研究者
J-GLOBAL ID:202001001985628850   更新日: 2021年08月16日

生島 美和

Ojima Miwa
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2022 地域博物館における防災教育実践モデルの開発
  • 2018 - 2021 東日本大震災被災地のコミュニティ形成を支援する社会教育の構造と論理
  • 2018 - 2019 青森の友好人形と「青森睦子」の再発見・活用プロジェクト
  • 2015 - 2018 地域防災活動を通じた女性の力量形成と社会参加に関する研究
  • 2007 - 2008 現代日本における地域志向型博物館の理論と構造
論文 (9件):
  • 生島美和. 震災経験を通じた語り部活動における〈語り-聴く〉学びのダイナミズム. 茗渓社会教育研究. 2020. 11. 31-40
  • 生島 美和. レジリエンスを高める住民の学習活動の展開 : 避難所運営訓練の学習成果と公民館のデザイン (特集 震災後社会と公民館 : 東日本震災後5年を経て). 日本公民館学会年報 = Bulletin of the Japan Society for the Study of Kominkan. 2016. 13. 44-54
  • 小山内 世喜子, 生島 美和. 誰もが安心できる避難所づくり事業の展開 : 男女共同参画の視点から (特集 東日本大震災と公民館). 日本公民館学会年報 = Bulletin of the Japan Society for the Study of Kominkan. 2014. 11. 52-61
  • 生島 美和, Ojima Miwa. 〈III.博士学位論文概要(2009年度)〉現代日本における地域博物館の理論と展開 : 棚橋源太郎の博物館構想の解明を手がかりにして. 教育学論集. 2010. 6. 135-139
  • 生島 美和, Ojima Miwa. 博物館活動における学芸員の教育実践の再考--伊藤寿朗「地域博物館論」の実証的検討を通じて. 教育学論集. 2010. 6. 57-81
もっと見る
MISC (2件):
  • 生島 美和. 50年の悲願! 黒石市立図書館の「扉」が開くまであと1年 (特集 青森の図書館). みんなの図書館. 2021. 529. 47-52
  • 生島 美和. 災害と地区公民館 (日本公民館学会第16回研究大会記録) -- (公開セッション テーマ別セッション). 日本公民館学会年報 = Bulletin of the Japan Society for the Study of Kominkan. 2018. 15. 99-101
書籍 (6件):
  • 青い目の人形と青森: 「青森の友情人形と『青森睦子』の再発見・活用プロジェクト」報告書
    2019
  • 社会教育・生涯学習
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623084470
  • 社会とかかわって学ぶ : 大学生が取り組んだ世代性と市民性のサービス・ラーニング実践
    弘前大学出版会 2018 ISBN:9784907192594
  • 「つながり」の社会教育・生涯学習 : 持続可能な社会を支える学び
    東洋館出版社 2017 ISBN:9784491033495
  • 最高の弘前の見つけ方 : 日曜随想2007〜2016
    弘前学院出版会,北方新社 (販売) 2016 ISBN:9784892972294
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 帝京大学 教育学部 准教授
  • 2016/04 - 2021/03 弘前学院大学 文学部 准教授
  • 2010/04 - 2016/03 弘前学院大学 文学部 講師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る