2020)
  • RNA-seqを利用したバイオミネラリゼーション機構の解析
    (日本農芸化学会中四国支部 第30回若手シンポジウム 2019)
  • 生体鉱物の形成に関わるタンパク質の探索
    (日本農芸化学会中四国支部 第29回若手シンポジウム(第 11 回農芸化学の未来開拓セミナー) 2019)
  • ヒザラガイ歯舌の磁鉄鉱形成メカニズム
    (第13回バイオミネラリゼーションワークショップ 2018)
  • Application of genomics and proteomics to biomineralization research
    (International Workshop for Interplay between Nanocarbon, Supramolecule, and Biochemistry 2016)
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 東京農工大学 生命工学専攻
  • 2005 - 2007 東京農工大学 生命工学専攻
  • 2001 - 2005 東京農工大学 生命工学科
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 岡山大学 大学院環境生命科学研究科 助教
  • 2015/04 - 2020/03 岡山大学 大学院環境生命科学研究科 助教(特任)
  • 2013/04 - 2015/03 (独)国立病院機構 名古屋医療センター 流動研究員
  • 2011/05 - 2013/03 東京農工大学 特任助教
  • 2010/04 - 2011/04 東京農工大学/カリフォルニア大学リバーサイド校 博士特別研究員
所属学会 (4件):
日本分子生物学会 ,  マリンバイオテクノロジー学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本生物工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る